ウナ様命日 4月18日
2020年4月18日
 本日は、愛猫ウナ様が旅立ってちょうど1年になります。その日を、自宅で迎えられたのは何よりでした。
 悪性腫瘍が再発し入院、退院後は通院を繰り返しました。おしっこが出なくなり、膀胱カテーテルをつけていました(仲間でした!)。担当の先生は、桜の咲く頃まで頑張れるかなと言われていましたが、ほぼ見立て通りになりました。
 私は超常現象は信じませんが、最期に一声、微かにニャーと鳴き、魂が体から抜けて行くのが見えたような気がしています。娘が戻ってきており、家族みんなで看取ることができたのは幸いでした。
 通院により延命できたのは間違いないのですが、それが果たしてウナ様にとって良かったのか、今でも時々家人と話題にすることがあります。苦しんでいるのをそのままにはできないので、私自身は適切な選択だったと思っています・・・。
 それにしても、今年発症していたら、私自身の病気そしてコロナ禍で、通院もままならなかったでしょう。よい時期に旅立ってくれたのかもしれません。
 フェイスブックのウナ様とのツーショットは、スマホで初めて自撮りをしたものです。正真正銘第1号。我ながらよく撮れたものと思います()。
 ウナ様は、今も私達家族の心の中に生き続けています。
広島の娘宅で
愛猫ウナ様の思い出
表紙