トンネル富士
(または 覗き富士 または 現代版桶屋富士
トンネルから見える富士山を「トンネル富士」と言います。ただし、実際のトンネルだけでなく、穴や、枠から見えるものもあります。それらを総称してトンネル富士または覗き富士と言います。現代版桶屋富士と言ってもよいでしょう。
       
 2006年4月登録サイト変更
2007年5月追加 2007年12月追加 2008年3月追加(名称も) 10月御嶽山追加 11月湯之奥猪之頭トンネル  新善波トンネル 旧御坂トンネル 産屋ヶ崎トンネル など追加 2009年1月幻の道坂トンネル 大岡山駅 逢島トンネルなど追加 2009年11月浅利トンネルなど追加 2010年10月追加 湘南銀河大橋追加 2011年1月
都夫良野トンネル
トンネルor「穴」から見える富士山の情報をお寄せ下さい。 メール
※ 地域的、時間的系統性はありませんm(_ _)m。
(1)富士川SA
静岡県富士市
このような、「穴」から見る富士をとりあえず、「トンネル富士」と呼ぶことにしました。
もっとよい名称があれば教えて下さい。
2003年1月13日撮影
(1)−2富士川SA
2008年3月、久しぶりに訪れ、もう1つあるのに気づきました。
左下の「解説」をアップにします。
ちなみに、最初の方でのぞき込んでいたら、次々まねをする人がでてきました。トンネル富士が認知される日も近い?(^_^;)
2008年3月8日撮影
(2)羽鮒山展望台
2003年3月11日撮影
(3)井田トンネル(西伊豆)
2006年12月27日撮影
ゼンリンits-mo Navより

(4)成川美術館(箱根) これも一応該当するのではないでしょうか。

(5)忍野八海の資料館
忍野八海の裏の方を周って、ビューポイントを探す。゛藁葺屋根の背後に富士、という絶景場所ってどの辺なんでしょうか?゛と大林土産センター無料駐車場のおじさんに尋ねると、゛そういうのはね、自分で歩いて探すんだよ。でもね、写真に良くあるやつは電線の無い昔のだから、あのマンマってのはないよ。゛とやさしい口調で教えてくれた。そして、ちょっとちょっとと言って、資料館の庭の方へ案内してくれた。大きな岩に穴が空いてて、そこから見る覗き富、内野の二十曲峠もいいよと言った。
いち富士、に鷹、さんナスビ より)(私は未見です)

(6)西伊豆 恋人岬
富士見遊歩道記念塔
静岡県伊豆市小下田3135-7

(7)南足柄市 下原トンネル 消え富士的でもあります。の箇所が富士山。

(8)中之倉トンネル 
山梨県南巨摩郡身延町 本栖湖北西側
(マップファンネット使用)
2006年4月撮影
天気予報では晴れだったが、生憎の天気。しかし、この通りに間違いなく富士山が見えます。五千円の富士山はこのすぐ傍。
2007年12月追加(トンネルダイヤ)
日本初? トンネルダイヤモンド富士 参照
(参考)2008年11月3日
曇っていましたが、富士山はご覧の通り明瞭。
(9)西伊豆 出逢い岬
静岡県沼津市戸田
2006年12月撮影
できてまだ新しい「公園」のようです。こちらを参照。検索すると沢山出てきます。富士山と戸田側の両方が眺められるのがポイントです。
(10)つくばエクスプレス 八潮駅
埼玉県八潮市大瀬
いったいどこから見た「トンネル富士」でしょう。以下、2枚の写真を見ていただきましょう。↓
多少はおわかり頂けたでしょうか。???の方は次をご覧下さい。↓
まあ、そういうことです。最後尾(秋葉原より)の車両にいたからこそ撮れた1枚ですね。
2006年12月31日撮影
(11)東名下り都夫良野トンネル 右ルート
神奈川県足柄上郡山北町
2007年1月27日撮影
知人からすでに写真を見せてもらっていましたが、今日ようやく自分で撮ることができました。色調を少し補正しています。
前後の様子はこちら
2007年12月追加 同じではありますが。今回の方が、トンネルの「形」をしっかり撮っています。また富士山に雲がありません。2007年12月26日撮影 1200ピクセルの画像はこちら
(参考) 左側車線から見た場合 2008年1月  右側の方がよい (ルート自体も右ルート。左ルートでは見えません。2008年11月23日撮影の、左ルーからの写っていない写真はこちら)。
(参考)2008年3月撮影 右側車線からだが、トンネルの上の部分が写っていない。レンズの長さに注意する必要がある。この世界も奥が深い(^_^)。
(参考)2008年11月3日撮影 右ルート、右側車線より
上で、レンズの長さに注意と書いている。今回はそれを意識していたわけではないが、広角にしていたので、結果的にトンネルの枠を入れることができた。つい富士山に焦点をあててしまうと、長めにしてしまうので、難しい判断である。
(参考)2009年1月24日
右ルート右車線から撮影したが、レンズが長かったため、トンネルの枠が少ししか入らなかった!
(参考)2010年1月5日 連続撮影こちら
意識したわけではないが、広角で撮影していたため、大きなアーチの中の小さな富士山になった。
(参考)2010年11月27日 
 左車線だと、ギリギリになってしまう。この日は雲が多くもともと今一つだった。

2013年7月14日 夏でも見える時は見える!

2013年12月28日 画角を変更せずそのまま高速連写 (下はその中の1枚)
2015年2月1日
(参考)2011年3月28日 おそらく史上初!トンネルダイヤモンド富士 こちら(横1000ピクセル)
(12)浅間山隧道 246山北駅そば
2007年5月20日撮影
以前にも通ったことはあり、見た記憶はあるのですが、ようやく撮影できました。消え富士的でもあり、価値の高い見え方ですね(^_^)。
(13) 湯之奥猪之頭林道 湯之奥猪之頭トンネル
静岡県富士宮市猪之頭
2008年11月3日撮影
参照 (雲が綺麗) (影が見事)
(14) 新善波トンネル(246号)
神奈川県伊勢原市
2008年11月22日撮影 
右側の木が少々邪魔をします。旧善波トンネルはダメ。こちら参照
こちら参照  こちらも参照(富士山がもっとはっきり)
(15)フジテレビ本社
東京都港区台場2-4-8
2006年1月23日撮影
(16)東名さったトンネル
由比PA?清水IC  静岡県庵原郡由比町?静岡市清水区興津井上町
上り車線) こちらからは出口ぎりぎりで、かろうじて稜線の一部が見える。↓
下り車線) こちらは後ろ向きで撮影しなければならない。トンネルに入ってから気づき、あわてて振り返って撮ったのがこれ。↓もう少し出口に近ければ、山頂まで見えたでしょう。
2008年3月8日撮影
2013年12月28日撮影
左側車線 頭が写っています!
(17)御嶽山
長野県木曽郡木曽町、王滝村と岐阜県下呂市の境
御嶽山山頂 御岳神社奥社の鳥居から。額縁富士と言った方がよいかもしれません(^_^;)。そのものずばりなら鳥居富士(^_^)
2008年10月13日撮影
(18)旧御坂トンネル
山梨県富士河口湖町
天下茶屋のあるところです。ここからはダメかと思っていたのですが、撮影された方の写真を見て(こちら参照(こちらの中の写真))、是非行かねばと思っていました。幸い好天の日に機会があり、ゲットできました。
出口(入口)の近く。開口面に比べて富士山が小さくなりますが、山頂部は木の影響を受けず、一応すっきり見ることができます。右側斜面はこのように隠されてしまいます。
出口(入口)からすこし入ったところ。富士山は相対的に大きくなり、右側斜面も上部が少し見えていますが、山頂部は木立越しになります。今は葉が落ちていますが、そうでないと山頂部が見えなくなってしまいます。
2008年11月23日撮影
(19)産屋ヶ崎トンネル
山梨県富士河口湖町
河口湖東岸、逆さ富士で有名な産屋ヶ崎にある産屋ヶ崎トンネルからです。カーブしたトンネルの出口からご覧のように見えます。車からの撮影は非常に困難でしょう。
なお、付近のもう一つのトンネルである小曲トンネルは、残念ながら認定できません。その様子はこちらをご覧ください。
2008年11月23日撮影
(20)西島トンネル
山梨県身延町 富士川沿いの国道52号線 
こちら参照(フォロミー登録必要) こちらも
2010年10月16日撮影
(21)丸子藁科トンネル
静岡市 国道一号線静清バイパスの藁科川橋の南西側 
こちら参照(フォロミー登録必要)
幻のトンネル富士(道志 道坂トンネル)
白いピークが見える!
拡大するとまるで富士山のよう・・・。しかし方向がどうも?
カシミールで調べたら、残念ながら、荒川岳の前岳、中岳でした(^_^;)。
2008年12月30日撮影
(22)大岡山駅ホーム
大田区北千束
東急大井町線、目黒線の大岡山駅は地下駅になっています。自由が丘方面寄り先端近くから、架線などの向こうに見ることができます。地下駅から富士山を望める唯一の例でもあります。
2008年12月31日撮影
(23)逢島歩道トンネル
千葉県富浦町の「逢島(おうしま)歩道トンネル」です。トンネル出口からかろうじて覗けます。車道のトンネルから車中からはまず無理でしょう。千葉県からのトンネル富士は極めて珍しいと思います。
なお、旧逢島トンネルについては、こちらのページなどを参照してください。
黒い部分がトンネルの内側です。海岸線の先に富士山がわかりますね。
拡大してみました。間違いありません!
北側から見たところ
南側から見たところ
2009年1月3日撮影
(24)成城学園前駅〜喜多見駅
小田急成城学園前駅は地下ホームになっています。喜多見に向かってしばらく地下を走りますが、先頭車両からは進行方向に富士山を見ることができます。架線柱が煩わしいのですが、間違いなく見えています。沢山の人が利用している路線ですが、先頭or最後尾の運転室(車掌室)越しの展望になるので、気づく人は少なかったのではないでしょうか。このあたりは、富士山に向かって路線が走っているので、この展望が可能になりました(なお、駅、ホームからはダメです)。
2009年2月2日撮影
上りの最後尾車両から車掌室越しに眺めることも可能です。位置的にはちょうど真ん中に来るようです。下りよりも良いですね。
2009年11月4日撮影
(25)善福寺トンネル
静岡県富士川町。静岡市蒲原付近から富士川町岩淵へ向かう道中
こちら参照(フォロミー登録必要)  こちらも参照
(26)宇の岬トンネル(精進湖)
「山の展望と地図のフォーラム」でakoさんが報告。こんな近くにまだあったとは(^_^;)。
「トンネルの精進湖側出口のところに1台だけ停められるスペースが湖側にあるので、そこに車を停めて歩いてトンネルを戻ってください」と書かれています。
(27)甲府市内の新荒川橋
「荒川は、昇仙峡から流れ出て甲府市街地を通り、甲府盆地の南部で笛吹川に合流する、富士川の支流です。新荒川橋のたもとの4ヶ所に、巨大なコインのような、中心に穴の空いた円形のオブジェがあり、そのうちの北東側にあるものからトンネル富士が眺められます。」(「山の展望と地図のフォーラム」におけるWalstoneさんの報告
(28)長野道塩嶺トンネル
長野県岡谷市
手前(岡谷より)からは撮ったことがあり、中央道方面では最遠方の富士山になるのですが、ここはトンネル富士でもありました。2009年3月に「発見」しました(^_^)。長野方面は、振り返っての撮影になります
長野方面
右端に注目
岡谷方面
これまた微妙ですが・・・(^_^)
詳しくはこちらをご覧下さい。
(29)七面山敬慎院随身門
山梨県身延町身延
額縁ダイヤモンド富士になりました。詳しくはこちら
2009年3月21日撮影
2009年3月20日撮影
おまけ? 2009年3月21日撮影
(30)成城 富士見橋
世田谷区成城
(31)長者ヶ崎
神奈川県三浦郡葉山町
岩場に穴が見えました。もしやと思い行ってみたところ、腹ばいにならないと見えない状況でした
腹ばいになって撮影した苦心の1枚(^_^)。2009年4月11日撮影
(32)城ヶ島
神奈川県三浦市
馬の背の洞門に3カ所(A 1カ所は微妙)、灯台との間(@)に1カ所、最大で計4カ所ポイントがあります、
@の地点 右側の穴
A馬の背の洞門の3カ所を西側から見たところ 
東側から見たところ。当然、反対になります。馬の背の洞門は左側
馬の背の洞門の説明板
馬の背の洞門(C)から
真ん中(B)から(ダイヤモンド富士後) 中央部に見える
左(A)から ここはもっと右側に寄らないと見えません(左側の植生が邪魔をし、写真には写っていません)。見えないことはないはずですが、通常の状態では難しいので、冒頭に「最大4カ所」と書きました。
(33)浅利トンネル(大月出口へ向かうルートにある方)
山梨県大月市
見えるとは思っていませんでしたがありました! トンネル出口では撮影するのが習性になっており、もしやと思ったら、写っていました(^_^)。中央道本線の浅利トンネルからは、出てすぐに見えますが、トンネル富士にはなりません。
2009年11月3日撮影
2011年12月24日撮影
アーチを全部入れて撮影できました。
ちょっと切れていますが、空はこちらが青くなっています。
(34)橋脚富士−多摩水道橋
東京都狛江市
橋脚からのトンネル富士は以前から気になっていましたが、この度ようやく撮影することができました。
いかがでしょうか。いきなり究極の橋脚トンネル富士です(^_^)。
全体の位置関係がわからないといけませんね。こういうことです(^_^)。
移動すればこういうアングルも可能です。
アップにして見ました。その意味があるかどうかは別問題です(^_^;)。
2009年11月4日撮影
(追加)
2009年11月21日撮影
(35)南大沢輪舞歩道橋 
東京都八王子市
アーチ型トンネル富士  こういう橋 アーチが4つあるが、 トンネル富士になるアーチ一応一つだけ。
こちらは厳しい・・・。
2010年1月27日撮影
(参考)夕景
2010年1月24日撮影
(36)箱根御殿場駿河台 しるこ屋 
静岡県御殿場市深沢
御嶽山同様、鳥居富士です
2009年11月23日撮影
(37)日本平展望台
静岡県静岡市
この展望台および土台から額縁富士および柵富士(仮称)が見える
2008年3月8日撮影
(38)東名高速富士川SA付近 
静岡県  130.8キロポスト付近
新坂橋
道路がV字型の切通しのようになり、その上に橋があり、逆三角形の隙間に富士山がいます。実は上(37)の下も、同じ形です。上では仮称で柵富士としていますが、いっそのこと、「三角富士」もありかなと思います。この後は、下のように、富士山が真ん中に来ますが、橋は通過するので、「トンネル」にはなりません。
2008年3月8日撮影
(39)東名高速足柄SA(上り)
静岡県御殿場市深沢
額縁富士の一種と言えるでしょうか。一番上ははみ出していますが(^_^;)。
2008年3月8日撮影
(40)東名高速 透明な遮音壁
静岡県御殿場市付近
高速道路の遮音壁が一部透明になっています。東名だから東名ではなく、中央道でも透明になっている箇所があります(これは透明な東名ですが)。夜は光が反射してよくないという声もあるそうですが、日中はご覧のように、壁を透かして富士山を眺めることができます。大歓迎です。そのフレーム越しの額縁富士です。ただ、この手のトンネル富士をあげていくとキリがないので、これ(ここ)で代表させることにします。
2008年3月8日撮影
(41)東名高速 日本坂トンネル
静岡県焼津市
■下り線 入口
右側車線から半分程度見えます(後部座席に座り、振り返って撮影)。
上り線左ルート
左側車線からほぼ真ん中に見えます。かなり綺麗なトンネル富士です。
上り線右ルート
右ルート右側車線より。ご覧の通り、見ることができません(裾野のごく一部が見えなくはないですが)。
上りは、右ルート、左ルートに分かれています。
2010年1月5日撮影
(42)富士見山トンネル
山梨県身延町(旧中富町)平須/林道富士見山線
「山の展望と地図のフォーラム」でWalstone さんが報告。極めて微妙ですが、トンネルの名前は誠に魅力的ですね(^_^)。
(43)伊豆大島 額縁富士(鳥居富士)
東京都
「山の展望と地図のフォーラム」でtadamotoさんが報告。見事な額縁富士(鳥居富士)です。
(44)扇崎トンネル
山梨県/河口湖上九一色線
木立や壁が重なるが、何とか見えそう
アップにしてみました
抜けるとこのように間違いなく見えます
トンネルの名前が書いてあると思ったらそうではありませんでした(^_^;)。
2009年12月31日撮影
2010年11月27日撮影
「木立や壁が重なるが、何とか見えそう」と書いています。2010年11月に再訪しました。条件はその時より悪く、確実な「証拠写真」は撮れませんでしたが、葉が落ちれば、間違いなく見えることを確信しました。
(45)長崎トンネル
山梨県
誠に微妙です。トンネル内から山頂が見えていません。しかし、山体の半分弱は見えます。グレーゾーンのトンネルとしてとりあえず載せておきます。
2009年12月31日撮影
(46)境の渡し
茨城県猿島郡境町本船町地先利根川境河岸
境の渡しの案内板の格子から関宿城博物館と重なるトンネル富士
かなりユニークではないかと思うのですが・・・(^_^)
2010年1月6日撮影
(47)パルテノン多摩 
東京都多摩市
  額縁富士になる。見え方はわずか
アップにすればこの位にはなりますが。
木の方に寄ると消え富士になってしまいます。
フォトショップの遠近法を使って修正(上の歪みは残っています(^_^;))
(参考までに)左端から見ます。右側に寄ると見えなくなっていきます。
2010年1月27日撮影
(48)京王線多摩川鉄橋
東京都調布市
多摩川児童公園
信号
河原からの橋脚富士
究極の橋脚部分富士  支えの部分の隙間から
2010年1月27日撮影
(49)マリンタワー
横浜市
 文字通り額縁です
2010年2月7日撮影
(50)久保山墓地
横浜市
2010年3月10日撮影
(51)相鉄線ゆめが丘駅
横浜市
すでに、額縁富士的状態。もちろん、この穴が狙いです。
透明ですが風よけがあるので(写真の左側)、それがない、ホームの湘南台寄りでないといけません。
車内から、穴が一番大きくなるようにして撮影。
ホームから一番大きくなるように撮影。
小さい穴からは富士山がはみ出します
2010年3月22日撮影
(52)めがねみち
神奈川県大井町
多摩ウォーカーさんからの情報
右側に辛うじて見えています。
アップにすれば
実は朝も来たのですが、雲が厚くダメでした。
2010年3月27日撮影。
(53)富士吉田 金鳥居
山梨県富士吉田市
信号「金鳥居」
移動すれば山頂が鳥居に重なる
離れれば、さらにせり上がる
2010年4月25日撮影
(54)富士吉田新倉富士浅間神社
山梨県富士吉田市
2010年4月25日撮影
(55)大月トンネル(上り)
山梨県大月市
中央右の山は高川山。その左、トンネルのアーチとの間に見えています。後部座席から振り返っての撮影です。見えるとは思っていなかったので準備をしていませんでした。慌ててシャッターを押した1枚に辛うじて写っていました。次の機会には山頂がはっきり写っている写真をとりたいと思います。左車線です。
(参考)この次の写真
(56)談合坂SA(上り)
山梨県上野原市
トンネル富士の宝庫です(^_^)。一括して扱います。
A.額縁富士
これを反対側から見たものです。2つはあります。
B.額縁富士
C.額縁富士
D.額縁富士
E.アーチ型
2010年4月25日撮影
(57)五竜岳(五竜山荘付近)
長野県・富山県
2010年7月19日撮影
自然がつくった「額縁」です(^_^)。
五竜山荘から五竜岳に登り始めてまもなくの場所。
(58)箱原第一洞門
山梨県
2010年10月16日撮影
国道52号。富士川沿い。西島トンネルの手前(甲府寄り)です。通常のトンネルと違い、川に面した側面が空いており、そこからのトンネル富士です。こちら参照
(59)十里木高原
静岡県
2005年3月9日
山の展望と地図のフォーラムで、Walstoneさんが紹介してくれ、自分でも撮っていたことを思い出しました。ただ、撮影当時は、トンネル富士の認識がなく、このように、切れています。他日を期したいと思います。
(60)丹沢大山 鳥居富士 額縁富士
神奈川県
大山に登った知人が送ってくれました。阿夫利神社のある山ですから、額縁富士になっておかしくはありませんね。以前大展望の日に登ったことがありますが、気づきませんでした(^_^;)。それを下に載せておきます。
2010年11月19日
2008年11月22日撮影
2011年11月27日撮影
2014年5月11日
ようやく自分で撮ることができました。
(61)男体山 額縁富士 鳥居富士 ネックレス富士
Walstone さんの貴重な写真があります。こちらをご覧ください。「富士山までの距離は約170kmでトンネル富士としては最遠の部類になるのではないでしょうか」とも書かれています。
(62)フレスポ若葉台 額縁富士
稲城市
2010年11月9日撮影
 この手のものはキリがありませんが、撮影したものはすべてこちらに載せていきます。ご了解ください。
屋上より
駐車場より
(63)三ツ境ライフ屋上 額縁富士
横浜市瀬谷区
2009年10月8日撮影
屋上
屋上駐車場入り口のゲート
(64)乙女ハッピーコールベル(乙女駐車場)
御殿場市
2010年11月27日撮影
生憎雲が多く、富士山は見えませんでした。
こちらについては、MTさんが知らせてくださいました。2010年11月に出来たばかりです。これがある乙女駐車場はまだ工事中です。恋人の聖地に似た印象を持ちました。MTさんのサイト や こちら などをご覧ください。
2011年12月11日 撮影
(65)河口湖北岸
山梨県南都留郡富士河口湖町
2010年11月27日
(57)と同じタイプですね。自然の造形です。キリがありませんが、悪くはないので掲載します。
全体はこういう感じ。ここは紅葉のポイントでもあります。
ということで、これまた一種のトンネル富士のご紹介です。あくまでも参考までに(^_^)。
(66)西湖いやしの里根場の古民家
山梨県南都留郡富士河口湖町
2010年11月27日
屋根の上からのトンネル富士です
(67)西湖野鳥の森公園
山梨県南都留郡富士河口湖町
2010年11月27日
名前を刻んだ石を支える隙間からのトンネル富士でした。
他にも、看板の下や東屋の柱と天井の間からなど、幾つもトンネル富士があります。
(68)レーダードーム
山梨県富士吉田市
2010年11月27日撮影
道の駅「富士吉田」方面へ下りる階段の柵
この撮影の様子
説明板の隙間
この撮影の様子
説明板の表はこちら
他にも東屋や柵などから可能です。
(69)湘南銀河大橋 こんな橋
2011年1月9日撮影
この景観が代表的ですが、上流側からでないとトンネルになりません。
可能性はありそう
河原に降りるとOKでした
文句なしの橋脚富士です
(70)笹目橋  こちらによる
(71)三ツ境駅そば マンションの隙間
横浜市瀬谷区
2011年3月19日撮影
 実は走っている電車の中からの撮影なのです。いつもこのように撮れるとは限りません。
(72)山宮トンネル
山梨県富士河口湖町
2011年4月17日撮影
(73)田園都市線 作延隧道  詳しくはこちら
川崎市
2011年5月15日撮影
梶が谷〜宮崎台間の2つあるトンネルの内、宮崎台に近い、「作延隧道(トンネル)]から。上下どちらからも可能です。もちろん、運転室越しか車掌室越しかの違いはあります。
(MAPPLEおでかけ地図)
(74)夢見ヶ崎動物公園 富士見デッキ 
川崎市幸区 公園のホームページ
2011年4月1日
夕方だったので逆光だったが、塔ノ岳の上に富士山が見える。
枝分かれした桜の幹の間から見えるので、「U字富士」と仮称。トンネル富士のバリエーションの一つ(やや苦しいが)。
2012年1月30日
2013年2月22日
2013年2月22日
 ノーマルな額縁富士もある
全体のイメージ
(75)東名高速(上り)高尾トンネル
 トンネルに入って振り返るとトンネル富士になる「振り返りトンネル富士」が可能。2011年12月11日確認したが撮影できず。他日を期したい。左側車線が良いはず→右側の方がよい
2012年1月3日撮影
 残念ながら雲があり、また左側車線であり、十分ではないが、おそらく日本初と思うので、掲載します。
2012年1月29日
 やはり右車線でした。トンネルが富士山に向かっているので、瞬間ではなく数秒は眺めることができます。撮影は苦労しました(^_^;)。
2015年2月1日
(76)富士見台(富士岡駅そば)
御殿場市
2011年12月11日撮影
 御殿場線富士岡駅そばの、「スイッチバック式発着場跡地」のちょっとした(本当に)「丘」です。平地では僅かに高いだけで視界が開けます。その案内板からのトンネル富士です。額縁系統になります。
(77)多摩川橋梁(東急東横線)
東京都大田区
2012年2月18日
(78)東京ゲートブリッジ(TGB)
東京都江東区 若洲臨海公園
2012年1月5日
2012年2月19日 ダイヤモンド富士
 マニアック橋脚富士
(79)相鉄線西谷駅付近工事に伴う季節限定トンネル富士
横浜市保土ヶ谷区
2012年3月12日
 上り電車で西谷駅を過ぎ後方左に、工事用のゲート?越しに瞬間見えました。
(80)筑波大附属高校屋上太陽光パネルトンネル富士
東京都文京区
2012年10月24日
NHK Eテレ「日曜美術館」で紹介されました
(81)橋脚富士 東京メトロ千代田線・常磐線荒川鉄橋
2013年1月27日
千代田線
常磐線 山頂は隠されるが右斜面は見事!
(82)鳥居富士 池上本門寺
東京都大田区
2013年2月21日
 念のため拡大
(83)スキマ富士 池上会館 
東京都大田区
2013年2月21日
 大田区の施設である池上会館の屋上は展望台になっています。手すりがあり、スキマ富士が楽しめます。
(参考)
(参考)
(84)円形トンネル富士 池上廟
東京都大田区
2013年2月21日
 このどこにトンネル富士があるのでしょうか。
 ここです! 以下、引いていくのでおわかりいただけるでしょう。
(85)ミラー額縁富士 文京シビックセンター
東京都文京区
2013年2月21日
実際。上は反転していることがわかる
全体の様子
(86)樹林トンネル富士 夢見ヶ崎動物公園 天照皇大神
川崎市
2013年2月22日
 社務所の前の立木の間からの富士山
(87)樹林トンネル富士 金時山 足柄峠コース
2013年4月29日
(88)鳥居富士 金時山 足柄峠コース
2013年4月29日
(89)金時山 猪鼻砦跡 トンネル富士
(90)清水駅前 リング富士
(91)精進湖
akoさん提供
(92)天神森隧道(トンネル)  綾瀬市
 2015年3月31日 こちら参照
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

表紙へ