赤城高原SA(下り)の円形展望図の間違い
2019年4月13日
2019年4月
赤城高原SA(下り)の「公園」には展望板と円形展望図があります。展望板の問題点については、「地図中心」2017年3月号の小文で指摘しました。しかし、円形展望図はノーチェックでした。
2019年4月に訪れた際、何気なく見たところ、赤城山の顕著なピークについて黒檜山と書いてあるのに気づきました。あの明瞭な円錐形のピークは鈴ヶ岳です。先を急いでいたので、とりあえず写真を撮り(前も撮っていますが)、帰宅後、確認してみました。以下、その報告です。
円形展望図のある場所(赤丸)。右側に展望板。  (この写真のみ2017年1月撮影)
円形展望図
赤城山方面
線画はこの方面については、細かいピークもしっかり描かれています。
カシミール3DによるCG。地蔵岳は見えないが(鈴ヶ岳の陰になる)、あえて表示しています。A〜Eのピークは下の地図に対応。
@=E A=黒檜山 B薬師岳 C出張山 D地蔵岳 E=A F=B G=荒山 H=C I=D J=鍋割山
円形展望図では、Dの鈴ヶ岳を黒檜岳としています。また、F(B)を鈴ヶ岳としています。更にH(C)を荒山としています。
また、鈴ヶ岳の上に地蔵岳が書いてありますが、水平的な位置が違う上にそもそも地蔵岳は見えません。鈴ヶ岳の陰になってしまいます。もっとも、ここからは見えない富士山も書いてあるので、見えないことを承知で記載してあるのかもしれませんが、その場合も、ここに書いては間違いです。
赤城連山の注記を除いて、4つ記してある個々のピークはいずれも間違いという残念な状況です。

地図1 (地理院地図に加筆)

地図2 (地理院地図に加筆)
今後の対応について
作り直しは容易ではないと思いますが、赤城高原SAにある円形展望図が、赤城山を間違えるのは問題ではないでしょうか。しかもことごとく違っているわけですから、放置してはまずいと思います。緊急対応が必要でしょう。展望板にも色々問題があります。可能ならば両方合わせての作り直しを要望します。くれぐれも安易に撤去する、ということの無いようにお願いします。
田代博のホームページ