東京から見る大岳山と御前山
2019年1月
 山頂付近が急にすぼまって突出しているため、よく目立ちます。キューピー山と呼ぶ地域もあります。見る方向によりそのピークが一段低い肩の上を右に寄ったり左に寄ったりします。「江戸期には江戸湾に出入する船の目標でもあった」(ヤマケイオンライン「大岳山」)と言われていますが、都心部からは西隣の御前山と重なるため意外に識別が難しい山です。山座同定の基準になる山の一つですが、一筋縄ではいかないところが興味深いところです。
  横山厚夫『東京から見える山見えた山』には、さすがにその点の詳しい指摘があります。
 「東京のほう、東からやや南によった角度から見ると、大岳山は西隣りの御前山と八割ぐらい重なってしまう。そのために大岳山の山頂から左に延びる馬頭刈尾根がはっきりしないと、この二つの山を、ひとつの双耳峰のように見てしまいかねない」(同書p123)
 以下、幾つかの場所からの写真を掲載します。
 目標になる大岳山ですが、方面によってはそうならないということがわかります。


圏央道からの典型的な?大岳山
 あきる野市菅生 菅生トンネル手前より 2018年1月21日 (006)
(地理院地図をカシミール3Dで使用)
練馬区役所
2019年1月11日
大岳山のピークが御前山の左にきますが、双耳峰的な見え方です。
東京スカイツリー
2019年1月21日
スカイラインを作っているのは御前山です。大岳山は手前になり、山頂はスカイラインを形成していません。
文京シビックセンター
2018年11月15日
山頂はほぼ同一視線上にあります。大岳山は完全に御前山の手前になり、山頂部はスカイラインを作っていません。稜線上に大岳山はないということです。スカイツリーからと同じです。
タワーホール船堀
2014年12月7日
スカイラインは御前山です。大岳山は作っていません。
都庁
2019年1月11日
ピークは御前山。右側稜線にかろうじて大岳山山頂があります。
東京タワー
2019年1月27日
御前山の右に大岳山がでてきます。
キャロットタワー
2018年2月5日
ここまで来れば、両者が別な山と言うことがよくわかります。CGは省略。
(参考)大岳山可視マップ
海からもよく見えることがわかります。
CGはいずれもカシミール3Dによる。
表紙