北陸新幹線(長野〜金沢)から槍ヶ岳は見えるか?
2015年3月9日
列車の旅の楽しみの一つに、車窓からの山岳景観がある。対象となる山の一番は富士山だが、北陸新幹線の場合、残念ながらそれは無理である。となると、見えた時に声が上がる2番目の山である槍ヶ岳が気になるところだ。
3月14日以降、報告がなされると思うが、事前にシミュレーションを行ってみた。
使用するソフトはもちろんカシミール3Dである。
●前段の作業 路線図をカシミール3D上に示す
カシミール3Dは、地理院地図を表示できる。従って、地理院地図に路線が示されれば、「新規作成」−「ルート作成」の機能を使い、路線をトレースして、カシミール3Dの地図上に表示することができる(GPSファイルとして保存される)。
しかし、作業をした3月9日の段階では、地理院地図には示されていないので(ごく一部表示されている所もある)、ビットマップファイルの読み込み機能を利用した。具体的には次のような手順となる。
路線図が示されている画像を探し、ビットマップファイルとして保存する(こちらのサイトの2枚の地図を使用した)。
[ファイル]-[開く]-[地図]-[BMP地図]を選択して、作成したビットマップファイルを読み込む。

その画像に位置情報を付加する(ここがポイント)。

画像を表示させた後で、[編集]-[地図のキャリブレーション]メニューを開く。

[指定開始]を押して、地図上の2点以上の緯度経度がわかっている点を指定して、それぞれの緯度経度を入力して実行する。
(ヘルプの1地形・地図データ を参照すればわかる。この記述もそれを元にしている)。
2点以上の経緯度はあらかじめカシミール3Dで地名を右クリックし、地名のプロパテイを開き、緯度・経度を控えておく。
こうして任意の画像がカシミール3D上に乗るので、後は、上で書いたようにトレースすればルートをGPSファイルとして作成できる。
できあがったら、その画像を閉じて、本来のカシミール3D用の地図を開く。
そうすれば、その上にルートが示される。
可視マップ
後は可視マップを作成するだけ。路線が入るように範囲を指定して、カシミール3Dに任せればよい。
結果は次のようになる。
地図が小さいので、はっきりしないと思うが、見えるのは3地域だけである。ピンクが可視エリアである。
A 長野駅周辺  B 石動駅付近 C森本駅付近
それぞれの場所でカシミール3D(カシバード)によるCGを作成した。
●槍ヶ岳のCGなど
A 長野駅周辺
このように明瞭に見えるが、実は見える方向が問題である。下の図をご覧いただきたい。進行方向に一致しているのである。ということは、普通の客席からは見ることはできない!
ちなみに、長野駅からの実写についてはこちらを参照。
B 石動駅周辺
可視マップでは表示されるのだが、CGを描いてみると、黒部五郎岳の右側稜線にかろうじて見えるようだ。可視マップでは、計算上見えていれば、文字の注記が示されることになっている。実際に視認できるかどうかは保証の限りではない。
C 森本駅付近
可視エリアは一番狭いのに、明瞭に見える。しかお、金沢に向かい進行左側である。金沢駅まで5qなので減速しているだろうから、ここが見える可能性が一番高いのではないだろうか(森下側の上流方向)。
プレミアム槍ヶ岳とでも名付けたいところである。
あくまでもミュレーションであるので、その点、ご了解願いたい。
それにしてもカシミール3Dの素晴らしさに改めて感心している。
参考1  金沢市から見える槍ヶ岳について
小編著『続・展望の山旅』(1990年)の小文より
注)カシミール3Dはまだ無かった時代である。
参考2 森本駅からのダイヤモンド槍ヶ岳
2015年2月11日 6時58分
2015年11月1碑 6時27分
ともに、昇るダイヤモンドです。
田代博のホームページ