新東名駿河湾沼津SA・上り線からの山岳展望
2014年8月22日
2014年8月
いつも混んでおり、入るのも大変なこのSAに幸い寄ることができました。
展望台が複数あり、このような展望写真と地図が掲示してあります。
何とかの一つ覚えのように北を上にしていないで、見る方向が上になるように地図の向きを変えているのは良い試みです(それが早く当たり前になって欲しいものです)。
山名注記もあるのですが、基準は何でしょうか。伊豆半島と言えば天城山ですが、それが書いてありません。また目立つ山容の沼津アルプスも今一つです。かなり気象条件がよくないと識別が難しい淡島が書いてあるのは、いささかマニアック?矢尻の位置でよいのですが、山稜部を淡島と勘違いをして、訂正の書き込みがあるほどです(下の拡大図をご覧ください)。
赤い線でなぞった三角形が淡島です。
次はカシミールによるCGです。
ここからの沼津アルプスで目立つのは大平山と鷲頭山です。その間の奥に見えるのは矢筈山。淡島の真上が、伊豆半島最高峰の万三郎山(天城連山の最高峰)です。この程度の注記は欲しいですね。
上とは画角が合いませんが、参考までに。
●表紙