鉄砲木の頭(明神山)からの展望
2012年1月29日
2012年1月
 展望の良さで知られる鉄砲木の頭ですが、登山道がえぐれてしまい、歩きづらくなっています。そういう所は積雪時の方が歩きやすいのですが、ここもそうでした。アイゼンワークの練習を兼ねて、「登山」した甲斐のある大展望に恵まれました。ここは、1980年に「岩と雪」誌に、「パノラマ写真の作成法と山座同定への利用」という小文を書いた際に、フィールドとして使ったところであり、思い入れのある「山」でもあります。今回、八ヶ岳方面の「望岳掘り出し物」も発見でき、良い「山行」になりました。
(ペンタックスk5 タムロンAF18-250mm により撮影)
 (電子国土基本図使用)
富士山〜南アルプス
カシミールによるCG
 聖岳、 赤石岳
 荒川岳、悪沢岳
 塩見岳方面
 農鳥岳方面 一番地味な部分です
 白根三山
 仙丈ヶ岳、鳳凰山、甲斐駒ヶ岳  仙丈ヶ岳は東側からはなかなか見ることができない山です。
望岳掘り出し物 八ヶ岳 
 かすかに編笠山や三ツ頭、さらには硫黄岳まで見えています。
(参考1)ニコンD90、Nikkor ED 70-300mmによる撮影
(参考2)パノラマ台より
おまけ
表紙