第6章 地図投影法をめぐって
166 佐藤崇徳「Googleマップの投影法 インターネット時代におけるメルカトル図法の再評価」〔『地図中心』」2011年1月号〕。インターネットでも閲覧可
タイル地図のズームレベルとタイル座標
167
168
「・・・楕円は二次式で表されますが、楕円曲線は三次式で表されます」
http://goo.gl/hZEYfw)。
168 港の見える丘公園(横浜)の日時計方位盤
169 地球岬展望台(室蘭)の地図
175 メルカトル図法で見る日本とヨーロッパの国々の大きさの比較
176 正積円筒図法で見る日本とヨーロッパの国々の大きさの比較
176 「The True Size Of」
181 第21回地図地理検定(専門)より
33ページ
183 GENI(Global Energy Network Institute)という団体のサイトから、この地図を購入することができます。
http://goo.gl/D7E2nX
184 AushaGraph World Map ポスター
185 『オン・ザ・マップ』の間違い
とても良い本ですが、惜しむらくは間違っている箇所が幾つかあります。その一つが投影法についてです。p12〜13に掲載されている地図の図法をメルカトル図法としています(表現は「「メルカトルが16世紀に生み出した標準的な投影法」となっていますが、もちろんメルカトル図法ですね)。
ミラー図法に近いのですが、縦方向に少し圧縮してあるようです。
トップページへ