弥彦山からの山岳展望その1
展望食堂屋上より  その2
2019年10月21日
青空ではありませんでしたが、それなりに遠望は利きました。
2019年10月
鳥居弥彦山
展望食堂
撮影範囲(上記パノラマ)
パノラマ写真の範囲を左側から順番に。
1483
銀次郎山、銀太郎山・・・、知りませんでした。検索したら、横山厚夫さんの関連のサイトに紹介がありました。銀太郎山の右上に微かに覗く鋭鋒は、「下越の谷川岳」と呼ばれる御神楽岳です。200名山です。
1484
中心は何といっても粟ヶ岳。よく目立ちます。「奥早出粟守門県立自然公園の中の北の盟主として知られている粟ヶ岳」です。登山口から山頂まで約4時間。地元では親しまれている山です。所在は新潟県三条市北五百川349。
晴れた日には遠く佐渡・能登も望まれる絶景の山。毎年5月5日に山開きが行われます。標高1,293m。
1485
毛無山が目立ちます。新潟県三条市。1044m。
1486
田代山はあちこちにありますが、これは福島県南会津郡只見町と新潟県魚沼市にまたがる標高1,135mの山。有名ではありません。
1487
粟ヶ岳と並び目立つのが守門岳。「長岡市周辺から眺めると、東山連峰の背後になだらかなスカイラインを描き、膨大な山容を盛り上げている山・・・中越地方の人々に親しまれている」。1537m。200名山。三百名山の浅草岳が微かに覗いています。浅草岳は2017年7月16日に登山。守門岳は行きそびれています。
1488
遠くに会津駒ヶ岳が見えています。
太郎助山、毛猛山、百字ガ岳は、毛猛山をピークとする一つの山のように見えましたが、CGでは明瞭に区別されます。写真を拡大すると一応そのことがわかります。
1489
ここの目玉は尾瀬の燧ヶ岳です。双耳峰がはっきりわかります。念のため写真を拡大しました。
左が三角点のある爼ー、右が最高峰の柴安ーです。
1490
燧ヶ岳の右の白根山は、日光白根山です。平ヶ岳も見えますが、写真では雲に隠されています。右端の大きな双耳峰に見えるのは越後三山の駒ヶ岳と中ノ岳。八海山はその右側になります(下の写真)。
1491
表紙