北穂高岳
横尾山荘〜北穂高岳
2017年8月14日
2017年8月
ルート:横尾山荘〜涸沢〜北穂高岳
地理院地図
カシミール3D スーパー地形セット 
横尾山荘〜北穂高岳断面図
横尾山荘から涸沢までも決して平坦ではないことがわかります。
横尾山荘 朝食 5時から
横尾山荘 6時過ぎ出発
横尾大橋 6:12
岩小屋跡
屏風岩
本谷橋(ほんだにばし) 7:25 これから先がなかなか手強い。 
涸沢に平行に、南下する道(写真の外に登山道が整備されています) 8:22
奥穂方面が見えました 8:42
アオノツガザクラ
チングルマ
オオヒョウタンボク
涸沢(ヒュッテと小屋の分岐) 9:35 
涸沢小屋
早い昼食 カレーライス 10:02
特製のパフェを頼んだ人も。2200円だが、これだけのサイズなら妥当でしょう。
テラスより前穂北尾根方面
中央が前穂高岳  右が吊尾根 下が涸沢カール大雪渓
カラフルなテント場
北穂に向け出発 10:47
番号をつけていないので、役に立ちませんが(^_^;)、以下の写真の大凡の目安です。
今回見かけた唯一のクルマユリ
オオヒョウタンボクの実
 10:59
12:15
標高約2630m地点 12:21
鎖場手前 12:49
鎖場 12:53  南陵取付はここ? この上の梯子を登ったところ?
常念岳が見える 12:54
鎖場は下りの方が神経を使いそうです。 13:03
梯子 13:04 すれ違いに少々時間がかかります。
お花畑 13:12
13:46
13:51
13:52
14:03
14:06
常念岳 14:06
北穂のテント場 14:41
あと僅か 14:55
岩峰 15:01
北穂高岳山頂 15:09
地図扇子と一緒に!
小屋は本当に直下!
小屋到着 15:19
テラスには展望板が。
後でじっくり見ようと思っていたら、雨のため収納されてしまいました(^_^;)。
無展望も展望の内ではあります。
気持ちはわかりますね。
生ビールと扇子!
以下、テラスより
大キレットから登ってくる人。あと僅かです。16:17
今日の主役は、前穂北尾根でした。
屏風ノ頭を見下ろします。
涸沢が文字通り眼下に。800mの標高差があります。
夕食。並んでいるとジュージューと調理する音が聞こえてきました。できたてを出してくれるという良心的な対応です。
●田代博のホームページ