地球岬は地図の宝庫(^_^)
2014年8月2日
2014年8月
2014年8月
名前に引かれて、室蘭の地球岬を訪れました。地図好きにはたまらない場所です。
こういう景色よりも気になるものが幾つもあります(^_^)。
地球儀型の電話ボックス
これが標準的な形?
これなら確かに電話ボックスということがわかります。
世界地図をあしらった展望台
上の地球儀の上部に人が集まっています。そこが展望台です。
そこへ登る途中もなかなかです。母と子?が支えているのは、半球(地球)ですね。
展望台に上がると、床に世界地図がありました。
反対側から
説明板です。
「室蘭市を中心にしたユニークな世界地図を描き、各大陸の主要都市名は、その国の母国語で記しています」
こういう時のユニークな世界地図は、室蘭中心の正距方位図法で描くのが普通でしょう。東西南北が四方にありますから。
しかし、東の方向はどこになっているかというと、どうやらフロリダのあたりでしょうか。少なくとも、南米では無く、北米が東になっています。
正距方位図法と比較すると、随分違っています。そういう意味で「ユニーク」ということではないと思うのですが・・・。
残念ながら、方位に関しては、正しくない結果になっているようです。もし可能であれば、原図を見せて貰い、点検をしたいと思います。大変意欲的な試みであるだけに、惜しいと思います。
「主要都市名を母国語」で記した例を幾つかあげておきましょう(最近は「母国語」ではなく「母語」というようになっていると思います)。
向きをなるべく水平になるようにしたので画像を調整したので、逆に見づらくなっているかもしれません。ご容赦ください。
室蘭はひらがなで。 オーストラリア キャンベラ
中国 北京 ブラジル ブラジリア
インド ニューデリー (デーバナーガリー文字) エジプト カイロ(アラビア語)
観光ボランティアの方が色々教えて下さいました。正面は有珠山、右側に昭和新山が微かに見えます。
これならはっきりわかりますね。
中央は母恋(ぼこい)富士。石材採掘のため、削られた部分の緑が薄くなっています。緑があるだけ良いと言えるでしょうか。
次に向かう測量山は中継塔が林立しているのが特徴です。
昼食はこの公園で食べました。毒まんじゅうに興味があったのですが、パックで売っているので、残念ながらパスしました。後でネットで調べたら理由はわかりましたが。こちらを参照
食べたのは隣のお店。二つとも食べたのではなく(^_^;)、仲間のを写しました。
ほたて丼 味噌ラーメン
ソフトクリーム。こういうお店なので(失礼)期待していなかったのですが、なかなか良い味でした(^_^)。
表紙