千枚岳〜荒川岳〜赤石岳
(2) 千枚岳〜荒川岳
(1)千枚小屋〜千枚岳  (3)荒川岳〜赤石岳
2012年8月
●コース (カシミール使用)
●コースタイム
 6:20 千枚岳発
 7:15 丸山着(3032m)
       富士山・北ア・中央ア・御嶽山・秩父の山が見える
 7:37  〃発
 8:12 悪沢岳(荒川東岳)着(3141m)
       中央アが大きい、富士山・北ア・南ア見える
 8:30 悪沢岳発
 9:02 コル
 9:52 荒川中岳着(3083m) 三等三角点あり
10:17  〃  発
10:23 荒川小屋と前岳の分岐 ザックをデポする
10:28 荒川前岳着(3068m)
10:36  〃  発
10:40 荒川小屋と前岳の分岐 ザック回収 
187 タカネナデシコ
189 ほれぼれする赤石岳!
194 タカネビランジ
196 マツムシソウ
197
203
210 タカネビランジの色の鮮やかさに引かれてつい撮ってしまいます。
212
225 タカネナデシコ
227
233 まさに高山植物
234
235
240
241 こういう岩場に咲いています
242 タカネナデシコとマツムシソウ
251 百花繚乱
257
260 トリカブト
264 振り返ると千枚岳の右上に富士山
270 稜線上に登山者がいます。
277 千枚岳の真上に富士山
278
282
289
290 丸山山頂 3032m 立派な3000m峰ですが、カウントされることはないのではないでしょうか。
291 北アルプス槍穂高が明瞭に見えます
292 微妙な見え方です。奥は御嶽山。中景は中央アルプス
297 丸山山頂からのパノラマ。左が悪沢岳。右は間ノ岳方面
298
302 ハイマツと北アルプス方面
306
308
310 左端は甲斐駒、中央の大きいのが間ノ岳、その右に角のように見えているのは北岳
315 カールの底に残雪があります
325
332
342 イワベンケイ
345
348 悪沢岳に向かってこのような岩場を進んでいきます
351 穴のように見えましたが、実は違いました・・・
369 悪沢岳(荒川東岳)山頂
370 悪沢岳山頂からのパノラマ
375 中央アルプス方面をアップで
377 御嶽山 手前の中央アルプスの左端は南駒ヶ岳、右は空木岳。ちょうど両者の間に御嶽山が来ます
380 富士山!
381
384 赤石岳方面。雲が沸いてきました
389 甲斐駒、間ノ岳、農鳥岳
390
392
393
397 左から兎岳、中盛丸山、大沢岳
399
402
410
412
414 消え富士になっていきます
434 荒川岳へ向かう途中の下りより
442 荒川岳を望む。北横岳方面から見た八ヶ岳赤岳のようですね。それにしてもここを登っていくのか・・・(^_^;)(実は見かけほど大変ではありません)。
457 塩見岳が立派に見えます
473 タカネナデシコと赤石岳
477
478
485 丸山方面を振り返ったところ。こちらを登る方が厳しいでしょうね。千枚岳→悪沢岳を進むのが一般的であることが納得できます
503 中岳避難小屋が見えてきました
520
524
529 中岳避難小屋 後で寄る積もりだったのですが、結果的に素通りしてしまいました。
530
533 荒川中岳山頂 3083m 三等三角点
538 富士山と一緒
555 富士山をアップで
546 荒川前岳山頂からのパノラマ。中央が悪沢岳
551 中央
568 チングルマ ローアングルで撮影
586 荒川前岳3068m これを独立した山とみなしてよいかどうか疑問ではあります
582 標石は不自然な形で放置してありました
589 これから向かう赤石岳方面 雲が沸きつつあります
591 締めくくりはやはり富士山!
(1)千枚小屋〜千枚岳  (3)荒川岳〜赤石岳
表紙