35年ぶりの早池峰山
2012年7月
花の説明など一部未 写真の前の数字はファイル番号です。
35年ぶりに早池峰山に登りました(河原坊・・・早池峰山・・・小田越・・・河原坊)
(全体図)(カシミール使用)
花巻市街から出発して大迫(おおはさま)に向かいます。
14 楽しい風車?がありました。何でしょうね。宮沢賢治記念館 の1.5q手前です。
76 さすがにエーデルワインの故郷です。道の駅はやちね のすぐそばです。
83 早池峰湖
「鏡湖」状態
河原坊の早池峰総合休憩所
早池峰山は携帯トイレの山として知られています。
河原(の)坊から登り、小田越に下る周回コースをとりました。
(電子国土基本図使用)
コースタイム  番号は下の写真に対応リンクしています
7:22 河原の坊登山口発@ (1050m)(河原坊 という表記もある。読む時は「の」を入れるようだが)。
       沢沿いの登山道で、何度か渡渉ありA
 8:03 頭垢離(こうべごうり)着(1440m) 水場B
 8:08  〃         発
       このあたりから、岩場になる
       登山道反対側には、薬師岳が大きいC
 8:40〜8:55  休憩
 9:28 御座走り(山頂まで0.8q、河原の坊まで1.8q)D
 9:47 打石(ぶついし)着(山頂まで0.7q)E
 9:52  〃      発
10:02 千丈ヶ岩 (山頂まで0.4q)F
10:32 早池峰山山頂着(1917m)G     一等三角点ありH
        早池峰神社奥宮、山頂避難小屋(携帯用トイレ)ありI
        ガスのため遠望なし
        森林観察員?さんとおしゃべり
11:17   〃   発  <下山は小田越コース>
11:37 8合目
        天狗の滑り岩の鉄梯子ありJ
12:02 5合目御金蔵K
12:39 1合目 (山頂まで1.9q 小田越まで0.8q)L
        このあたりから樹林帯
13:04 小田越登山口着M   シャトルバスバス停あり  トイレあり  携帯トイレ回収ボックスあり
13:20   〃   発
13:54 河原の坊登山口着

行動時間  6時間32分
歩行時間  登り  2時間46分 下り  2時間21分
ここが出発点の河原坊です@
クガイソウ
葉っぱの端に水滴が・・・
センジュガンピ
ミヤマシシウド
古い標識です
155 徒渉ありA
この手の標識も
162 水場B
169 振り返ると薬師岳が見えてきましたC
ミネウスユキソウ
181 古典的標識
182 山の天気は変わりやすい。見えていた山頂方面にガスがかかってきました
185 チングルマは終わっています
192
191
193 オオバキボウシ
196
197
199 ミヤマハンショウヅル
201イワツメクサ
209 いよいよハナチネウスユキソウ登場
218 チシマフウロ 紫がもっと濃いのですが、私のカメラでは薄くなります
220 御座走り 岩場ですD
224
225 見た目ほど大変ではありませんが、少々大変です(^_^;)
227 岩の間に見つけると元気づけられます
228 
231
234 天狗の顔のように見える打石(ぶついし)E
236 靴底の忘れ物!
238 ミヤマオダマキ
240
243 千丈ヶ岩 頂上はもうすぐですF
245
255 ミヤマオダマキがすっかり気に入ってしまいました
259
263
267
269 ミヤマオダマキとミヤマアズマギク
274 イワベンケイ
291
294 頂上直下
295 山頂の一角 左は避難小屋G
298 山頂三角点H
315 一等です
310 35年ぶり!
336 携帯トイレのブースですI
337 小田越への下り口までしばし山頂稜線漫歩
356
348 靴が岩の間に挟まり、取り出すのが大変でした(^_^;)
365 下り開始(振り返ったところ)
370
374
376 天狗の滑り岩の鉄梯子です。下を見ていますJ
385
386
391
396 五合目御金蔵K
398 チシマフウロ
402 ミヤマナデシコ
405 同
409
410
412 下りが続きます
416 キンロバイ
412 鳥は全くわかりません(^_^;)
426 1合目L
434 サンカヨウの実
440 タケシマランの実
446 モミジカラマツ
454 小田越登山口M
登山を開始した河原坊までは車道を30〜40分程度の歩きです。こちらからは下りなので助かります。逆だとその点でも辛いでしょう(河原坊の方が急なので、下りに使うのはしんどいと思います)。
469 途中オダマキが一杯でした。ここまで下ると、ミヤマオダマキではなくなります。
宮沢賢治の碑が見えると、ゴールは間近です。
表紙へ