五竜岳
2010年7月19日 五竜岳〜唐松岳 18日
2010年8月
朝食前に空身で五竜岳に登った後山荘で食事。そして唐松岳へ向かい八方尾根を下る行程
GPSによる軌跡(一部バッテリー切れにより未取得)
4:28 五竜山荘発
山荘前からも富士山がしっかり見える! 4:38
戸隠方面からの日の出になる 4:42
白馬方面 4:45
岩場があるが、危なくはない
山頂が近づくと、鹿島槍ヶ岳の右に槍が見え始める
5:31 五竜岳山頂着(2814m) 三角点は倒れている  360度の大展望
6:05  〃   発
7:05 五竜山荘着
歩行時間 登り 1時間03分
下り 1時間00分
朝食 7:14
8:00 五竜山荘発
遠見尾根分岐 8:10
この分岐のわずか手前で消え富士になる
気持ちのよい稜線歩きが続く
チシマギキョウ
剱岳が見え始める 8:32
五竜岳を振り返る
これぞ北アルプスの稜線歩き
キヌガサソウ
9:09
富士山が見え始める(見え富士)。隣は八ヶ岳
9:39 90oマクロ
剱岳 90oマクロ
ルミックスは発色がよい
10:24 五竜山荘〜唐松岳頂上山荘間の最後の1/4弱でこうした岩場をこえていくことになる。下りより上りに使った方がよいだろう(五竜岳から唐松岳に向かう方向)
所どころに鎖場
コマクサあり!
少し疲れている?
稜線の東側は雲がわいている。右は五竜岳
10:50〜11:10 休憩 (牛首)
剱岳
毛勝三山 薬師岳のようにも思える(^_^;)
唐松岳。山体は小さい
白馬岳方面。右下が山荘
水晶岳
赤牛岳
薬師岳
立山
剱岳 カメラ、レンズをかえてもう一度
火打山
11:15 唐松山荘までは一くだり
11:15 小屋前からの大展望
チングルマ
ハイマツごしの五竜岳
唐松岳山頂手前で槍ヶ岳が見えてくる
11:37 唐松山頂着(2696m)ハングルも見える。二等三角点
360度の展望
槍ヶ岳
不帰ノ剣
11:53  〃   発
12:15 唐松山荘着 (食堂にて昼食 トイレ200円)
唐松山荘はリニューアルして大変綺麗
ご飯が食べたく、中華丼を注文。1200円
12:55   〃 発 八方尾根を下る
先ほどの大展望(11:15 小屋前からの大展望)が嘘のように消えてしまう
13:37 丸山ケルン
ちょっと長い(思いがけず)雪渓あり
新緑の季節のよう。緑が柔らかい
13:59
今年は雪が多いようだ(ここは通らないが)
キヌガサソウは派手ではないが目を引く。花びらの付き方がよいのだろう
花がおおくなるので、デジ一(マクロ)を取り出す
マクロの効果が大きい(と思う)
14:23
ニッコウキスゲも出てきた
クルマユリ
14:29 八方池を見下ろす
どうしてこんな所に咲くの?と思う
八方池  このあたりから一般観光地と化す。ただし、道は決して歩きやすくない。観光で訪れた人は苦労していると思う
14:54
15:03 このケルンは顔のように見えるが意識したのかどうか?
15:11 トイレ  休憩
ワタスゲ さすがに花は多い
チングルマ
いかにも高原
15:45 グラートクワッドリフト駅着
クワッドリフト
次はアルペンリフト
最後はゴンドラリフト
まもなく下車 16:40到着
行動時間 8時間45分
歩行時間 五竜山荘〜唐松   3時間07分
唐松〜八方リフト駅 3時間12分
最初へ(遠見尾根)
表紙へ