無断転載厳禁
ミラー富士
2013年3月開始 説明は5月改訂
貿易センタービル  西日暮里富士見坂  新宿住友ビル 文京シビックセンター 東京タワー
東名高速富士川SA  横浜外国人墓地付近  新幹線新富士駅前  東京スカイツリー展望回廊
中央道  東名  自宅  渋谷ヒカリエ   三ツ境駅付近  北東限ミラーダイヤ   中央道初狩PA
海ほたる(ミラーダイヤ)  海老名SA  ホテルマウント富士  三角堤公園ミラーダイヤ 横浜ランドマークタワー 
静岡県富士山世界遺産センター 多摩モノレール柴崎体育館駅  横浜大桟橋ふ頭 東久留米
御殿場線 恵比寿ガーデンプレイス
 ミラー富士は、富士見の新しいジャンルです。カーブミラーやバックミラーなど「鏡(のようなもの)に映る富士山」のことです。
 2013年2月に、文京区で行った富士山の講座を受講された方から「鏡富士」というのはいかがですか、という意見を頂きました。検索してみたら、「鏡富士」は「逆さ富士」の意味で使われていました。しかし、そちらは「逆さ富士」というわかりやすい名前があるので、文字通りの「鏡富士」はこちらの方がよいですね。早速採用させていただきました。その後、語感の問題もあって、「ミラー富士」と称することにしました。
 バックミラーに映る富士山は実はそう珍しくはありません。難度の高いのは、東京など遠隔地におけるカーブミラーなどに映る富士山です(地元の静岡や山梨ならよく見かけるのではないでしょうか)。
 以下、東京を中心に(2014年注・東京だけではなくなりました)カーブミラーや建物の鏡状の箇所に映ったミラー富士をご紹介します(知らず知らずの内に撮影していた、というものもあります)。「鏡」と視点との関係で、同時に2つ(実物と鏡像)を眺めることができる場合もあります。何か得をしたようが気がします。1回に2度楽しめる(^_^)。鏡の状況によっては、並んで見える「ダブルミラー富士」もあります。ミラー富士も興味がつきません。
 
 数字がついているものは、ファイル番号です(気にしないでください)。
 情報があればこちらまでお知らせください。
貿易センタービル
2013年2月10日
 268 窓からの景色ではなく、ミラーに映ったもの。
 確かに、壁がミラーになっている(右側)
(参考)通常
 268をトリミングし、反転したもの。これなら実景と一致する。
西日暮里富士見坂
 2013年2月16日
157
162
155
160
167
167反転
(参考)通常
170 撮影者!
新宿住友ビル
2011年2月1日
 もちろん左側がミラー富士。窓枠の仕切り板が鏡になっており、「横ダブルダイヤ」が可能。
フロアの様子
文京シビックセンター展望ラウンジ
 2013年2月20日
 場所によっては、ガラスに反射するところがあります。写真では右側です。残念ながら富士山はここには映っていませんが、いることは確かです。
 2013年2月21日 
 確認しました。左端にリアル、右にバーチャルがあります(^_^)。
 アップにしました。
(通常)
東名高速富士川SA
 2013年3月9日
(オリジナル)
(1)スターバックスの窓ガラスに
ここは素晴らしいロケーションです
ここにもミラー富士が、と思ったら、ガラス越しの実物でした
(2)レストランの窓ガラスに
(3)公衆電話ボックスにも
写している自分が写っています(^_^)
写っているオリジナルはこちらです(時間が多少違うので、正確に同じものではありません)
横浜外国人墓地付近
 2009年3月11日
 オリジナルはこちら(正確に同じものではありません)
新幹線 新富士 駅前
 2012年3月29日撮影(佐藤崇徳さん)
  さすがに地元ですね。くっきり写っています。そこにあるかのようですね。ご提供くださった佐藤さんに御礼申し上げます(写真は、サイズを変更しただけです)。
2013年12月28日 撮影
反対側の実景
2014年1月12日撮影
富士山駅付近(富士吉田市上吉田) 2013年11月23日  反対側にある
実景
 
TST(東京スカイツリー)展望回廊 最高地点 ソラカラポイント (2019年現在、この場所は無くなっている)
 2013年4月4日
(実景)
2013年4月8日
ソラカラポイントの様子
↓こちらが実景。シャープさも違いますね
上記はもう見ることができないが、展望デッキから降りるエレベーターの付近で「発見」
2019年1月21日
中央道
2013年4月13日
452  韮崎IC手前(甲斐市と韮崎市の境)
甲斐駒と一緒。条件が揃わないと写せません
485
479
502
東名
2013年4月29日
 大井松田ICから約1q横浜寄り
●自宅
2013年4月14日
灯台下暗しとはこのことでした。自宅からも見えました!今日は今一つの見え方ですが、クリアな時に撮影し掲載してご紹介したいと思います。
実景
iこれには富士山は写っていませんが、鉄塔の左側に来ます。位置関係を知っていただくために載せました。コンデジのパノラマモードで撮影したのですが、回転の際にすこし場所を動かす必要があり、ミラーの富士が消えてしまうことがあります(ガラス面の外に行ってしまうということです)。注意が必要です。なお、柵が曲がっているのでは、古い家だからではなく(古いのですが(^_^;))、撮影時のひずみによるものです(^_^;)。
2013年5月7日  かなり明瞭
 4月14日より明瞭
パノラマ  拡大画像はこちら
2013年12月1日
渋谷ヒカリエ 11Fスカイロビー   早い時間から行けるのが良い
2013年5月7日 実写
ミラー
実写
ミラー  ミラーに段差があるため、ダブルミラーになっている
ミラー  180度反対側であり、自分が写ってしまう
実写
ミラー  迫力がある!
実写
実写  180度反対側  奥の扉(ガラス)に写っている。
三ツ境駅付近 2013年11月29日
実景
北東限ミラーダイヤモンド富士  2013年12月22日 茨城県鉾田市玉田 こちら参照
中央道初狩PA 2014年4月12日
実景
海ほたる ミラーダイヤモンド富士 2014年10月3日 こちら参照
 このガラスに映る
ミラー!
「本物」はこちら
2013年12月22日
実景
東名海老名サービスエリア(下り) 2014年1月11日 詳しくこちら参照
ホテルマウント富士 山梨県南都留郡山中湖村 2014年1月11日〜12日
エントランス付近
実景
住友ビルミラーダイヤモンド富士 2014年2月1日 詳しくはこちら
三角堤公園ミラーダイヤモンド富士(足柄上郡松田町) 2014年4月7日 詳しくはこちら
横浜ランドマークタワー スカイガーデン
2014年10月14日
喫茶室のガラスに映ったもの。
実景
反射面によってはこのように鋭角的に映ります。
実景
2018年1月4日
オーソドックスなミラー
本物とミラーを同時に
●目黒図書館 目黒天空庭園 2017年1月12日
東久留米富士見テラス 2017年12月19日  駅舎のガラスに写る。振り返って撮影
●東久留米駅構内からのミラーダイヤモンド富士 2016年12月16日 詳しくはこちら参照。
静岡県富士山世界遺産センター 2017年12月27日
●イオンレイクタウン 2018年1月1日 ちょうどそのままの向きでダブるで見ることができる。左が実景。
●多摩モノレール 柴崎体育館駅 モノレール前面ガラス  2018年1月4日
横浜港大桟橋ふ頭 2018年1月13日
実写
●難度の高いミラー富士 日野陸橋の、走行する車の窓ガラス 2018年1月15日 
  詳しくはこちら
キャロットタワー 2018年1月25日
実景
ミラー
ミラー広域
御殿場線 2018年5月22日撮影 詳しくはこちら
2019年
多摩モノレール 上北台駅 2019年1月3日
アップで。
足柄SA 2019年1月4日
●東京スカイツリー 展望デッキ 下りエレベーター付近 2019年1月21日  実景はこちら(ただし展望回廊)
周囲の様子
明治大学中野キャンパス 2019年1月21日  実景はこちら
東京タワー 2019年1月22日 実景はこちら
恵比寿ガーデンプレイス 
2019年1月27日
2019年10月26日
●サンシャイン60 2019年2月10日 
同一方向に見えます。実景は右端ギリギリ
●湘南江の島駅屋上ルーフテラス 2019年4月4日
こちら参照
●希望ヶ丘駅付近ビル屋上 2019年10月23日
●足柄SA 2019円11月29日
●東名高速 2019年11月29日
●国立駅ホーム 2019年12月3日
電車のドア、窓ガラス
ホームのアクリル板
●ネオパーサ駿河湾 2019年12月15日
’実景) 微かです。
小諸市飯縄山公園 小諸高原美術館 2019年12月28日
112qの遠望ミラー
(実景)
2020年
●海老名SA 2020年1月9日
●箱根大観山 アネスト岩田スカイラウンジ 2020年1月3日
●キャロットタワー 2020年1月9日
●目黒天空庭園 (目黒図書館の窓) 2020年1月9日
●静岡県富士山世界遺産センター 2020年1月11日 自分も写っています。
●樹空の森(御殿場市) 2020年1月11日
下の窓からは実景
●東名高速 バックミー 2020年1月11日
●東名高速 タンクローリーミラー 2020年1月11日
タンクローリーが目の前にいて、富士山が真後ろになるように走行していなければならないので、かなりハードルの高い撮影です。
縦方向を拡大 確かに富士山です
究極のミラー富士
表紙