地理院地図の共有機能についてのメモ
2020年6月
地理院地図には共有という機能があります。画面右上です。
これについて、操作マニュアルから一部引用します。
この表現だと、作成してディスプレイに表示されている画像がそのまま全部保存されるように思えます。
次のような断面図を作成しました。これは画面キャプチャーをするツールで作成したものです。当然このようになると思ったのですが・・・。・
   
途中経過を若干掲載します。
3のボタンをクリックすると枠内の表示がでます。
保存する範囲を聞いてくるので全部にします。
いよいよです。画像を保存するので「画像を保存」をクリックします。
ワールドファイルはテキストデータで、普通は関係ないと考えてよいでしょう(少なくとも私には(^_^))。
念のため、もうワンステップ。
保存して、ファイルを画像ソフトで表示してみると・・・
何だこれは!
と言いたくなりませんか?ルートも断面図もありません。期待していたのはもちろんこちらです。
改めてを見ると とあります。確かに「地図」であり、画像ではありません。
間違いではありませんが、拍子抜けした、というのが率直な感想です。
そういえば、操作マニュアルには、以下の説明もありました。
「可能です」というよりも、お使いくださいとするか、フリーソフトをお使いください、とした方が親切ではないかと思うほどです(^_^;)。
一般的な画面キャプチャーでは、マウスポインタが表示できません。そのように考えればよいのでしょうか。
作図した画像はこの機能では保存できませんということを何らかの形で示していただいた方がよいように思います(わかる人にはわかる自明のことかもしれませんが)。
念のため、下は東京−サンフランシスコ間の距離を求めた画像です(画面キャプチャーしたものです)。
これはもちろん、このようになってしまいます(左下のスケールは残りますね(^_^;))。
ちなみに、画面キャプチャーには「手軽にスクリーンショット」を使用しています。連続して自動で保存してくれるので便利です。
私の思い違い、操作ミスがあればご容赦ください。
田代博のホームページ