地理院地図の断面図作成機能について
2020年3月11日
 
2020年3月5日、地理院地図がバージョンアップしました。毎年3月に改訂するのが恒例のようです(^_^)。
 2017年3月14日、2018年3月8日、2019年3月26日
(操作マニュアルの更新履歴より)
今回は、見た目も変わりました。2019年のバージョンに基づき、解説を書いていたのですが、書き直しをせざるを得なくなりました。単体のソフトなら旧バージョンを使うことができるでしょうが、ウェブ地図の場合無理なので、意味の無い解説になってしまいます。解説書が出ない理由でもありましょう。
ヘルプを見ると「地理院地図の使い方 近日公開!」とあるので、楽しみにしています。
今回の改良点は色々ありますが、私が一番関心を持ったのは、断面図です。ツールの中にあります。
作成は超簡単。地図上をクリックし、最終点をダブるクリックするだけで、断面図が表示されます。
(操作マニュアルより)
もちろん従来もあった機能ですが、縦横比が数字で示されておらず、等倍(縦横比1:1)にすることも極めて困難でした。冒頭で解説を書いていたと記しましたが、この断面図については以下のように書いていました。
授業で効果的に使えるのは断面図です。地図上をクリック(タップ)して経路を決め、最後の地点でダブルクリックすればできあがります。垂直断面図だけでなく、ルートにそった断面図も作れます。標高は垂直方向に拡大されています。
バーを動かすことで倍率を変化させることができますが、何倍になっているかは計算をしないとわかりません(倍率指定はできません)。断面図は、2019年に防衛省がイージス・アショア問題で失敗しているので、地理院地図で丁寧なサポートを期待したいところです。
この思いが通じたのかどうか(^_^)、縦横比がきちんと表示され、クリックすれば「等倍に戻す」こともできるようになりました!素晴らしい!
早速、曰く付きの男鹿半島を例に作成しました。グーグルアースによる断面図がこれです。
(イージス・アショア問題については「イージス・アショア問題対応の経過(メモ)」をご覧ください)


これとほぼ同じ地域の断面図を作成してみました。
(1)デフォルトでは縦が10倍で描画されました。
(2)バーを動かし5倍にしました。
(3)等倍にしました。
断面図上のマウス位置の標高が表示されます。もちろん、経路をしめす線上の位置と連動しています。
念のため、断面図を大きくして比較してみましょう。
10倍
5倍
等倍
なお、この断面図は世界地図(世界規模)でも表示可能です。教育用をはじめ、使い道は大いにあると思います。活用しましょう。
表紙