スマホを使ってエラトステネスになろう!
2018年10月

エラトステネス考え方にもとづき、スマホ(GNSS)を利用して地球の大きさをはかってみましょう。

@ 現在地を経緯度で表示できるスマホのアプリを準備する(0.1秒の単位まで表示できるものがよい)。使うのは緯度だけ。
  歩いた距離も調べなければならないので、それがわかるアプリもあるがそれは使わず、歩測 などによって距離を調べることにする。伊能忠敬は、歩測で距離を測ったので(一歩は69p)、伊能忠敬になろう! もできる(^_^)。
■今回はHere.infoというアプリを使用。画面はこんな感じ
B 自宅周辺、公園、学校の校庭などで南北方向に100m度歩く。
C始点、終点の値を読み取る。
(始点) 35度27分49.86秒  
(終点)35.27分53.11秒
D 始点と終点の緯度差は 3.25秒
E 地球の大きさ:歩いた距離(0.1q)=360度:緯度差(3.25秒)
F 地球の大きさ=0.1×360×60×60÷3.25=39876.9km    
                 (度を秒に直している)
  地球1周40000qなので、たった100m歩いただけで、こんなに正確な値がでるとはエラトステネスもびっくりでした。
  ※歩測をどれだけ正確にできるかによって、値が違ってくる。