野村正七先生の地図投影法の講義の記録 1971年度後期
2017年6月

 
 地図学会の「特別講演」(2016年2月)で大学時代を振り返り、次のように述べました。
「・・・ストライキやロックアウトが続きました。「正常化」して真面目に受講したのは、よその大学や機関から来られた非常勤の先生の講義だけだったかもしれません。野村正七先生の「地図投影法」や西村蹊二先生の「地図学概論」は欠かさず受講しました。・・・」

 その時のノートが物置から見つかりました。野村先生が黒板に、図を含めてぎっしり書かれていたのを思い出します。
パワポなど影も形もない時代です。
 今見返して、とても理解できません(^_^;)。当時もわかっていたのかどうか。

 これに比べると、M大学の皆さんには、易しすぎる内容で申し訳なく思います(^_^;)。
(私の講義は、地図学であり、地図投影法ではなので、悪しからず)