バーチャル地図展2015 
展示物一覧 (暫定)
以下は柱毎に撮影した展示内容を紹介しています。適宜リンクをはり、大きな、鮮明な画像もご覧いただけます。以下の代表的な展示については、クリックしていただくと該当の箇所に飛びます。
首都東京大パノラマ   大空襲直前の東京  大空襲後の東京   偵察されていた東京
AMS(米陸軍地図局)被災地図   戦時改描     建物疎開  
体験をもとに振り返る東京大空襲   空中写真で見る東京主部の移り変わり
原爆投下前後  広島 長崎
展示説明資料(A3二つ折り)
2015年11月1日
2015年11月6日、11月11日追記
三越側ゲート
(挨拶文)
A1
A2
画像をクリックすると、横4000ピクセルの大パノラマが開きます。
廃墟から復興した東京の姿の象徴として東京スカイツリーからの写真を掲載しました。ポスターやチラシにも使っています。
大きさのイメージはこちらでご覧ください。
左の画像をクリックすると拡大します。  空中写真をクリックすると横2000ピクセルの画像が開きます。
米軍はB−29を改造したF−13と呼ばれる写真偵察機により、空襲前に目標地域を撮影し、空襲後には与えた被害を評価するためにまた撮影をしていました。こうした実態を踏まえて、「偵察されていた東京」というタイトルをつけています。
A3
おもな地名、おもな山名は画像をクリックすると拡大画像が開きます。
大パノラマを提供してくださった樋口様の紹介をしています。
右下の地名説明はクリックすると拡大します。
空中写真をクリックすると横2000ピクセルの画像が開きます。
A4
A5
A6
A7
B1
開催地はクリックすると拡大します。
B2
写真をクリックすると横2000ピクセルの画像が開きます。地形図(1万分1)をクリックすると横3000ピクセルの画像が開きます。
左側をクリックすると横3000ピクセルの画像が、右側をクリックすると横2000ピクセルの画像が開きます。
文書もお読みいただくことができると思います。
B3
地図、写真をクリックすると横1200ピクセルの画像が開きます。
正確には、中島飛行機武蔵製作所です(武蔵ではなく)。
B4
左側をクリックすると横2000ピクセルの画像が、右側をクリックすると横3000ピクセルの画像が開きます。
地図をクリックすると横1200ピクセルの画像が開きます。
B5
帝都近傍図の下の説明をクリックすると解説が開きます。
B6
B7
(地図展推進協議会事務局 事務局長による試作)
E-mail:ken2@jmc.or.jp