通天閣可視マップ
2014年4月24日初版
大阪の新聞記者の方との話の中で、大阪人の誇りである通天閣がどこから見えるだろか、という話題が出ました。それなら可視マップで判断するしかないということで、富士山東京スカイツリーあべのハルカス横浜ランドマークタワーに次いで、通天閣の可視マップを作成しました。ここにご紹介する次第です。参考までにあべのハルカスと、標高634mとしたあべのハルカス(東京スカイツリーと同じ高さ)の可視マップも掲載しています。ベースの地図は3点とも同じ縮尺(範囲)にしてあります
データ 
北緯34度39分09秒  東経135度30分23秒  高さ100m 地盤3m
通天閣
山名は見えないものも表示しています。
山名が重なって煩わしいので山名無しの図も載せておきます。
この下にありますが、あべのハルカスと重ねてみました。濃い紫が一致する範囲です。ざっくり言えば9割は重なっているのではないでしょうか。
ちょっとどころか、かなりびっくりしました。高さは1/3なのに! 
岡山からはダメ、琵琶湖を越えることはできませんが、徳島県からはしっかり見えます。
近畿最高峰の八剣山からはツーショットで望むことが可能です。通天閣恐るべしです(^_^)。
参考
あべのハルカス 詳しくはこちら
参考
あべのハルカスが東京スカイツリーと同じ高さとした場合(634mだった場合)
白山(石川・岐阜)や氷ノ山(鳥取・兵庫)まで見えます。さすがですね。
高知県では亀谷山周辺が唯一のポイントだったのですが、その南17kmの948.5mのピーク周辺が可視域になっています(約182km)。
いずれもカシミール3Dにより作成しました。素晴らしいソフトを無償で提供してくださる作者に感謝します。
表紙