ジタプレ(自宅学習期間中のプレゼント)
中国地名の表記について思うこと
 1組 2組 3組 4組 5組
番号は便宜的なものです
2011年2月
クラス、番号が不明の人が4人います。未掲載の人、クラス・番号を書いて、再送信してください。
1 シーアンもせいあんもどっちもあるのがいい。シーアンだけだと漢字表記でどうなってるのか分かりにくいし思い出しにくい。せいあんだけだと実際現地で場所聞いたりするときに不便そう。
どちらにも長所短所があるので両方あるといい。しかし、教科の違いや先生の違いなどで言い方を変えられると、新しく聞く地名のときなどに混乱する。だから正式にはシーアン、自分で覚える時はせいあん、というのが結局良いのだろうか。
中国読みでも日本読みでも発音の雰囲気自体はそんなに変わらないので今のままで良いと自分は思う。
他の外国の地名については現地読みでいい。英語で覚える意味も無さそうで何語で覚えても同じなので。もう浸透したものに関しては浸透した呼び方がいいと思う。
2 中国(外国)の地名は現地音で表記するべきであると考える。現地音で表記することには二つの利点がある。まず、相手の文化などを尊重する事になる。現地音で表記すること は、相手の言語を使うようなものといえるだろう。やはり、読み方を日本風にするということは、相手の言語を無視しているに等しいと考えられる。また、現地音に慣れていること によって、他の言語を使う人々との認識の違いを解消できると考える。例えば、日本では北京のことを「ペキン」と発音するが英語では北京のことをBeijingと表記し、中国では北京(B?ij?ng<発音記号>)となっている。もちろん、ペキンというのが完全に駄目な訳ではない。
しかし、現在では、中国ではB?ij?ngと発音していると考えると、その発音を使うほうが地名の共通認識が出来る点では良いといえるだろう。このように、グローバル化している現在、様々な国の人々と交流するか機会が増えているとも考えると、なおさら現地音で表記をするほうが良いといえると思う。
3 僕は基本的にどの科目でも現地読みするべきだと思います。そうしないといざ現地人と会話するとなった時、通じなくなると思います。地名だけでなく人名や建造物なども現地読みするべきだと思います。ただ、英語で読むのは別にいいと思います。教養があれば自国の呼ばれ方を知らないはずがないでしょうし。また、その名前が他地域に由来するものも、現地読みでなくても、由来する地域での読み方ならいいと思います。
自分もなるべくそういった読み方を知って、注意しながら使っていきたいと思います。
4 僕は、どちらでもいいので統一すべきだと思います。(もしどちらか選ぶのであれば日本語読み)学習にする際に地名はあくまで「そこがどこを指しているのか」を示すことが出来ればいいのであって、そこにどういう読み方をした方が良いかということは関わってこないと思います。とすると、教科毎で読み方が変わるのでは都合が悪いのでどちらかに統一することがいいと思うのです。
5 中国の地名を日本語読みにするか現地読みにするかということであるが、自分は日本語読みにするべきだと思う。中国語読みでは、初見の地名であると読めないからである。日本語読みであれば、初見の地名でもなんとか読むことができる。さらに、文字で表記することになると、中国語読みであると文字数が増えることがほとんどだし、小文字が多く入ってきてあらわしにくい。少々こじつけではあるが、たとえば、音で「平壌」を覚えていても、読みを書くときに「ピョンヤン」を「ピョンアン」と間違えてしまうかもしれない。このような点から、中国の地名は、日本国内で使うことにおいては、日本語読みで表記、もしくは使用するべきだと考える。
6 (紙で提出)
「・・・現地読みに1番近い音で、統一すべきだと思います・・・」(以下略)
7
プリントにある内容を整理すると、「地理では現地名」「世界史では日本名」とある。なぜなのかに関する自分なりの考えは以下だ。地理で国をやるとき、それは必ずしも日本視点であるとは言えないのではないか。その場合、その国のことはその国と割り切って(まぁ、宗教や貿易は別として)知識を得ようとしてるだけのような感じがする。その際には、日本の読み方を適用するよりも現地名を使ったほうが、その国を知るだけに集中するなら都合がいいし、そうしない理由がない。(別に地理という学問が薄っぺらいだとかは言ってない)それに比べ、世界史では、国の関係が学ぶ出来事と密接に関わってくるし、大抵は日本目線で物事を考える。そのため他の国はあくまで「外国・海外」や「日本の敵」「日本の同盟国」だとかの見られ方をすることになり、日本読みになる。と予想しただけだが。

そういうわけで、中国地名についてだが、なぜ中国に限定しているのか理解できない。漢字だからだろうか。ヨーロッパの国々も、知らず(でもない)に変わった読みをしているわけで、中国を考えるなら一緒に考える必要がある。しかし結論としては、どちらでもいいと思う。もし、現地名で、と限定したとしても、僕らは某国をイギリスと呼ぶだろうし、かといって今の日本での呼び方も適当で、どっかの言語の呼び方をなぜか採用していたりするのだから、逆に揃えるのも馬鹿らしい。だから国内で呼ぶなら好きにすればいいと思う。ただ現地の人に日本読みは通じないだろうから、そのときは別である。

8 1つの人・物・場所に複数の呼び名があるというのは、不便だし混乱のもとになるので、1つの呼び名に統一するべきだと思われます。現地中国の地域・文化性やオリジナリティーのことを考えれば、現地音のほうがいいと思います。英語での表記も、現地音によるものです。しかし、中国語をカタカナにするのは難しい部分があり、また、日本人にとっては、漢字から読みを推測するには日本語読みのほうが好都合な面もあり、どちらがよいとも言えません。また、今まで続いてきた習慣(?)を今すぐ変えるというのは難しいし、逆に混乱するもとになってしまいます。よって、今までの表記を変える必要はないと思います。ちなみに私は、呼び名が複数ある場合には、自分で勝手に統一することにしています。
9 中国など世界の地名は、現地で呼ばれている発音のまま(できる限り)表記するべきだと思う。たとえば、日本人が西安のことを、「せいあん」と呼べるのは「西」という漢字も「安」という漢字も日本でも使われているからである。一方、チベットのことを中国語では「西藏」と表記するが、日本では「チベット」と表記し発音する。決して「せいぞう」などとは読まれない。日本では「藏」という言葉は日常的に用いられないからだ。
これらのことから言えることは、日本語では中国語で用いられる漢字の一部しかされておらず、中国語の中には読めない漢字もある。そのため日本では読み書きできる中国語表記だけ日本語で読み、読めない文字が入っている場合は中国語に習って読んでいる、ということだ。これらはつまり、もし日本語読みか中国語読みかに統一するのであれば、日本語読みでは中国語の地名すべてを表すことはできないのだ。した
がって、理想としては、「チベット」のように中国語で発音されたものをカタカナで
読み書きするのが正しいと考えられる。
しかし、現在の日本では西安という言葉が浸透しており、そもそも中国は「ちゅうごく」と呼ばれているので、すべてを中国語読みに統一することは難しいかもしれない。
同じことが世界中の地名に関して言える。地名はその国での呼ばれ方を尊重すべきだが、授業で習ったようにメキシコを「メヒコ」と呼ぶのは、なかなか違和感を感じる上にわざわざ変えることのメリットを感じない。正しくは「メヒコ」かもしれないが「メキシコ」と読んでしまっても仕方が無いように思う。
10 表あり。追って掲載(田代)


この表を作っていて感じたことを箇条書きにしてみます。

① 全てで統一された読みであるのは「上海」だけであった。
②「北京」は地図帳の読みは「ペキン」であるが、これは現代の中国語の読みではない。
③「香港」は英国に租借されていたために英語での読みが地図帳の読みとして採用されている。
④「広州」は2010年アジア大会でNHKのアナウンサーは中国語読みではなく「コウシュウ」と日本語読みで放送していた。
⑤「西安」は日本史では遣唐使は唐の都「長安」(日本語読み「チョウアン」)へ派遣されたと習った。
⑥「旅順」は日露戦争の激戦地であるので、現代でも日本では「リョジュン」のほうが受け入れられている。
 つまり、中国地名の読み方に統一された基準はないと言える。

以上のことから、自分なりの考えをまとめてみます。

⑴ 日本と韓国との間での取り決めのように、お互いの国の人名や地名はお互いの国の発音で呼び合うという方法がお互いの国の立場や歴史を尊重しあうという点からして望ましいと思う。
⑵ 日本と中国との間でも、将来的には日韓のような取り決めが出来るのが望ましいと思うが、日中間では2000年に及ぶ長い歴史の中で、それぞれの時代にそれぞれの立場で発音されてきたという経緯があるため、直ちに中国語での読みに統一することは無理があるように思う。
⑶ 実際に、Microsoft Office IME 2010で「しーあん」を変換しても「西安」は出てこない。
⑷ 附属高校でも来年度から第二外国語に中国語が取り入れられることになったように、これから中国の存在は日本にとって益々重要になってくると思われるし、大多数の日本人が中国語を学ぶようになるかもしれない。そうなれば必然的に中国の地名は中国語読みで読まれることになると思われる。
[結論]
いずれ時間の経過とともに、一つの読み方に収斂していくと思われるので、現時点ではその時々で最も相応しいと思われる読み方で読むのが無難であると考えます。それまでは地理と歴史で読み方が違っていても我慢することにします。 
11 僕は現地の表記で覚えた方がいいと思います。
日本語の表記で覚えたって現地に行ったら全く通じなくて困るし、やはり地名や国名などはその国の読み方で覚えた方が実用的でいいのではないかと思います
ということで現地表記に統一してほしいです
12 中国の地名は基本的に中国読みで書くべきだと思う。
例えば、日本の立場で考えた場合、東京をトンジン(中国語読み)と言われたらピンとこない。中国人の立場に立ってみても、大連をダイレンと日本語読みされてもどこのことか分からないだろう。ターリエンと言われた方がいいと思う(もちろん中国語の発音を忠実に表記することは難しいが)。

また、地名ではなく人名の話になるが、自分の名前は・・・中国語読みでは、イワンシャン リャンになる。このように呼ばれたり、これをアルファベット表記にしてIwan Shan Ryan などと書かれたとしたら、これはもはや自分のことだとは思わない。アルファベット表記だったら日本語読みをそのまま変えて・・・になる。このように表記してもらえればこれは自分であるしこれを英語読みしてもらえばいい。

日本と中国はほとんど共通の漢字を使っているにもかかわらず、その発音、読み方が違うのでこのようなことになる。
結局はそれぞれの国で発音されている読み方に忠実に表記したり、発音したりすることが、お互いの立場にとって一番しっくりくることだと思う。

 しかし、歴史上に出てくる中国の地名について考えてみると、歴史となると、今まで使ってきた習慣というものがある。もし教科書の表記を日本語読みから中国語読みに変えるとしたら、出来ないことはないだろうが、直さない方が混乱しないと思う。

 だから、今のまま、地理と歴史で中国語読みと日本語読みが混在している状態のままでいいのではないかと思う。
13 まず、現地では普通

中国…漢字(中国)
中国以外の多くの国…アルファベット
日本…漢字(日本)
で現されます。

地理も歴史も中国以外の多くの国に地名をアルファベットと発音に基づいてカタカナで表現します。なので、中国の地名についても同様に表現するべきだと思います。
また、中国の漢字と日本の漢字では異なることがあるので、中国の地名を漢字で書くこともあまり良くないと思います。
14 僕は確かに教科によって呼び名が違うのは不便だとは思います。
しかし今更浸透してしまっているこの風習を変えるくらいならそのままでいいと思います。
生徒としては既に覚えたものを変えられる方が辛いです。
15 シーアン、チャンチュンのように現地読みに統一すべきだと思う。中国以外の国では現地読みしているのでそちらにあわせるべき。
さらに、現地に行った時に通用する呼び名を覚えていたほうが便利だから。
16
中国地名の表記については、僕も以前から疑問に思っていました。これまでの自分の解釈は、地理では地域の特徴・文化などを重んじるためその地域の表記で、歴史では流れを知る上で最低限分かればよいため、日本語読みにしているのではないかと考えていました。
 
 しかし、今思い直してみると(中国ではないですが)新羅や百済など、日本語でも到底分からない読み方もあります。最近では百済の読み方を「くだら」ではなく「ひゃくさい」にしているのもよく見かけます。
 
 そのため、僕としては、読みやすさに重点をおきたいのなら、かりやすく読みやすい日本語で表記し、それ以外の場合ならきちんと現地の表記を用いるべきだと思います
 
 ほかにも、カタカナ表記にも微妙な差異がありいつも悩みます。「ヴェネティア」だったり「ベネチア」だったり、いったいどちらを選べばよいのでしょうか。こちらも読みやすさ・簡易表現を優先するなら「ベネチア」それ以外の場所なら「ヴェネティア」などのように何か基準を設けてほしいと思います。
17

(1)必修課題

 調べたところ社会科地図帳の世界各国名表記は、外務省外務報道官編集「世界の国一覧表」によるらしい。

 それはともかく、地図帳では中国地名表記および読みが現地のものとなっているようであるが、私が思うところでは、「長春」を日本語音読みの「ちょうしゅん」ではなく「チャンチュン」と読むのは、現地の言葉をベースにしているだけであり、現地の言葉を日本語として扱っているにすぎない。日本が中国の漢字を取り入れ、日本の言語として使っているわけで、中国と日本において同じ文字で違う音を表記する漢字については難しいところがある。

 考え方を変えてみよう。日本人の視点を基本とする。

 「The United States of America」は誰が見ても“英語”という言語によって「アメリカ合衆国」という国名を表していることになる。しかし地図帳には「アメリカ合衆国」と表記されている。これは日本語になおして書かれている。つまり表記も読みも日本語なのである。

 中国地名の場合「長春」という文字表記は中国語であるとなっている。しかし、「チャンチュン」という読み方は現地の音を基本にしているだけであり、日本語の域を出ていない。表記が「The United States of America」となっていれば、それは英語であり、読み方も「あめりか」では済まなくなり、必然的に読みも英語になるが、「長春」という中国語表記に対し、「チャンチュン」という読みは“中国語”になるというのは難しいものがあるのではないだろうか。

 言いたいことが上手くまとまらないが、簡潔に述べてみると、ポルトガルという国は、「ポルトガル」と表記され、「ぽるとがる」と読まれるが、ポルトガルの本来の読みは「Portuguese」→「ぽーちゅぎーず」と読むわけであり、表記も日本語になっている。

 つまり、表記が現地の言葉だからといって、読みもそれに合わせる必要はないのではないか、ということが言いたい。よし、言えた…

 「Portuguese」と書かれていても、「ポルトガルってさー」と普段言うわけであり、「長春」と書かれていて「チャンチュンってさー」とは言わないであろうから、別に「ちょうしゅん」でも構わないと思う。

 もちろん専門的にその土地や言語を学習する場合は話が別になってくると思うが…

 以上、中国地名の表記について、世界全般を例にして考えてみました。

 うまく言いたいことが伝わらないかと思いますが、解読よろしくお願いします(汗

18 (紙で提出)
19  はじめに、課題の用紙に挙げられていた例について言うと、「西安」「長春」を「せいあん」「ちょうしゅん」とそれぞれ読む場合を私はきいたことがなかった。世界史の勉強不足なのかもしれないが。
 しかし、中学時代、「遼東半島」を「リャオトン半島」「りょうとう半島」どちらでもいいと言われたときには戸惑った。「H2O」を「エイチ・ツー・オー」「エッチ・ツー・オー」どちらでも良い、と言うのとは少し違うと思った。

 私はもちろん、現地読みに忠実であるべきだと思う。オリジナルが正しいからである。例は悪いが、「山田さん」は「やまださん」であって、「サンタさん」ではない。アメリカ人だからといって「サンタさん」で許される訳でもない。日本においての中国地名も、同じことではないだろうか。
 日本の教育においての地名の日本語読みは、日本人のグローバル化を抑制させることにつながっている。日本人がわかりやすいことを追及する時代はもう終わった。世界のどこでも通用することが重要である。そのために、基準となるのはやはり現地の言語であり、発音であろう。
 
 言語はその言語圏独自の文化や思想を反映しているといっても過言ではない。それらを蔑ろにするのではなく、尊重する姿勢が大切だ。同時に、外国人からみた日本語も、そうあるべきである。いわゆる「日本語の乱れ」だとは思わないが、日本語を正しく話せない日本人の存在を、私たちは強く認識するべきである。
20 確かに呼び名が変わるのが不便だとは思うが、今から変えられたらそっちの方がめんどくさいと思う。なので今のままでいいと思う。ホントにわからないところ
はその時に説明してもらえばよいと思う。
1組 2組 3組 4組 5組
21 最近では、世界史でも“できるだけ現地寄りの発音にしていこう”という動きもあるようで、『バ』や『チ』で覚えていた地名が『ウ゛ァ』や『ティ』になっている例→ヴァティカン市国なども発見しました。
なので、中国語が漢字だからといって、日本の音訓で読まなくてもいいと思います。

といっても一昔前はなんでも日本語風に読みが宛てられていたんですよね。
国名も漢字があてられていたし、
第九のサビ的フレーズも
Freude, schoner Gotterfunken, (⇒フロイデ シェーネル ゲッテル フンケン)が
『風呂出で 詩へ寝る 月輝る 粉健(訳:歓喜よ、美しい神々の火花よ、)』
っていう語呂合わせでしたから((笑

今まで日本語読みで覚えてた人もいるでしょうから、一般向けにはしばらく両方読みを書いて、これから覚える人向けには現地寄りの読み、のようにすれば、そのうち現地読みが浸透してくるかと思います。
22 私は両方今のままで良いと考える。

日本で歴史を教える際、完全なる客観性というものは存在せず、必ず日本側の主観が入ってしまう。
例えば第二次世界大戦前の日本がアジア諸国に行った非人道的行為について、日本ではあまり詳しく触れられないが、韓国などでは実体験も含め詳細に教育がなされているらしい。
このように、歴史教育ではその国の主観によりなされている。歴史教育において完全な客観性を保てない以上、地名に関しても、日本側の読み方でかまわない。

しかし、地理に関してはこの教科自体が、私達の暮らす環境を客観的に分析し学んでいく科目であり、それぞれの国の主観は入ってはいけない。そのため地名表記に関しても客観性を保つべきである。だから地理では現地の読み方・表記で地名を表すべきだ。

だから、私はそれぞれ今のままで良いと考える。
23 私は地理も歴史も、もし日本語読みで読まれた相手が嫌だと言ったら相手の国の読み方にすればいいと思います。やっぱり日本語読みのほうが読んだときにぱっと漢字が思いつくので楽です。でも、日本も日本語では「にほん」「にっぽん」ですが外国では主に「ジャパン」「ジャポン」「ヤポン」と呼ばれていたりしています。その理由は諸説あるみたいですが主流なのはマルコ=ポーロの「黄金の国ジパング」から来たものと、昔の中国語の日本の読み方が「ジーベン」だったことからみたいです。でも私はどんな理由であっても「日本」がどのように読まれてもいいです。逆に日本は「The United Kingdom」を「イングランド」から「イギリス」と読むし、「ネーデルランド」を「オランダ」と読みます。でもあんまり問題はないように思えます。本当の発音とは違う、と言うことを頭に入れておけば、外国の地名をどのように呼んでもいいと思います。
24 地理は世界各国の特徴や習慣を学ぶことが目的の1つだと思います。それらをよく知るためには、各国の立場に立って物事を見つめ、その地の人々にできる限り近づくことが効果的だと思います。このことより、地理においては地名を現地音で表すことが必要だと思います。
それに対して、世界史は世界各国の歴史を関連づけて学ぶことが大事だと思います。中国の歴史を学ぶならば、アメリカ、ヨーロッパ、そして日本など、複数の国と関連づけて学べば、理解がしやすくなると思います。複数の国の立場から事実を見ることで、物事の理由や結果、その後の影響まで、幅広く分かります。複数の国の中に日本が含まれることがありますし、何より日本で行われている教育なので、日本からの視点が大切だと考えられます。このことより、世界史においては地名を日本語読みした方が良いと思います。
私たちにとっては大変なことですが、地理と世界史の目的の違いを考えると、地名の読みの違いは妥当であると思います。
25
わたしは地理では現地読み、世界史では日本語読みでいいと思います。気にしたことはないですけど…
 地理ではその地域での呼び方であることが重要だと思います。でも世界史は、世界のことを日本から見ていくわけだし、昔の現地の読み方はわからなから日本語読みなんだと思います。
 どちらかに統一となれば、現在使われている地理的な読み方でいいと思います。
26
27

 中国地名の表記は日本で使われているものと同じ「漢字」でされている。しかし、読み方は中国語と日本語で全く異なる。これが、地名の読み方が統一されない理由だ。

 読みを日本風にしてしまうのは中国の発音に慣れておらず、普段親しんでいる読み方のまま日本語読みしてしまうからではないだろうか。これに対して私は中国での読み方に統一すべきだと思う。確かに発音しにくいものもあると思うが、世界の中心となっている中国であるから少しでも即した中国での読み方をしておくべきだと思う。 

28
(1)地理と歴史で中国地名は共通して、日本語読みで表記すべきだ。
もちろん、現地音にした方が、中国に行ったときに便利だし、言葉が通じ合えるという利点はあると思う。でも、授業で教える場合は、共通した表記でないと教えられてる側からしてみれば最悪だ、しかも、現地音で覚えさせられたら、頭が混乱するのは間違いない!「長春」を「チャンチュウ」と現地音では読むと地理 の授業で教えられたとしても、私の脳では1週間で忘れてしまうだろう。外国では、「日本」のことを、アメリカでは「Japanャパン」イギリスでは「Giapponeジャッポーネ」・フランス「Japonジャポン」・ドイツ「Japanヤーパン」と教えていて、現地音の「日本ニホン」とは教えてはいない。同じように、漢字であっても日本語ではないとか堅苦しいことは言わずに、日本の地理は、中国地名を日本語読みにするべきだと思う。
 
29
 いままで地理ではあまり中国の地名を読むという機会がなかったのでそこまで気にしたことはありませんでしたが、歴史の授業ではたとえば「百済」=くだら・ひゃくさい、「新羅」=しらぎ・しんら、といった読み方の違いが印象的でした。
 この課題では、中国地名をどう表記するべきかという部分を主題としていますが、私の意見としてはやはり中国の地名は現地=中国の読み方で、シーアン、チャンチュン、と読むべきではないかと思います。漢字はいまでは日本人に完全に定着しきっていますがもともとは中国からきたものをもとに音が生まれているのであって、日本語における漢字をたどれば中国でつかわれている漢字にたどり着きます。
 地理はそのまま中国の読み方をしているのでいいと思うのですが、歴史で使う中国地名も地理と同じく中国の読み方をしていくべきであると思います。
 そもそも、地理や歴史で使われている中国地名の漢字は日本語における漢字とは異なるものとして認識すれば、読み方を変えて学習するのも納得がいくのではないかと思います。
 
 また、外国の地名もこれにならえば、わたしは現地の音で読むべきであると思います。
 大規模ですが、日本が地名を学習するうえでその現地の音で読んでいれば世界での混乱も避けられる。英語のように、世界共通言語のようなものが地名にはないので、その場その場の言葉に直して表記していくべきであると思いました
30 現地での発音に統一すべき。

中国で日本の地名が中国語発音されて、“東京”が“ドンジン”になってたら個人的にはかなり不快です。中国の地名が日本語発音されて不快に思う中国人はいるはずです。

少数のものを多数のものに、外のものを内のものに無理やり合わせるような風潮が様々な場面で溝を生むんだと思います。なので、“エアーズロック”が現地発音で“ウルル”と呼ばれるようになったりしているように、オリジナルを尊重することが大事度と思います。
31 私は日本語表記でいいと思う。

世界史の最初の授業で「外国の地名人名の表記の仕方は複数あり混乱するかもしれません(中略)授業中に折にふれていくことにします。」
と書かれたプリントをもらった。
このような感じで違う読み方もあることを知っておけば大丈夫だと思う。

それに他の国も日本のことをジャポンやジャパンと言い、「にほん」とは言わないがここにも特に問題はない。もしも中国側に問題が生じるのならその時変えれば良い。

そして個人的にわざわざ黄河をホワンホーと呼ぶのがなんとなく嫌である。
32

私は、地理の現地読みをカタカナで表記するという方法で、地理も世界史も地名を表現するべきだと思ってます。

簡体字等をみてもわかるとおり、中国語で使われる漢字と日本語で使われる漢字は似ていても違う文字です。
英語圏はまだしも、パリ、ギリシャ等の英語圏以外の地名を現地の文字で書くことは普通ありません。
それと同じように、中国の地名も、漢字を使わずカタカナで書くべきだと思います。

また、読み方についてですが、メキシコの例からもわかる通り、自分の国の地名を現地の読み方で呼んでもらうというのはうれしいものです。
世界史、地理に関わらず、地名はできる限り現地の呼び方に近い表記をするべきだと思います
よって、西安は「シーアン」、長春は「チャンチュン」、という書き方で統一するのが理想的です。
しかし現地読みで表記するとなると、現地での呼び方が日本語の発音にない場合もあります。また、ひとつの地域に複数の言語があった場合、様々な呼び方ができてしまう可能性もあります。
その場合政府等のなんらかの団体で統一した呼び名を決める必要があります。
いずれは現地での読み方で表記するべきですが、すぐに変えるというのはむずかしそうです。

さらに、できればメキシコはメヒコ、中国はチュンゴーというように、国名も現地読みに近い表記をするべきだと思います。
慣れた呼び名を変えるというのは難しいので、地名を現地読みで表記する以上に時間がかかるでしょう。
しかし、国名を現地読みで表記するようになって初めて先進国、とも言うことができるのではないでしょうか。
というのも、他の国の名前を別の国の言語で呼ぶ、というのは、日本語が独立できずに他の国の影響を受けている、ともとることができるからです。
どこかの国の傘下に入ることなく独立した国家であることを示すためには、すべての国を対等に扱い、現地の呼び方で呼ぶべきだと考えます。

33
地名を覚えたりするには、中国地名の場合日本語読みの方が漢字と関連付けて覚えられるため楽だし、身近に感じやすい。そのため授業など「覚える」ことが目的ならば日本語読みでいいと思う。
しかし、本当の知識を得るためや社会に出て使う場合は中国読みの方がいいと思う。なぜなら国名の読み方を変えられてしまうのは気持ちいいものではない。しかも漢字は同じだからなおさらだと思う。また国の文化からも遠ざかってしまう。このことで中国との関係が近づききらない可能性もある。だから、公には現地の読み方をした方がいいと思う。

他の国についてはできるだけ忠実にカタカナ読みにするのが懸命だと思う。漢字に無理矢理直すことに関しては、まったくメリットを感じない。
34 私は読み方は統一すべきだと思う。というのも覚えるときに困るからである。

統一するにあたって、中国地名に関しては現地読みにするのが好ましいと思う。
歴史では事件が起きた場所として地名が聞かれたりする。そのときに日本語読みであるほうが覚えやすく、思い出しやすいかもしれない。しかしこちらの都合で読み方を変えるのはおかしいと思う。中国の読み方を尊重しそれに従うべきだと思う。

国の文化や慣習を尊重するのと同じように読み方も現地のものを尊重すべき。

現地読みができたほうが世界的に見たとき使い勝手がいいと思う。

また、そもそもアメリカやイギリスなどの土地はカタカナ読みにしている。

中国で漢字文化であるから日本語読みというのが存在してしまうのだろうが、結局はアメリカなどと同じ外国であるわけだから現地読みでカタカナにすべきである。
35 私は日本語読みと現地読み、どちらも知っておくべきだと思います。

なぜ地理では現地読み、世界史では日本語読みが多いのか考えてみました。
世界史は、言うまでもなく歴史の学問です。世界史で日本語読みをするのは、日本が大日本帝国憲法を適用しているような時代。日本は朝鮮を併合し、日本の一部としていました。また着々と中国に進出しだしていて、その頃の「支配している」という自負心から日本語読みで読んでいた。歴史はつながっていますので、日本語読みは、その頃から慣習的に発音されていた音で現在もなお読まれているものだ、と考えます。

一方地理は、現在という観点からの学問であって、グローバル化が進んだ今は、文化の多様性が尊重されている時代なので、現地読みが推奨されているのだと思います。

昔からの慣習的な読み方を知るのも必要、また文化を尊重する点で現地読みも必要。そう考えたので、私は日本語読みの存在と現地読み、どちらも知るべきだと考えました。

私の経験だと、中国に行った時に「故宮博物館」の現地読みを知らなくて、話しても通じなかったことがありました。漢字で書いたら伝わったので良かったのですが、その時は中国読みも勉強すべきだった~と後悔しました。けど実際現地読みを知ってたところで発音的問題で通じなかっただろうし(笑)、中国人じゃなくても絵を書いたら通じるかもしれないし、国際交流では要は伝えようという気持ちだと思いました!(こんなまとめかたでいいのか?!)
36 わたしは、なじみのある漢字で表記される中国地名は日本語読みで統一するのがいいと思います。中国では日本の地名を中国語読みしていると聞いたことがありますし、長江のように中国語読みならばチャンチャンであるのに、日本語読みのちょうこうで定着してしまっているものが、かなり多くあります。現地の人の言葉の文化を尊重することも大事だと思いますが、漢字になじみがある分、今からこれを変えるのは難しいと思います。無理に変えれば混乱が起こるでしょう。
しかし、中国語以外の外国の地名は、現地読みで統一するのがいいと思います。中国語以外は、そもそも言葉のルーツが違い、まったくなじみが無いため、今からでも矯正することは可能だと思います。現地の読み方で覚えれば、現地の読み方はひとつしかないので、世界の広い範囲で通じるため、便利です。
37
38 (紙で提出)
「・・・現地音にして表記した方が良いと思うが、日本人に読みやすいように日本語読み表記にしても、中国の文化を軽んじる行為にはつながらないと思うため、特に問題はないと思う」
39
私はその例えの西安であっても、日本と中国で読み方が違っても良いと思います。
実際日本の事だって他国の人々は国によって読み方が違うしつづりも違います。
日本人にしか通じない読み方であったとしても、読みやすくなっているからその地名を覚える事が出来たりしてるのではないかと思います。世界史などではその国の歴史について学ぶということで読み方はその国の読み方の方が理解しやすいと思いました。 
 
40

私は、中国地名はそのまま現地の読みで表記するのが良いと思います。私だったら、自分の国の地名を他の国の言葉では読んでほしくないと思うからです。逆に中国の人に、日本の地名を中国語読みされたら、違和感があって私は少し嫌です。日本語の地名は日本語で認識していてほしいと思うし、おそらく他の国の人も同じように考えていると思います。歴史と地理で読み方が違うのは確かに不便ですが、それならばなおすべきなのは歴史のほうの読みなのではないかと私は思います。

1組 2組 3組 4組 5組
表紙