ジタプレ(自宅学習期間中のプレゼント)
中国地名の表記について思うこと
 1組 2組 3組 4組 5組
番号は便宜的なものです
2011年2月
クラス、番号が不明の人が4人います。未掲載の人、クラス・番号を書いて、再送信してください。
1 統一すべきか、しないべきか
僕は統一して欲しいです。2倍の量を覚えなければいけないということと、別に地理と世界史で読み方を区別する必要がない→むしろ関わりがあるのでリンクさせた方がいいのでは、と考えると統一して欲しいという風に思います。
現地読みすべきか、日本語読みすべきか
僕は現地読みにして欲しいです。なぜなら、その地域にはその地域の言葉から派生した読み方=伝統があるからです。それを昔から日本ではこう読んでるとか、こっちの方が読みやすいとかで日本語読みしては日本寄りというか、現地の文化を尊重すべきだと思います。教育上も現地の文化ん子供に覚えてもらいたいです。
しかしそれでも読みにくい言葉、例えばvとb、rとlなどは許容して読みやすくしてもいいと思います。また、海外に行ったときに通用する言葉を覚えたいです。

あんまり関係ないかもしれませんが、世界史のK先生は「リンカーン」を「リンカン」と読んでいます。1人でも、世界史の先生が現地読みを尊重しているという事実があるので、ますます現地読み統一してもらいたいと思いました。
2

CA寄り) 僕は今の時点において、日本語読みと現地読みを併記したほうが良いと思う。

しかし、どちらが推奨されるべきかというと、それは現地読みだろう。日本語読みで覚えていたら現地に行くもしくは現地からの人と話すときに全く役に立たないからである。また現地の人々のプライドもあるだろう。もし日本の地名が相手国の勝手な判断で全く違う発音で読まれていたら、決して良い気はしない。

なぜ日本語読みも併記したほうが良いかというと、現在の日本において中国の地名を日本語読みするという慣習が根強くのこっているからだ。現地読みだけだと、新しく覚える我々は良いが既に勉強して記憶が固定されている大人と話すときに混乱してしまうかもしれない。

だがこのままでは問題もでてくる。現地読みと日本語読みがどちらも書いてある場合、日本語読みのほうが覚え易いことが多いということだ。これに対しては「 シーアン(西安、せいあん) 」のように現地読み推奨だということを分かりやすくし、カタカナ表記にすることで漢字による混乱も避ける方法があるとおもう。また、教育現場でも主に現地読みで教えるなどの配慮が必要だろう。 

3 歴史と地理で中国の地名の読み方を統一させるというのには僕も大賛成です。問題は「現地読み」か「日本語読み」のどちらにするかです。先に結論を言うと僕は「日本語読み」に賛成です。なぜかというと、例えばアメリカの地名でも「l」と「r」を分けて扱っている訳でもないし、そもそも外国の発音の中には日本語では表記できない発音もあります。それなのに無理矢理日本語で表記しようとするとおかしな事になってしまいます。
その前に大前提としてここは日本です。確かに諸地域に行ったらその地域の発音で地名などを表現すべきですが、日本国内で教える分には日本語の発音で問題ないと思います。
以上の理由から地歴科も「日本語読み」で共通させた方がいいと思います。
4 C.どちらの表記でもよい
 表記はどちらでも良いと思います。といっても現地読み、日本語読みの両方を覚えるというのではなく、どちらか1つを覚えれば良いということです。僕達はまず、中国の地名に沢山触れ、覚えることが重要であり、新聞やメディアから発信される話題に対応していくことが大切だと思います。「グローバル化社会」よりも「情報社会」の方が今の僕達には身近であり、その情報に迅速に対応できるようにしていかなければならないからです。
 グローバル化を考えることは大切ですが、中国に行ったとしても大抵の人は観光目的であり、密接に関わっていく人は日本人の数%にしか満たないと思います。中国と関わりたいと思っている人は始めから現地読みの表記を覚えれば良いのであって、どちらかの表記を強制して覚えさせるべきではないというのも意見の1つです。
 そのため、地理や歴史のテストではどちらの表記でも良いというのが、僕としてはありがたいところです。
5
A現地読みにすべき

 僕は北京へ小大使として訪問しましたが、北京では英語での会話をたびたびしました。そこでは東京のことをTokyo、北京をBeijingと呼んでいました。つまり、英語では標準語読みです。これからは国際化社会と言われていることも考慮すればその現地での読みを尊重すべきであると思います。

 高校生が学習面で一方の表記に固定されて困るというのは努力次第でどうにかなるものです。しかしここで問題として、今の日本では「ぺきん」などという読み方が一般的であり、中国標準語の「Beijing」などという読み方では違和感を感じる、ということがありますが、これはメディアが意識すれば変わってくると思います。

 最大の問題点は、古来からの書物に残る現地の読みは日本語読みということです。こちらに関しては簡単には答えは出せないけれども、日常生活では現地読みに統一するべきだと現段階では考えています

6

率直な考えとして自分が考えることは、イメージとして地理はその土地の文化を学習するという学問で、歴史は歴史的に起こった事実を基にして歴史の概念をつかむ学問というイメージがあります。

 つまり、地理においてはその土地の文化を学習するため、現地の言葉を日本語読みにしてしまうのはその土地の文化を変えてしまっているように思えます。

逆に歴史に関しては、歴史的な事実に基づいて自分で考察するのですから、自分が抽象的に歴史を理解すれば良いため現地の言葉を自分の理解しやすいように日本語読みに変えてもかまわないと思います。

これが、歴史と地理の違いで、簡単に言うと地理はその土地の文化を具体的に理解するのに対し、歴史はその土地の文化を抽象的に理解するという違いから発生してしまう問題が課題に書かれている問題だと思います。

ここまでこの問題についての理解をしてきましたがこれに対する自分の考えを書きます。

自分は地理と歴史それぞれが独立した学問であり、それぞれに文化を持っていると考えます。仮に現地読み、日本語読みどちらかに統一してしまうと、具体的な見方、抽象的な見方、どちらかを否定することとなってしまうのでそこまでの文化を否定することになってしまいます。つまり、現地読みか日本語読み、どちらかへの統一は出来ないと考えます。

やはり1つの地名に対し、読み方が2つあると不便ですが1つに統一できない以上2つの読み方を存在させるほか無いと思います。

中国地名をどう表記するべきか?この問いに対し、中立的な意見となってしまいますが、自分は中国読み、日本語読みどちらとも表記する今の状態が一番だと考えます。

7 僕はこの夏、アジア青年の家に参加し、また、日中小大使で北京を訪れました。そこでアジアの青年たちと会話した実感から言えば、「現地読みを知っていたほうがよい!」と思います。彼らと政治、歴史を語り合うとき、地名や人名を避けては通れません。カタカナ発音でも現地読みを知っていれば、その国の人と会話がしやすいです。
また、現地読みは英語の発音にも近い場合が多いです。アメリカ人に「こきんとう」と言ってもほぼ通じませんが、「フーチンタオ」と言えば通じます。
海外と交流する上での利便性を考えれば、間違いなく現地読みがいいでしょう。

しかし!です。歴史で日本独自の読み方をするのにも意味はあると思います。読み方もまた、日本の伝統である場合があるからです。例えば、新羅、という国名は、韓国語だと「シルラ」ですが、日本では「しらぎ」と呼び慣わしています。この「しらぎ」はもともと「しらき」という読みで日本書紀にも登場する読みです。
1300年の伝統ある読みを、利便性だけの理由で廃棄してよいのか疑問が残ります。日本史で扱う際はなおさらです。
また、一説によると「しらぎ」の「しら」は、昔の新羅語に近く、これだけで「新羅」を意味するそうです。「き」は今は完全には残っていない百済語の流れをくむ言葉だそうで、城を意味するとか。
「しらぎ」とは「新羅城」、すなわち新羅の都を指す言葉だったらしいのです。
滅びた国の言語が今も息づく読みですし、廃止すれば日本の伝統的な読みが失われるでしょう。

ここは学生に努力してもらうということで、2つの読み方を併記する現在の方法がベストではないかと思います
8

A 日本語読みにするのと比べて、
@    (通じない場合はあるが、)現地でも使える。
A    @で現地の人に親近感を与えられる (親切にしてくれるかも)
B    なんかカッコいい。

これらに対して、覚えにくいという論もあるが、そういうものだと思えば、そこまで苦にはならないだろう。シュヴァルツヴァルトと同じようなもので、「まあ、仕方ないか」と思える。

9 B 中国地名の表記について、日本語的読み方で統一するべきだ、と思う。

もちろん、文化的背景を考えれば、当然現地読みをするのが最も妥当である。特に中国やその周辺地域については、日本が大戦期に強権的な支配を展開した場所である。その罪滅ぼしにというわけでもないし、文化は等しく尊重されるべきではあるが、中国の文化については最も繊細に扱わなくてはならないと思う。
しかし、なぜそうなったか、中国地名の読み方で現在の日本においてより汎用されるのは日本語的読み方である。我々学生にとって現地読みはかろうじて地理の授業で聞く程度である。日本語的読み方はかなり国民の間に深く根ざしている。それは今までの学校教育に負うところも多いはずだ。
 また、他の地域の地名に関しても、日本において、現地読みに完全に忠実であるとは言えない。英語の地名については、アクセントの区別、「V」と「B」の読み分けなどはしにくい。それ以外でも、アメリカ読みの影響を受けている地名(南アメリカなど)があり、それらを今から現地読みに変えようとしても混乱が生ずるだけのように思う。
 したがって、すでに広がっているものを変えて混乱を生むよりは、この際日本語的読み方にすべて統一する方が簡単である。現地読みは教養として知っておく程度で良いだろう。使う機会があまりないからだ。
10 中国の地名の読みは現地の発音に出来るだけ近づけるべきだと思う
理由は三つある。
まず、どちらか一方に統一しないと混乱が起きる可能性がある。
また、文字こそ同じではあるが中国語も外国語であり、それを日本式の発音に当てはめて読もうというのは間違っている。
そして今、日中間では領海や産業などにおいていくつか問題を抱えている。そのため、日本に対してマイナスの感情を抱いている中国人も多いだろう。そのような人々が「日本では、中国の地名を日本語読みしている」ということを知ったら、反日感情はより一層増すだろう。日中間の摩擦を減らすためにも、中国の地名は現地読みで統一すべきである。

以上の理由から、中国の地名は現地読みで表記すべきである。

個人的には、すでに受験生は二通りの言い方で慣れてしまっているので、別に今さらどうこうする必要は無いと思うけど……。
11 中国地名は、現地読みをすべきだと思います。

中国語は完全に漢字表記なので、全て日本語のような読み方に変えることができるのは確かです。
でも、中国語と日本語は同一ではなく、英語やフランス語のような外国語の関係にあることに変わりありません。
外国語を自国流の読み方で読むというのは、外国語になじもうとしていない、ということにもなると思います。

日本人の多くは、中国語を読むことができるという点から、英語やフランス語より親しみやすいと感じているようです。
しかし、言語は口に出すものなので、音声も含めて知っていなければ、その言語になじんでいるとは言えないと思います。

現在は中国語が重視されているので、もしかしたら、歴史の教科書やニュースもこれから中国語読みにシフトしていくのでは?
12 地名の読み方については、日本語読みで統一してほしいと思います。率直なところ、そのほうが楽だからです。
もちろん弊害はあるかと思います。先生が授業でおっしゃった通り、現地の人々にとっては日本語読みが不快であるかもしれないし、日本語で読んでも日本でしか通じない、などが代表的な問題点でしょう。
しかし、発音を現地の通りにした所で現地で通じるのでしょうか?僕は多くの場合ノーだと思います。日本語として発音できる音以外の舌の使い方があるかもしれないし、イントネーションも適当になるはずです。いわゆるカタカナ英語で「ウォーター」「コーヒー」と注文してもアメリカでは通じないのと似たような現象が起きるのではないでしょうか。
そうだとしたら、無理に現地の発音にすることは無駄なことなのではないか、とさえ思えてきます。人名などはもともとの音を尊重するべきかもしれませんが、地名まで現地音にするのはあまり意味がないのではないかと思います。加えて、日本語読みにすれば当然覚えやすくなります。これは日本の学生の知識・学力向上に少しでも貢献することなのではないでしょうか?
13
僕は、現地読みをする事に賛成です。
その理由は2つあります。
1つ目に、グローバル化が進むこの世界にあって、日本読みをしていては、情報を伝えることができないからです。
私達が将来、あるいはすぐ明日にでも外国人と接する機会はあるでしょう。その時、「北京にいきたい」と伝えられないのは大きな問題ではないでしょうか。
2つ目に、他者の尊重の問題があります。私達日本人は、ナショナリズムに欠ける、とよく言われますが、そのナショナリズムの欠如は万国共通ではありません。 日本人の感覚を世界中に適応させることは出来ないのです。
国に尽くすことを叩き込まれている国もあれば、戦争の末今の国土を手にした国もあります。その事情を、相手が何であろうと尊重しなくてはなりません。
これは、現地読みだけに関わらず、人と接する時の基本的マナーといえるでしょう。
14 結論から述べると現地読み、つまり中国表記のままで良いと思う。

それは何故かというと、中国だけに当てはまる話ではないのだが逆の立場で考えて日本でそれがあったら僕たちがどう思うか、という話ではないだろか。
日本を英語で言うと「JAPAN」である。これは定着しすぎかもしれないが、オリンピックなどでよく呼ばれる時に僕は違和感を感じる。僕はそこまでではないが「日本」呼びではないと嫌だという人ももしかしたらいるかもしれない。

そもそも「日本」という言葉自体意味があって付けられている。中国の地名だってそうだ。
その名前を付けた時の理由を無視して違う名前を付けたとしたらそれはその元の名前を少なくとも容認していなく、付けられた理由さえも否定していることになるのではないだろうか

また、現地で日本表記の中国地名を言っても中国の人は理解できないだろう。
やはりそう考えると、現地読みの方が理由やその地名の「意思」といったものを尊重しているのではないだろうか。
15 通常、カタカナというのは外来語でよく使われる。そのことから地理では、中国地名を現地音に忠実にして現地の文化や考え方を尊重しているのだと思う。一方、歴史ではほとんどの場合、日本を主観として学ぶことが多いためカタカナでなくひらがな表記が使われているのだと思う。
 また、現在中国で使われている音を使うことで現地に行ったときにそのままの発音で通じ、話せることができる。逆に歴史の場合では当時の正確な音を知ることは困難なため日本風にしていると思う。
 外国地名全般についても同様に、その地方の文化や考え方を尊重し、現地音に忠実な表記になっていると思う。
16
17 A.現地語読みがいいと思う。

 僕は地名というのはその地域、国が代々その名前で呼んできた伝統や歴史を現しているものだと思う。だから、軽々しく日本語読みで日本人の都合の良いように読み方を変えるのは、その地域で暮らしている人々にとって失礼極まりない行為ではないかと思う。
 例えば「南京」という地名がある。この都市は日中戦争中に日本兵が大虐殺を行った都市だ。中国人からしてみればこの出来事は彼らの心に大きな爪痕として残っていることだと思う。日本ではその出来事を「なんきん大虐殺」と呼んでいるが、現地読みでは南京をナンジンと呼んでいることからしてその日本語読みは中国人からすると少し不満が残るのではないだろ
うか。現地読みに忠実に読まなければこのような歴史上の悲惨な出来事にも間違った解釈が生まれてくる。
 そういった誤解を生まないためにも、僕は現地語読みを徹底すべきだと思う。
18
19
A
中国語を、日本語読みしてしまうのは、見方によっては、日本人が中国文化を否定し、自分たちの都合がいいようにねじ曲げているように見える。
でも良く考えたら、日本人の名前は、中国では中国語読みされている。だから、お互いを尊重する、とかそういう観点では、お互い様といえばそうなのだと僕は考える。
 
つまり、目を向けるべきは、日本語読みと中国語読みどちらが有益かということだ。例を出すと四川は、しせん、と、スーツゥァンと大きく違っている。日本人の感覚では、前者のほうが覚えやすいが、もし、外国に行くとき、正しい発音をしなければならなくなったとき、前者の覚え方をしていた人は痛い目を見ることにな る。実用性や、将来性、また今後の中国との関係を考えると(いわゆるご機嫌取りだが)、教育は、大変だが、現地読みでされるべきである。
 
ただ、教え方に工夫をすべきだ。たとえば、小さい頃、カボチャという言葉を知って、大人になって南瓜という当て字をしるように、幼い頃はカタカナで、シーアン、と覚え、成長したら、西安という漢字を習わす、とか、
現地音で、覚える負担を増やす代わりにそれを和らげる工夫は、してあげるべきである。
 
20 A 自分は地理においても世界史においても現地での読み方を用いた方が良いと思う。
中国に無数とある地名を各々2パターン覚えなければいけないのは学生にとって苦痛であり、どちらかの読み方にしぼりたい。そこで、どちらの読み方が良いのかを考える。
世界的に使用率の低く、外国人に伝わりにくい日本語の読み方をわざわざ用いる必要はなく、現地読みの方が国際的な場で活きてくるのではないか。
また、その国々特有の文化や言語を大切にするという観点でも現地での読み方に一本化した方が良いだろう。
1組 2組 3組 4組 5組
21
22

A 私は現地読みでの表記に統一したほうがいいと思います。

 日本語読みにすると中国の文化を尊重していないためトラブルになりかねないし、日本人しか通用しない読み方でこの先続けていっても(GDP3になっちゃいましたし)なんのメリットもないように思うからです。また地理と世界史で読み方が変わるのは、生徒の立場からいうとまどろっこしくて面倒です。現地読みで統一したほうが覚える際に楽だし記憶に残りやすいと思います。確かに「九州」と書かれれば「キュウシュウ」と読みたくなりますが、「ジョウヂョウ」という中国ならではの読み方があるならば、日本式に読むのはおかしいと思います。これからは現地の人の言葉に合わせて、お互いの文化を尊重すべきだと思います

23 A,現地読みに賛成だ。

なぜなら、日本語読みだと、日本という狭い世界でしか通用しない。また、現地音でしか伝わらない独自の雰囲気やイメージ、ニュアンスが薄くなってしまうからだ。

 例えばメキシコでは、日本を「ハポン」と呼ぶらしいが、それは私にはしっくりこない。まるで、日本が日本でないように認識されている、という違和感や不安を感じるからだ。中国人してみれば「北京」は「ペキン」なのに、何故その他の地名や人名は日本語読みされなきゃいけないんだ?納得できない。と思っているに違いない。

  また、観点がズレてしまうかもしれないが、中国はいわゆる自国中心主義国だ。今、関係が微妙になりつつあり、中国をもちあげたい日本にとっては、なおさら中国音を尊重すべきで、やたらに読みを日本風に巻き込むべきでないと思う。

  さらに、私的なことだが、中学受験の際、人名・地名を現地読みで覚えさせられたので(数少ないが)今さら日本語読みに修正したくない。
24 A、現地読みに賛成する。
 私は中国とその他の国を区別して考えることはおかしいと思う。日本と中国が言語において同じ文字を使っているからとはいえ、それは中国の言葉でしかなく日本人が読みやすいように無理矢理変えてしまうのは、間違った行為であるのではないか。
 中国の地名も漢字を使っていない国と同じように現地音で読むほうが、文字だけでは伝わらない部分についても知ることができる。また、日本語に戻した読み方をわざわざ覚えてもそれはあくまで日本語でしかなく無駄なことだと思う。とくに人名などを日本語で読むことは、そもそも倫理的に適性なのかと思ってしまう。わたしだったら中国に行って違う読み方で呼ばれたりなんかしたら不快に思うだろう。日本語読みで人名を学ぶことはその人をあだ名で覚えることととても近いような気がするくらい意味のないことだと思う。急成長を迎えている中国であること考えると、どうせ覚えるのだったら現地音に合わせるほうが後々役に立つのではないか。
25 現地表記の方が良いと思う。
理由としては、
@日本語表記だと日本でしか通用しない。国際化が進んでいることを考えれると、日本でしか通用しない読み方を覚えるよりも意味がある。仮に漢字を忘れたとしても雰囲気は伝わると思うし、中国が世界で発展している今、中国語に少しでもふれる良い機会だと思う。
A地名にはそれぞれの国の歴史が詰まっていると思うので、それを勝手に違う読み方にしていいとは思わない。国によって、歴史やその場所の意義なども違ってくるはずだから、それはやはり中国にかぎらずそれぞれ自国の発音を尊重したほうが良いと思う。
B中国地名は漢字で表記してあるので、読む時に中国読みか日本読みのどちらで読んだらいいか迷ってしまう。(例:西安→シーアンorセイアン)また、中国地名の漢字(人名も)は簡単なのもあるが、難しいのも沢山あるので、テストを受けたり覚えたりする側としては、現地読みをカタカナ表記にしてもらえると有り難い。

以上の3つが挙げられる。

最後に、発音やイントネーションまで現地読みに近づくことができるとは思わないが、同じ漢字のある文化だからといって、他の英語圏の国と区別しないほうが良いと思った。
26 私は地名の読み方は統一するべきだと思う。
なぜならひとえに私達が覚えるのが大変だからだ。

地名はよく使うわけだし、社会においても聞くから、やはり現地読みを優先するべきであり、私は地理派だ。
中国にこれから死ぬまでには行くだろうし、その時にヒアリングでわからないと不便。

日本人に合わせて日本語読みするよりも、世界に合わせて、現地読みにした方がよい。


ここで中国の歴史上の人物について考える。人物名は日本ではめったにみないような漢字が使われることがよくある。日本語読みでもよくわからないのに、カタカナ読みはさっぱりである。
自分勝手なことを言っているのは自覚しているが、率直な意見をいえば、世界史の人物名は日本語読みでお願いしたい。

他に…
英名と日本名では違う国がある。
例えばイギリスとか韓国、中国、など。
まぁ定着してしまっているから慣れないだろうが、それも統一できたらいいと思う。
外国にいった時に
「イギリス、中国」と言って伝わらないのはめんどくさい。
27 先生からの読みの課題内容は今まで考えたこともなかったが、とても興味深く新鮮に感じた。基本的には日本風の読み、西安(せいあん)、長春(ちょんしゅん)の方が覚えやすいと思う。中国読みでは特に広州(こわんちょう)、天津(てぃえんちん)等覚えにくいものがある。けれどよく使われる北京(ぺきん)、上海(しゃんはい)、香港(ほんこん)は中国読みそのままで覚えやすい。山川出版社の世界史Bの教科書ではその3つの地名や南京(なんきん)、寧波(にんぽー)等は中国読みで福州(ふくしゅう)湖南(になん)等は日本風の読みになっている。歴史でも一般に広く使われる中国読みの地名はのものもあるのだと思った。歴史では地名の入る〜条約等長めの言葉や江沢民(こうたくみん)等の人名、また年代により地名が変わる場合もあるから、それらは覚えやすいように日本風の読みになっているのかもしれないと思った。歴史の方が日本語風の読みを中心に世界を見ていると感じた。地理は地図等でその国で呼ばれている地名そのものを大事にしている気がする。その国の言葉で読むことはその国の地名を尊重することだからとてもいい事だと思った。地理、歴史で読み方が違うが、グローバルな時代には両方の読み方を知りたいと思った。

外国地名について

北朝鮮、韓国の場合も一般的に使われる韓国地名釜山(プサン)は地理歴史で朝鮮読みで使われるが、平壌(へいじょう、ピョンヤン)、光州(こうしゅう、クワンジュ)は歴史は日本風、地理は朝鮮読みだ。韓国ブームが続いているから、よく聞く朝鮮風の読みが一般火するかもしれないと思った。
インドではベナレス(英語読み)とバナーラシー(インド読み)、カルカッタ(英語読み)とコルカタ(インド読み)
イタリアではフローレンス(英語読み)とフィレンツェ(イタリア読み)、ベニス(英語読み)とベネチア(イタリア読み)
等があり、地理ではその国の語で読み、歴史では英語読みが多い。英語の力は強いがその国の言葉の方がその国で使われるから、尊重できていいように感じた。地名にはアレキサンダー大王が行った所は、その他での彼の名(エジプトではアレキサンドリア、アフガニスタンではカンダハル等)その国の言葉でついている。地名の由来は面白いなと思った。
28 A.中国地名は現地読みにするべきだと思う。

日本の中でしか通じない日本語読みより、多少でも現地語に近い読み方の方が国際的に通用しやすく便利なのではないか。さらに、日中間の歴史から中国の人々の感情をおもんぱかると、無闇に日本語読みを使わない方が良いと思う。

中国以外の国々の地名表記では基本的に日本語読みはしない。中国地名もこれと同じようにとらえ、テストにおいて漢字ではなくカタカナ表記でも良しとすれば、覚える側にもさしたる苦労はないだろう。これまで私が使った歴史の教科書は、日本語読みと中国語読みの振り仮名が併記されているものがほとんどだった。歴史においても現地読みを尊重する風潮になっているのではないかと思う。

しかし、個人的に「中国(中華人民共和国)」、「台湾」などの国名は日本語読み
のままにしてほしい。「ちゅうごく」という呼び方は日本で強く定着していると私は思うし、これだけは変えられることに強い抵抗を感じる。
29
中国地名の表記については、現地読みで統一すべきだと思います。
 
 なぜなら、日本語読みをした場合、日本人に対してしか通用しませんが、現地読みをした場合、それよりも広い範囲で通用するからです。中国地名は漢字で表記されており、日本語で日本風に読めてしまうので、こちらの方が私たちが学ぶときに簡単ではあります。しかし、一度現地読みを覚えてしまえば、前記の通り、より多くの人に通じるので、より有益なのであると言えます。
 
 また、中国地名に限ったことではない上、少し話題もずれることと思いますが、ある国の国名や都市名は現地読みが他国でも普及していて、現地読みが通じるのに、ある国のものは、たとえば英語読みや、その他の現地読みでない読み方が普及していて、現地読みが通じない、ということがあります。たとえば、「アメリカ」は現地読みの通りの呼び方ですが、すぐ南に位置する国の、「メキシコ」という呼び方は、現地読みではなく、英語風の呼び方です。
 
 このような呼び方の違いには、歴史的経緯がある場合ももちろんありますが、その国(呼ばれる国)自身の国際社会におけるステータスが関係している場合もあるように、私見ですが思いました。この場合にはつまり、無意識のうちにその国を軽んじ、他の有力な国になびいている側面があると言えるのではないのでしょうか。授業のプリントで紹介されていた、ラテンアメリカの国々について顕著であるように思いました。
 
 なので、偏りを避け、世界中の全ての国を平等にみなすという意味でも、地名については、現地読みで統一していくべきだと思います。
30  A,現地読みがよい、そして現地読みに統一するべきだと思います。
まず、現地読みの方が現地の雰囲気が感じられます。日本語読みだと感じられない、その国ならではの独特な音を知ることが出来ますし、その独特な音の共通性が少しでも分かれば、大体どこの国のものなのかの検討がつきます。日本語読みだとそれが分かりません。
またもし日本語読みで学習してしまった場合、現地でその言葉は通用せず、もう一度覚えなおさなければなりません。日本語読みといっても漢字やひらがなではなく、カタカナで忠実にその音に似た表記さえすれば、日本人は覚えるのは大変かもしれませんが、現地の人との交流はとてもしやすくなると思います。
地理で読み方を統一するのであれば、勿論世界史でも統一が必要です。

外国地名全般に関しては、例えばイタリアの「ベニス」と「ヴェニス」のように、現地読みでも二つの表記の仕方があります。このような場合も、音に一番忠実なものにするのか、出来るだけ表記も複雑にならないようにするのかなど・・・一つの音の表記の仕方にも統一が必要だと感じました。
31 日本語読みと現地読みの両方を用いるべきだと思います。
個人的には日本語読みの方がありがたいですが、歴史的背景を考えると日本人の動向に敏感な中国人もいると思うので、地理では現地読みを用いるべきです。実際の北京の発音はペキンではなく主にぺイチン(ベイジン)だったりと、今使われている現地読みでも実際の発音と異なる例もありますが、現地読みに近づけるという姿勢を示すことが大事ではないでしょうか。
しかし、昔中国から日本へ伝わったあとに中国本土で発音が変化したという事例もあるそうなので、現在のの現地読みを無理やり世界史にも用いることが一概に良いとは言えないと思います。日本語読みを用いることそのものがこれまでの日中の歴史を学ぶことにも繋がるので、世界史(または日本史?)では日本語読みを扱うべきだと思います。
32 現地読みに統一するべきだと思う。

その理由の1つとしては外国の地名は現地読みに統一する方が便利であること。地理と歴史でいちいち読み方を区別しなければならないのは面倒だし、日本語読みに統一してしまうとその言葉は日本人にしか通じず現地に行っても通じなくなってしまう。日本でしか通じない読み方よりは世界で通じる読み方の方が良い。
また、自分の名前が他の国で全く違う読み方をされていたらあまり良い気はしない。東京のことを中国では「ドンジン」と呼んでいるそうなのだが、「トウキョウ」と聞いた時と受ける印象が変わってしまうと思う。

このような理由から私は現地読みに統一すべきだと思う。
33 私は、中国語の地名は中国語読みするべきだと思います。

理由は2つあります。
1つめは、その方が便利だからです。日本人には日本語の読みの方が読みやすいし、慣れているかもしれませんが、中国語の地名で覚えてしまえば中国でも使えます。私達が英語を学んでいるのは世界の人々とコミュニケーションをとるためですが、実際は中国語のネイティブスピーカーが世界で一番多いのです。世界の1/5を占めているのですから中国語が世界の標準語になる日がくるかもしれません。そうなれば中国語の地名で覚えることの価値はもっと上がるでしょう。

2番目は、中国の国際的な地位が上がってきているからです。近年の中国の経済成長は著しく、中国との関係の良し悪しは日本の未来に関わってくる時代です。中国人とは仲良くしておいたほうがビジネスで有利だから、中国語に慣れていた方がいいと思いました。

そもそも「日本語の漢字」と「中国語」の漢字は違うものだと思います。だから、「中国語の漢字」で表記されたものを日本語で読むのは、英語の地名を日本語に翻訳して読んでいるようなものです。それはおかしいと思います。

だから私は中国語読みに統一するのが合理的だと思います。
34 私は、現地読みにしたほうが良いと思います。
“英単語の意味を知る時に英英辞典を使うのは、日本語ではその意味表せないから”ということと同様に、現地読みでなければ表す地名そのものが同じであっても、伝わるニュアンスが変わってしまうと思います。
その地名の故郷にとって、元々あったニュアンスが変わってしまえば不快ではないでしょうか。元となる現地読みが尊重されるべきだと思います。
35 私は、教科書では現地読みを記すべきだと思う。

日本語読みを覚えたところで、それが通じるのは日本国内のみで、外国人には通じない。地理や世界史の教科を学ぶことの意義の1つは、日本という狭い島国から海外へ飛び出したときに、そこで通用するための(外国人にとっての)基礎知識を身につけることだと私は考えるから、日本語読みで学ぶ地理・歴史はほとんど意味がないと思う。(言い過ぎだが)

しかし一般的に現地読みで統一するべきでもない。あくまでも教科としての学習の上では現地読みに統一すべき、というのが私の主張だ。これは日常生活にはあてはまらない。例えば私の好きな洋楽歌手にAvril Lavigne という歌手がいる。カタカナ語表記としては一般的にはアヴリル・ラヴィーンと記されることが多いが。このカタカナ語でさえ、初めて耳にする人にはなかなか聴きとってもらえない。

日本人は普段「ヴ」の発音を多用しないから、聴きなれないのだ。やはり、民族によって使い慣れた文字があるようにそれは発音においても同様だ。だから親しみを持ってもらうには、覚えてもらうにはなるべく聴きなれた音を使った方がよい。前述の例、Avril Lavigneにおいても「アブリルだよ」と言った方が覚えてもらいやすかった。一般生活ならば、はじめはたとえ実際と大きく違っていたとしても、聞きやすい・言いやすい言葉でおぼえればいいのだと思う。本当にファンになった時に自分で調べて正しい表記・読みを習得すればいいのだ。たとえ外国人と話している時に間違った発音で話してしまっても、他の情報(前述の例なら、「女性ロック歌手」や「カナダ出身」やヒット曲のことなど)を伝えれば(相手が知っていれば)必ずや分かってもらえるだろうし、間違った読み方をしていたことも笑って済ませてもらえるだろう。

だが歴史問題などはそうはいかない。もし日本の占領した地域の地名を(その国の人と話しているときに)間違えて読んでしまったら、外交問題に発展しかねない。
軽く間違えられる名前と軽く間違えられない名前があると思う。覚えるべきことはたとえ覚えにくくても覚えなければいけない、それは私達の責任だと思う。
36 A.現地読みに賛成です。

たくさんの地名を覚えなければいけない学生としての立場から考えると、出来れば読みやすく、覚えやすい日本語読みに統一してもらいたいところです。

しかし、日本国外に行った場合、日本語読みでは伝わりません。日本語読みでは、日本語を母語とする人にしかその地名を使うことはできなくなってしまいます。それはとても不便なことであるので、せっかく覚えるなら出来るだけ多くの人とわかりあえる読み方のほうがよいと考えました。

また、逆に、日本の地名が外国で現地読みとは違った読み方をされていたら、違和感を感じてしまいます。それと同じことが他の国の地名にもいえるはずで、どの国の人も少なからず、現地読みの発音にこだわりないしは誇りを持っているのではないかと思います。よって、出来るだけ現地の発音に近い読み方をすることが、相手の国の文化を尊重することであり、また自国の文化を守ることにもつながると思います。
37
多くの人が歴史・地理で呼び方を統一するべきだと考えるだろうが、私は現行通り歴史は日本読み、地理は現地呼びで表記すべきだと思います。もちろん学生は大変ですが…まずなぜ歴史は日本読みがいいというかというと、日本読みのほうがより当時の日本人の読み方に近いからです。当時の雰囲気もつかめるかもしれないし、より学習が深くできると思うからです。そうはいっても、当時は支那などの差別的な言葉もあったので、それは必ず違う読み方をすべきです。そしてなぜ地理が現地呼びがいいかというと、そちらのほうがより今の中国人の読み方に近いからです。私は地理とは現代につながる、実用的な教科だと考えます。よって、日本読みでは世界に通じないので現地呼びにすべきだと思いました1つの地域を二つの呼び方で呼べたほうが楽しいしかっこいいと思いませんか?
38 中国の地名は、現地読みにするべきだと思う。
中国の経済発展が著しい今、私たち日本人が彼らと交流する機会はこれからさらに増えていくと予想できる。その時に相手国の地名を日本語読みしても、きっと通じない。
また、中国はかつて日本により多大な被害を受けた国であるから、自国の地名を日本式によばれることはあまり好まれないと思う。              
日本でも、もし「東京」「千葉」などが漢字で表されているからといって話すときに相手が母国語式によんだら、かなりの違和感を感じるだろうし、多分通じない。人によっては、不快感を覚える人もいるかもしれない。                            
他の(特に日本でカタカナで表記されるような)外国地名全般についてだが、現在国際的に使われている言語は英語なので、国際交流を重要視する場合まずは英語名を覚えるべきである。そうすれば、大抵はなんとか通じると思う。  
漢字である中国の地名についての意見と違ってしまうが、カタカナ表記の地名の現地読みは、日本での読み方や英語名を覚える際に参考として扱うと良いと思う
39
B 日本語読みにすべき
 まず、世界史と地理とで地名の読みが異なるのは学生としては混乱するため避けてほしい!
 今はグローバルの時代だから、世界に通用するために現地音読みで統一すべきだという意見もあるが、現地音読みに忠実に"カタカナ"で表記したところで、結局それは日本語になってしまうと私は思う。
 中国語は英語等とは違って漢字だから、何と無く読めて親しみがわいたりもする。しかし実際は英語と何も変わらない外国語であり、その読みを日本語で忠実に表現しようとしても完璧に表現できるはずは無く、それは所詮日本語でしかないだろう。それを覚えたところで果たして現地の人に通じるのかどうか。私は通じないと思う。それならば、せっかく覚えたカタカナの現地音読みの地名は意味が無いのではないか。
 地理や世界史を学ぶ者にとっては、地名はまず"覚える"ことが最優先なのであろうから、私達の覚えやすいように漢字表記の日本語読みでいいと思う。そして、ビジネス等で実際に中国に行くときに、現地音読みを覚えればいいのではないかと思う。
40 中国地名は現地音に忠実に表記されるべきだと思う。

漢字は日本が中国から貰ってきたものであるし、読みも日本が変化させている。そのため地名だけ日本読みにするのは変だと思った。
また、現地に行ったときに現地音で覚えておけば、そのまま呼ぶことができる。新たに覚え直すことをせずに済むし、相手国の文化を知ることもできるのが良いと思う。これは、中国に限らずカタカナで読んでいる外国の地名にもいうことができる。
反対に日本の地名を中国では日本読みしているのだろうか。もし日本読みされていないのならば、日本読みして欲しいと思う。それによって何かが変わるという訳ではないが気持ちは良い。

ここでカタカナ表記の地名について考えると、表記を考えた時中国の地名とは違い表記そのものは異なる。そのため、中国とは違い、逆にカタカナで現地音を表記しやすいのではないだろうか。アメリカ、カナダの様にそのようになっているものと、イギリス(England)のように現地音と遠いものがある。この様な時はイギリスをイングランドと呼ぶ、というように変えた方が良いと私は考えた。

今までは正直何も考えずに、地名も読みやすいように読んでいたけれど、考えてみたら面白いと思った。
1組 2組 3組 4組 5組
表紙