日暮里富士見坂からの富士山(隙間富士)
2020年8月16日
2013年6月、マンション建設により富士山の大半が見えなくなってしまった。現在「隙間富士」として見ているのは、山頂のどのピークなのかを示すための資料である。
2013年1月29日
カシミール3DによるCGとの合成
 2013年1月29日に撮影した写真に、2020年1月20日撮影の写真を透過率を変えて重ねたもの。
  上でも述べているが、2020年1月20日撮影の写真を重ねている。 
隙間富士から見えている山頂のピークは、成就岳である。但し、この成就岳は従来から言われてきた成就岳であり、富士山本宮浅間大社が2014年頃から急に朝日岳と呼ぶようになったものではない。山頂ピークの混乱については、こちらを参照。
なお左側の斜面は、富士宮口登山道八合目(標高3234m付近)が見えている。
田代博のホームページ