スイスアルプスツアー概要
日程説明は旅行会社の資料より 適宜加筆
出発2019年7月23日 帰国8月1日
2019年9月
スイス周辺地図1
スイス周辺地図2  ■が宿泊地
グーグルマップ使用。赤字はGNSSデータ。カシミール3Dで読み込んだあと、グーグルマップ用に調整。取得できていない箇所がある。読み込みにあたっては、自分で作成したサイトが役に立った(^_^)。5MB以上は読み込めないが、「レイヤーを追加」で対応可能。一度に読み込むファイルを5MB未満にしておけばよい。
1日目 7月23日
12:35 東京(羽田)出発。

17:15 ミュンヘン着後、ホテルへ19:00。
2日目 7月24日
08:00 ホテル発。
一路、ザンクトガレンへ(約226km、約4時間)。
着後、《ザンクトガレン観光》(1時間)(【世界遺産】◎修道院付属図書館、◎大聖堂)。
一路、マイエンフェルトへ(約100km、約2時間)。
着後、ハイジの里《マイエンフェルト観光》(1時間)(○ハイジの泉、○ハイジの家)。

一路、サンモリッツへ(約105km、約2時間15分)。
20:00 ホテル着。
3日目 7月25日
08:30 ホテル発。
【絶景列車(1)/世界遺産(1)】▲≪ベルニナ線(2等車)≫全線乗車!(サンモリッツ〜ティラノ間)(約2時間30分)。

一路、ベルニナ・ディアボレッツァへ(約45km、約1時間)。
<アルプス5大名峰(1)>≪ピッツベルニナ観光≫(1時間)(ディアボレッツァ展望台)。パノラマ
モルテラッチ氷河に激迫りハイキング」
一路、サンモリッツへ(約15km、約30分)。
19:00〜20:00 ホテル着(連泊)。
FBの記載
【3日目】サンモリッツ発 レーティッシュ鉄道ベルニナ線 ティラノまで。ループ橋通過。
バスで戻り、ディアボレッツァ展望台へ(ロープウェイ利用) 大展望()。
その後、モルテラッチ氷河手前までハイキング。
サンモリッツ泊。
ベルニナアルプスを間近にしっかり見ることができたのは大収穫でした。
4日目 7月26日
06:30〜09:30 ホテル発。
【絶景列車(2)】▲≪氷河特急(2等車)≫にてクールへ(1時間)

着後、サースフェーへ(約207km、約3時間45分)。
<アルプス5大名峰(2)>≪ミシャベルアルプス観光≫(1時間)
一路、テーシュへ(約50km、約1時間)。
着後、シャトル列車にてツェルマットへ(約10分)。
16:30〜19:30 ホテル着。ラクレット
5日目 7月27日 概要(途中まで)
早朝 ホテル発。
≪早朝ケーブルカーにて◎スネガ展望台より朝焼けマッターホルン観賞≫
**ライ湖から逆さ朝焼けのマッターホルン。成らず(^_^;)。
その後、一旦ホテルに戻り朝食を。
<アルプス5大名峰(3)>≪マッターホルン観光≫(2時間)
【絶景列車(3)】≪▲ゴルナーグラート鉄道≫にて(◎ゴルナーグラート展望台)へ。「ヴィスコープ」発見!(添乗員さんが説明)
360度パノラマ(CGによる山名付き)

下山後自由行動
(連泊) チーズフォンデュ
FBの記載
【5日目】ツェルマット。早朝スネガ展望台 ライ湖から逆さ朝焼けのマッターホルン観察(残念ながら朝焼けにはならず)。
朝食後、ゴルナーグラート鉄道でゴルナーグラート展望台へ。下山途中、一部トレッキング。氷河地形や高山植物の観察。下山後自由行動(貴重な時間())。マッターホルン博物館など見学。(ツェルマット泊)
6日目 7月28日
08:00 ツェルマットホテル発。
一路、シャトル列車にてテーシュへ(約10分)。
着後、シャモニーへ(約145km、約3時間)。(シャモニー−ヴェンゲンまではこちら
<アルプス5大名峰(4)>≪モンブラン観光≫(2時間)
▲ロープウェイにて(◎エギーユ・ドゥ・ミディ展望台)(3,842m)へ。無展望。

一路、ベルンへ(約190km、約2時間45分)。
着後、【世界遺産(2)】ベルン観光(ベルンの街並みをご覧頂ける○バラ園)(30分)。
一路、ユングフラウ地方へ(約62km、約1時間15分)。
20:30 ヴェンゲン ホテル着。
7日目 7月29日
08:00 ヴェンゲン ホテル発。
<アルプス5大名峰(5)>≪ユングフラウ観光≫(4時間30分)【絶景列車(4)】▲≪ユングフラウ鉄道≫にてヨーロッパで一番標高が高い鉄道駅ユングフラウヨッホ駅へ。(◎ユングフラウヨッホ・スフィンクス展望台(3,571m))
「間近に迫るアイガー北壁を望むハイキング」 高山植物

下山後自由行動
 トリュンメルバッハ滝
 
(連泊)
FBの記載
【7日目】ユングフラウ鉄道でヨーロッパで一番標高が高い鉄道駅ユングフラウヨッホ駅へ。ユングフラウヨッホ・スフィンクス展望台(3,571m))。途中からガスを抜け、久々文句なしの大展望。眼下に雲海。下山時に一駅分ハイキング。高山植物を堪能。山岳展望は、雲海の中(ガスの中)なのでダメ。
午後は自由行動。ドイツ在住のパソコン通信時代の知人と20年ぶりに再会(彼がスイスまで来てくれる)。トリュンメルバッハの滝(大迫力。検索してください)などを案内してもらう。今日も充実の一日(ヴェンゲン泊)。
8日目 7月30日
08:15 ホテル発。
一路、ブリエンツへ(約38km、約1時間)。
【絶景列車(5)】≪ロートホルンSL鉄道≫にて(◎ブリエンツロートホルン展望台)へ。大展望

一路、ルツェルンへ(約46km、約1時間30分)。
着後、旧市街の歴史的建造物で美しく彩られた「水の都」≪ルツェルン観光≫(1時間)(○カペル橋、○旧市街)。
一路、チューリッヒへ(約55km、約1時間)。
着後、スイス最大の都市≪チューリッヒ観光≫(1時間)(○バーンホフ通り、○リンデンホフの丘からチューリヒの街並み)。
19:30 チューリッヒ ホテル着。
9日目 7月31日
08:30 ホテル発。
一路、ミュンヘンへ(約318km、約5時間)。

16:40 ミュンヘン発
空路、≪ルフトハンザドイツ航空直行便≫にて帰国の途へ。(機中泊)
10日目 8月1日
10:50 東京(羽田)着。
表紙