富士市吉原 フィールドワーク
2014年8月15日
2014年8月
ルートマップ(カシミールの地図を使用)
吉原駅南口の案内板。
経年劣化しているため、富士市に改善の要望を出しました。対応する旨の返事がありました。
鈴川の富士塚
鈴川港公園
津波避難タワー
岳南鉄道に少しだけ乗りました。吉原−吉原本町
当日は全く駄目でしたが、このように富士山ビュースポットの表示があります。逆に言えば間近でも見えるポイントが少ないということなのですね。
硬券です
吉原本町
吉原の商店街は、電線は地中化されています。ただ、富士山が見えるところはごく僅かだそうです。
目的に一つがこの「東海道表富士」
ご主人(右)と同級生。この方も富士市の情報を発信しています。
カシワギというと山梨のネクタイなどを作る会社ですが、静岡バージョンも出しているというので、1点求めました。
宝永山とお茶の葉が特徴です。宝永山がどこにあるか、お分かりでしょうか。
富士宮ではなく、「富士山やきそば」があるのです。
もう一つ行きたかったのが、つけナポリタンのお店。
元祖がこの喫茶店「アドニス」
40分程度の待ち時間だったので、まだ良かったのかもしれません。
左富士も見たかったところです。色々あります。これは信号
踏切を渡ったこの位置からなら、信号と、正面から見た電車が撮れたのですが、後の祭り。リサーチ不足でした。
カラーのマンホールの蓋もあるそうですが、今回は見つけられず。
道路に標識あり
左富士橋です
左富士神社も。ただし、こちらは説明はなし
吉原駅まであとちょっと
いつからある建物だろう?
吉原駅北口。無事終了
吉原駅ホームより。こんなに近くても、見ることができませんでした!
表紙