静岡県から見る富士山(原稿・工事中)
2011年3月
 静岡県は山梨県と並び富士山の南半分を持っており、県章にも富士山とはっきりわかる形で用いられています(山梨県は周囲が富士山と武田菱ということになっていますが、にわかにはわかりません)。2009年には「富士山の日条例」(「第2条 富士山の日は、2月23日とする」)を定めるなど、行政としても並々ならぬ力をいれて富士山を話題にしています(ちなみに、2月23日を「富士山の日」と最初に公にアピールしたのは私が代表をつとめる「山の展望と地図のフォーラム」で、1996年元旦にネットで宣言しました)。
 静岡県も平野部は気象庁の区分をもとに4つの地域にわけ、南アルプスなどの山岳地帯は別に考えて見ていきましょう。

*伊豆半島
 伊豆半島は北半分は可視域です。西海岸は南部の地域でも海岸部を中心に可能です。南部の特に東海岸は天城連山により隠されてしまいます。達磨山や金冠山からは右裾半分は愛鷹山と重なります。達磨山からの富士山の写真は、1939年にニューヨークで開かれた万国博覧会に、縦8m×横33mの大パノラマとして出展されました。日本を代表する富士山の景観がここからだったのです。誉めすぎになるか?
 西海岸の戸(へ)田(だ)(沼津市)からの富士山を銭湯のペンキ絵のようだと言った知人がいますが、それほど日本人の琴線にふれる風景ではあります。恋人岬(伊豆市)の金の鐘の横には「メガネ記念碑」があり、穴の中から富士山を覗くことができます(トンネル富士)。
 ここを紹介したあるホームページは、「西伊豆から見た富士山はこのよう・・・富士山右側が凹んでいて被る雪も若干右下がり気味なのが特徴です」と書いています。また秋の山頂部だけ冠雪した写真を載せて「・・・瑞々しい程白く綺麗なんだけど、「もう少し雪があの辺まで・・・」と誰もが口を出したくなる程に見た人に不満を与える期間でもありますね」と面白い説明を載せています(http://bit.ly/emSzoH)。←カット可
 南端部は天城連山などに隠され見えないと思ったら幾つかもポイントがあります。二十六夜山(311m)、平氏ヶ岳(270m)、高根山(343m)、寝姿山(200m)などです。ロープウェイでも上れる下田市の観光名所でもある寝姿山は、ロープウェイ山頂駅の愛染堂裏から、消え富士的にギリギリ見えます。

*東部(岳南地方など)
 富士山が見えすぎて当たり前の地域です。あえて変わった特徴をあげましょう。
 まずは宝永山です。この地域からは、山体に穴をあけた宝永山の火口が目を引きます。三島出身の学生に、大きな口を開けたみたいで変じゃないですかと尋ねたら、あれがあるから富士山でしょ、と強く言われてしまいました。
 愛鷹山による非可視域の存在も特徴です。これは鉄道や道路で体験できます。東海道の在来線は距離が離れているため影響を受けませんが、新幹線は愛鷹山に近づくので、僅かですが消え富士区間があります。その前後では、山頂部が愛鷹山の稜線をすべるように動いていきます。車内からそれを見ていた子どもが、「あっ、富士山が動いている」と言ったのが印象的でした。東名高速はもっと近づくので見えなくなる箇所が広がります。愛鷹パーキングからは隠されてしまいます。それでも谷の隙間からチラチラ覗くので、目が離せません(真横になるので、運転をしていない同乗者だけが可能です)。
 富士山頂のピークを3つに描いた図を見ることがあります。富士曼陀羅図(室町時代末期の作と言われる富士山信仰による登山の情景が描かれた図)の富士山の形が有名で、三峰形と言いますす。これは富士宮方面からは見た形に似ています。左端が大沢くずれノ頭、中央が剣ヶ峯、右端が三島岳です。実際には剣ヶ峯が高く三角形になります。
 歌川広重の東海道五十三には「左富士」が二つ描かれていますが、その一つが吉原(富士市)です。東海道を東から西に向かうと、富士山は右側になりますが、道の曲がり具合から左側に見える場所があります。それを「左富士」と呼んでいるのです。
 富士川の河川敷では、ピンクの桜えびと富士山が定番です。しかし桜えびの天日干しの条件は限られており、まだ見る機会に恵まれていません。
 朝霧高原にも色々ビューポイントがあります。鯉のぼりは5月の風物詩になっています。
ダブルダイヤモンド富士(湖面にも映る)が見られる田貫湖は撮影場所の確保が難しいほど。富士ヶ嶺付近には富士山に向かって走る道路があります。ここでは一定の速度で富士山に向かって走れば、20分近くダイヤモンド富士を継続して鑑賞することが可能です(小著『今日は何の日、富士山の日』参照)。それが可能な唯一の場所でもあります。

*中部・西部
 静岡市から西の地域です。
 左富士は、新幹線でもあります。静岡駅を過ぎ、安倍川の鉄橋を渡り左に大きくカーブします。そこから用(もち)宗(むね)トンネルに入るまでの約30秒、海側の車窓(つまり左側)から見えるのです。公務員作家でもあった斎藤栄は『黒部ルート殺人旅行』(1972年)の中で在来線の左富士を推理小説の重要なトリックに使っています。
 薩捶峠は東海道でも屈指の絶景ポイントで、狭い海岸部を東名高速が国道1号、JR東海道線と立体交差しており、地図には縮尺通りには書ききれないほどです。東名高速で消え富士を作る蒲原丘陵(大丸山)の上に富士山があります。
 日本平は1980年日本観光地百選平原の部で第1位になっただけのことはあります。富士山は日本3大美港の1つの清水港(もちろん富士山のおかげです)の上にそびえています。こちらの方面からは宝永山は右側斜面にきます。
牧ノ原台地からは茶畑と富士山です。霜よけのファンが特徴です。御前崎からは駿河湾越の富士山です。遠州灘に沿っては可視域が広がっています。
 浜松ではアクトタワーに上れば間違いなく眺められます。
 浜名湖パルパルにある観覧車からは121q彼方の富士山が眺められます。西からでは最遠になるでしょう。(←要確認 東はひたちなか)

*南アルプスなど
 南アルプスなどの山岳部では稜線部と東側斜面に可視域があります。県境を含め南アルプスの大半の山は静岡県になります。苦労してたどり着いた3000m峰からの富士山の眺めは格別です。ちなみに間ノ岳、塩見岳、赤石岳などの3000m峰はいずれも静岡県側は静岡市に属します。

福島  茨城 栃木 群馬  埼玉  千葉  東京  神奈川 新潟 富山
山梨 長野  岐阜 静岡  愛知  三重  滋賀  京都  奈良  和歌山
お気づきの点や「注文」があればご連絡ください
表紙