奈良県から見る富士山(原稿・工事中)
究極のダイヤモンド富士は大峯山から
2011年3月
 三重県との境、高見山地、台高山脈(大台ヶ原から高見山までの山々)、そして大峰山脈に可視ポイントがあります。
 よく話題になるのが、大台ヶ原山です。『富士山展望百科』を編集した際に松永敏さんが撮影された写真をお借りしました。昇るダイヤモンド富士でもありました(僅か右に寄っていますが)。私が訪れたのは夏だったので、あまり期待はしていませんでしたが、やはり何も見えず、最高地点の日出ヶ岳山に設置された展望図(カシミールで描画)の富士山を眺めるだけでした。
 樹氷が美しい高見山(262q)については、地元の東吉野村のホームページに写真が掲載されたことがありました(2009年1月30日)。また、「サランヘヨ 登山」というサイト(2011年3月3日)には、見事なダイヤモンド富士の写真が掲載されています。他に、三峰(みうね)山(やま)(1235m)、国見山(1419m)、池(いけ)木(ご)屋(や)山(やま)(1936m)などから望めます。
 台高山脈の西側を走るのが、近畿の屋根と呼ばれる大峰山脈です。
狭義の大峰山は山(さん)上(じょう)ヶ岳(たけ)を指します。2002年5月に築山日出夫さんがここからダイヤモンド富士を撮影されました。距離は283qで、現時点で日本で最遠方からのものです(写真などは「最遠方ダイヤ」に掲載)。
 大峰山脈最高峰の八剣山(1915m、近畿地方の最高峰でもあります)からは290q彼方に富士山が望めます。「産経新聞」2006年1月7日に写真が掲載されました。約4q南の仏(ふつ)生(しょう)ヶ嶽(たけ)(1805m)が大峰山脈から見える富士山の最南端になります。
福島  茨城 栃木 群馬  埼玉  千葉  東京  神奈川 新潟 富山
山梨 長野  岐阜 静岡  愛知  三重  滋賀  京都  奈良  和歌山
お気づきの点や「注文」があればご連絡ください
表紙