長野県から見る富士山(原稿・工事中)
2011年3月
 山国長野は、基本は山岳部からの眺めになりますが、平地では、小諸と諏訪盆地周辺に可視域があります。

*山岳部

 北アルプスは稜線からは大体見えます。北アルプスの北限に近い白馬岳からはご覧になった方も多いでしょう。北アルプスからはフォッサマグナの隙間の先に眺めることになるので、長い裾野を従えた優美な富士山を堪能できます。乗鞍岳や御嶽山からは、「遠望微富士」になります。富士山まで距離が100q以上で、手前の山に重なるもののことです。
中央アルプスからも、南アルプス越しの富士山になるので、下がかなり隠されます。
 戸隠山や黒姫山、飯縄山からは妙高山方面からと同様に、八ヶ岳と奥秩父の間にすっきりとした形を見ることができます。
 中央部では、美ヶ原、霧ヶ峰、高ボッチ方面からはよく見えます。高ボッチからは諏訪湖越しになります。
 南北に長い八ヶ岳からは、蓼科山を含め北部からは、南部が邪魔をして見ることができません。見えるようになるのは硫黄岳以南のピークです。夏沢峠から北では見えません。
 八ヶ岳は一般に夏沢峠を境に北と南に分けますが、富士山の見え方という点で意味のある区分と言えるでしょう。なお、北部になるニュウや稲子岳は、主稜線から東にはずれているので眺めることが可能です。

*平地
 小諸周辺には、浅間山から烏帽子岳までの稜線と南斜面だけでなく、平地にもポイントがあります。信州峠のくぼみと小海線の走る谷間が隙間になっているからです。確かに小諸駅では連絡橋から見えます。関越道を走っている時に小諸IC周辺からご覧になった方もあるのではないでしょうか(小著『知って楽しい山岳展望』に写真があります)。近くの上田市は、「上田市からの富士」として太郎山山頂が関東の富士見百景に入っています(長野県はいわゆる関東地方ではないのですが、6か所選定されています)。太郎山がそうだということを知らずに登り、現地で標識を見てびっくりしたことがあります(コラム●●ページ参照:デジカメ加工の件にふれる)。←未定
 平地でもう一か所が諏訪盆地周辺です。諏訪湖から中央線にとって山梨県境まで細長く続いています。フォッサマグナの隙間に沿ってアキがあるからです。関東の富士見百景にも、「下諏訪町湖浜」と「富士見町からの富士」が入っています。「湖浜からは、湖越しに西日に映える富士山が見られる」という説明があるように諏訪湖越しの富士山です。中央線からも下諏訪〜岡谷間が貴重な富士見ポイントになっています。富士見町は、中央道富士見バス停付近で、その名の通りに富士山を眺めることが出来ます。
福島  茨城 栃木 群馬  埼玉  千葉  東京  神奈川 新潟 富山
山梨 長野  岐阜 静岡  愛知  三重  滋賀  京都  奈良  和歌山
お気づきの点や「注文」があればご連絡ください
表紙