岐阜県から見る富士山(原稿・工事中)
養老山地から見えるかどうか
2011年3月
 岐阜県は県境部にピンポイントで点在するだけです。見える面積で言えばごく僅かです。槍ヶ岳、穂高岳、乗鞍岳、御嶽山、恵那山、そして養老山地、伊吹山の一部です。見事なほどに県境の山ですね。純粋に岐阜県内になるのは笠ヶ岳だけです。
 乗鞍岳,御嶽山からはともに「遠望微富士」という微妙な見え方です。富士山までの距離が100q以上で、手前の山に重なるような(消え富士になるような)場合のことです。
 乗鞍岳の剣ヶ峰からは日本第2高峰の北岳と重なるようになります(135q)。見えているのは白山岳です。乗鞍岳の剣ヶ峰からは富士山の剣ヶ峯は隠れてしまいます。この剣ヶ峯が見えるのは、北へ約1.7km進んだ富士見岳からです。富士山の見える部分はもっと少なくなりますが、富士山の最高地点の剣ヶ峯はちゃんと見えています。「富士見岳」と命名されている根拠はあるわけです。
 御嶽山は幾つかポイントがあります。メインは黒沢口登山道九合目の覚明堂付近です(127q)。中央アルプス三の沢岳に重なります。三の沢岳は白山方面からはあたかも富士山のように見え、富士山と誤認した人もいます。その山に重なるのは誠に興味深いところです。御嶽山の剣ヶ峰から西側へ「外輪山」をたどる途中にもあります。剣ヶ峰への稜線に重なります。さらに「外輪山」の西側を進み、「36童子の塔」付近からは、剣ヶ峰の左に富士山が出てきます(見え富士になるわけです)。
 ところで、養老山地、伊吹山地のポイントは、可視マップでは見えるように表示されるのですが、実際には難しいようです。
 養老山地は、田代越(海津市)の周辺に可視ポイントが表示されるのですが、実際には見えそうにありません。この地域に関心をもったのは、2011年2月、岐阜新聞から問い合わせがあったことも一つの理由です。岐阜新聞に、養老山地の多度山から撮影した、名古屋の街並みを入れた、乗鞍、御岳、南アルプスの写真を掲載したところ、読者から「岐阜から富士山は見えないのか」という問い合わせがあったというのです。その写真には富士山らしき三角形の山が写っていたので、鑑定して欲しいというものでした。送られてきた写真は明瞭でしたが、色調からして違う気がします。カシミールで確認したところ、やはり富士山ではなく、南アルプスの中盛丸山でした。多度山からの距離は約140q。富士山までは約192qなので、富士山なら色がもっと薄くなるはずでした。
 「岐阜県の平地、低山からはなかなか難しそうですね。養老山地が可能性があるように思ったのですが、どうやら駄目なようです。岐阜県からは北アルプスのごく一部でしか望めないようです」と返事をせざるを得ないのは残念なことでした。 
 伊吹山についても難しいようです。滋賀県の項でご説明します。
福島  茨城 栃木 群馬  埼玉  千葉  東京  神奈川 新潟 富山
山梨 長野  岐阜 静岡  愛知  三重  滋賀  京都  奈良  和歌山
お気づきの点や「注文」があればご連絡ください
表紙