路上富士 墨田区
荒川右岸 墨田5丁目〜墨田四丁目
2012年3月
2012年3月
千住汐入大橋からの富士山を確認した後で墨田区の路上富士を求めて、荒川右岸に出て南下しました。駅で言えば、東武伊勢崎線の堀切駅〜京成線八広駅間を歩いたことになります。
(地図 電子国土基本図使用)
数字@〜Fは、下の写真の番号に対応します。
綾瀬橋
 線路の向こうが荒川右岸。行けるのだろうか?(詳細な地図を持っていませんでした(^_^;))。
 行き止まりではなかった。
 跨線橋があるではないですか。助かりました。
 堀切駅です。
 @跨線橋から。
 渡ると、堤防上の道路の右側に細い歩道がついています(自転車も通る)。反対側に渡ることも考えましたが、電車と富士山が撮れるかもしれないと思い、こちら側を歩くことにしました。
 左側が荒川。上は首都高中央環状線。高速からは綺麗に見えていることでしょう。
 右手にはTST(スカイツリー)が。
 電車とTST。
 Aずっと右を見ながら歩いていると建物の間に白いものが見えました。
 いました!
 あっけなく、という感じで目に入ってきました。墨田区の路上富士をゲットした瞬間です(^_^)。
 グーグルストリートビューでほぼ同じ場所から見ることができました。怖くなりますね(^_^;)。対応する写真はあえて掲載していません(この画像↓はグーグルストリートビューのものです。念のため)
 Bその後も微妙な見え方ですが、います。
 都道449号線です。
 C堤防から下へ下りる道
 壁のようにマンションが並びます。
 ビルの間のTST(おまけ)
 また見えてきました。
 D信号が目印です。
 四ツ木橋
 たもとからこのように綺麗に見えます。
 E少し渡ってみました。間から見えます。
 欄干の間から例によって・・・(^_^)。
 戻って、道路を渡ります。地球儀だったのでしょうか。
 新四ツ木橋をくぐって下流へ。折角なので、この橋も少し歩くことにします。
 人が歩けるのは、下流側だけです。
 左側のマンションの裾から出てきました(振り返っています)。
 間から綺麗に見えます。
 アップで。
 F真ん中のちょっと手前で、ワイドで撮影。TSTと富士山が1枚に収まっています。
 橋のたもと付近からも見えました。
 ここが下り口。
表紙