東名(下り)由比付近 見え富士!
2010年1月5日
2010年10月
「消え富士」は、かなり定着してきた富士山用語だと思います(勝手に判断)。その逆は「見え富士」ということになります。今まで見えなかった富士山が間の山などから姿を出すことです。逆にすればいいだけと思われるかもしれませんが、向きによっては見方(撮影)が困難です。東名高速由比の付近がそうです。消え富士は、上り線で正面です。ということは、下り線の場合は後ろ向きにならねばなりません。シートベルトをした状態で後ろ向きになり撮影するというのは、体の硬い私にとってはなかなかの苦行であります。しかし、それに挑戦するのがマニアのマニアたるゆえんです。
以下、2010年正月に撮影した写真をご紹介します。
トリミングしており、写真により撮影範囲が違います(富士山を含め、山の大きさが違います)。あらかじめご了解ください。
9時47分31秒(カメラ内蔵時計)
予感!
9時47分43秒 見えてきた!
間違いなし!
剣ヶ峯がはっきり
左側稜線も見え始める
文句なし!
137KP  9時47分52秒
9時48分13秒
9時48分44秒
由比PA 9時50分09秒
表紙へ