この本の、ダイヤモンド富士についての章を、翻訳サイトを使って英訳したものです。リンクは、今回新たに付けました。 This book's chapter about Diamond Fuji is translated into English using a translation site. I added a new link.
ダイヤモンド富士 Diamond Fuji
光り輝く山頂 Shining mountain peak
              
 近年テレビや新聞などマスメディアでもよく取り上げられ、すっかり有名になったのが「ダイヤモンド富士」です。 In recent years, “Diamond Fuji” has become well-known in the mass media such as TV and newspapers.
 富士山頂から太陽が出る瞬間(日の出)、あるいは山頂に沈む瞬間(日の入り)に、まるでダイヤモンドが光り輝くような光彩が見られることがあります。 At the moment when the sun rises from the top of Mt. Fuji (sunrise) or when the sun sets on the top of the mountain (sunset), you may be able to see the glow of diamonds.
 そのような状態の富士山をダイヤモンド富士と呼んでいます。黒いシルエットの富士山と太陽の光が織りなす光景は、まさに、自然の作る瞬間の芸術と言えるでしょう。宇宙でただ一つの太陽と、地球でただ一つの富士山が一致する壮大なドラマでもあります。
Fuji in such a state is called Diamond Fuji. The sight of the black silhouette of Mt. Fuji and the sunshine is truly the art of the moment that nature creates. It is also an epic drama where only one sun in the universe and one Mt. Fuji on the earth coincide.
 その時の大気の状態によっては、山頂に太陽がかかっても光彩が見られるとは限りません。従って、広い意味では、太陽が山頂の一角にさしかかっている状態と考えてください。必ずしも輝く光が見えなくてもよいのです。
Depending on the state of the atmosphere at that time, even if the sun hits the top of the mountain, it is not always possible to see the glow. Therefore, in a broad sense, think of the sun as reaching the corner of the mountaintop. It is not always necessary to see the shining light.

 日の出の場合が「昇るダイヤ」、日の入りの場合が「沈むダイヤ」です。
 「昇るダイヤ」は富士山の西側の地域、「沈むダイヤ」は富士山の東側の地域で見ることができます。言うまでもなく、富士山が見える地域ということが大前提になります。
In the case of sunrise, “rising diamond” and in the sunset, “sinking diamond”.
“The rising diamond” can be seen in the west side of Mt. Fuji, and the “sinking diamond” can be seen in the east side of Mt. Fuji. Needless to say, the area where you can see Mt. Fuji is a major premise.

 ダイヤモンド富士の状態には色々名前が付けられています。 The diamond Fuji state has various names.
 手前の湖面などの水面に映って「逆さ富士」となる場合があります。空と水面に二つのダイヤモンドが輝くので「ダブルダイヤモンド富士」と呼びます。右側斜面にそってころがるように沈んでいく場合は「コロコロダイヤ」です。コロコロと転がって沈んでいくように見えるからです。その反対は日の出の時に左斜面にそって「離陸」するように昇る太陽です。「離陸ダイヤ」ということもありますが、こちらはまだ市民権は得ていません。山頂部のピークによって太陽が2つに分かれたように見える場合もあります。これは「キャッツアイダイヤ」と呼びます。 It may be reflected in the surface of the lake, such as the lake in front. Two diamonds shine in the sky and water surface, so it is called “Double Diamond Fuji”. When it sinks as it rolls along the right slope, it is “Korokoro Diamond”. Because it seems to roll and sink. The opposite is the sun rising to “take off” along the left slope at sunrise. It may be called "Takeoff Diamond", but this has not yet obtained citizenship. The peak at the top of the mountain may appear to have split the sun into two parts. This is called “Cat's Eye Diamond”.
「キャッツアイダイヤ」 “Cat's Eye Diamond”
池田晶子さん撮影、命名  Ms.Akiko Ikeda photo, naming
ところで、昇るダイヤと沈むダイヤのどちらが良いかは好みによりますが、富士山の東側に住む人にとっては、無理なく見ることができるのは沈むダイヤです。昇るダイヤを見るためには、日の出前に富士山の西側に行かなければなりません。その日が休みでもない限り朝からその場にいることは容易ではありません。その点沈むダイヤの場合は、仕事を早めに切り上げるなどすれば、その場所に行くことが可能になるでしょう。
By the way, it's up to you whether the diamond that rises or the diamond that sinks is better, but for those who live on the east side of Mt. In order to see the rising diamond, you have to go west of Mt. Fuji before sunrise. It's not easy to be there from the morning unless the day is off. In the case of a diamond that sinks at that point, you may be able to go to the place by rounding up your work early.
10  余韻の大きさという点でも、沈むダイヤに分があります。ダイヤモンド富士自体は、太陽が富士山に沈み込んでしまえばおしまいですが、富士山をめぐる光と色の芸術はそこから始まると言ってもよいのです。空に投影される富士山の影は太陽の置きみやげです。赤く染まった西空、黒いシルエットを見せる富士山、都市部であれば、それに華やかなビルの明かりが加わります。空の闇に富士山が姿を隠すまで見飽きることのない光景です。また、富士山の東側には、何千万人もの人が住む首都圏が広がっており、多くの人が居ながらにして見ることが可能なのは沈むダイヤです。
In terms of the size of the reverberation, there is a minute in the diamond that sinks. Diamond Fuji itself ends when the sun sinks into Mt. Fuji, but it can be said that the art of light and color around Mt. Fuji begins there. The shadow of Mt. Fuji projected into the sky is a souvenir of the sun. If you are in the urban area, the west sky dyed in red, Mt. Fuji showing a black silhouette, the lights of a gorgeous building are added to it. It is a scene that will never get tired until Mt. Fuji hides in the darkness of the sky. On the east side of Mt. Fuji, the metropolitan area where tens of millions of people live is spreading, and what can be seen while many people are there is a sinking diamond.
11  その瞬間の緊迫感はどちらが大きいでしょうか。沈むダイヤの場合は、空が霞んでおり直前まで富士山が見えない場合を除き、始まる様子が確実にわかります。太陽は今ここにあるからまもなくだなという予測がビジュアルにできます。それに対して昇るダイヤの場合は、周囲の明るさや光の具合から見当はつきますが、また計算上、時刻もわかっていますが、太陽は富士山に隠されているので、今か今かというハラハラドキドキの度合いはより大きいものがあります。出るまで全く目が離せないのが昇るダイヤです。 Which is the greater sense of urgency at that moment? In the case of a diamond that sinks, you can definitely see how it starts, except when the sky is dim and Mt. Fuji cannot be seen until just before. You can make a visual prediction that the sun is here now and it will soon be. In the case of a diamond that rises against that, it can be determined from the brightness of the surroundings and the light condition, but the time is also known in the calculation, but the sun is hidden in Mt. The degree of is larger. It is a diamond that keeps an eye on it until it comes out.
沈むダイヤモンド富士 Sinking Diamond Fuji
鉄砲木の頭(山梨県・神奈川県)から From the Teppogi no atama (Yamanashi Prefecture / Kanagawa Prefecture)
12  私自身、沈むダイヤを見る機会が圧倒的に多いため、沈むダイヤびいきの記述をしているようですが、それぞれに特徴があり、素晴らしいものであることはいうまでもありません。両方の良さを実感するために、「連続ダイヤ」と称して、沈むダイヤを見たよく朝、昇るダイヤを見に行ったこともあります。その日の夕方はまた沈むダイヤを見たので「トリプルダイヤ」を体験したことになります。
I myself have an overwhelming number of opportunities to see the sunken diamonds, so it seems that they describe the sunken diamonds, but it goes without saying that each has its own characteristics and is wonderful. In order to realize the goodness of both, I called “continuous diamonds” and often went to see diamonds rising in the morning. In the evening of that day, I saw the sunken diamond again, so I experienced "triple diamond".
13  ところで、ダイヤモンド富士の言葉を最初に使った人は誰だったのでしょうか。「キャッツアイダイヤ」のようにはっきりわかっているものもあります。これは2008年12月に八王子在住の愛好家が命名したことがネット上でも確認できます。しかし、ダイヤモンド富士そのものは、わかっていません。戦後、地元の山梨県や静岡県の写真愛好家が使ったのが最初だろうと言われていますがそれ以上はわかっていません。参考までに、新聞のデータベースではどうなっているか、知人に頼んで調べてもらいました。
By the way, who was the first person to use Diamond Fuji's words? Some are clearly known, such as “Cat's Eye Diamond”. This can be confirmed on the Internet that the enthusiast living in Hachioji was named in December 2008. However, Diamond Fuji itself is unknown. It is said that it was first used by local photographers in Yamanashi and Shizuoka prefectures after the war, but I don't know any more. For reference, I asked an acquaintance to check what happened in the newspaper database.
14  朝日新聞は、1984年8月以降の記事が収録されていますが、初出は1992年7月18日。京都版で写真コンクールの入賞作品のタイトルでした。以降2001年まではなかったり、あっても一桁です。ブレークするのは2002年以降で、毎年10数件になります。
 読売新聞は1986年9月以降がデータベース化されています。初出は遅く1999年8月20日で、田貫湖のダイヤモンド富士の記事でした。
 毎日新聞は1987年1月以降で、初出は1991年4月23日です。
The Asahi Shimbun contains articles from August 1984, but first appeared on July 18, 1992. It was the title of the winning work of the photo contest in the Kyoto version. Since then, it is not until 2001, even if it is one digit. There will be more than 10 breaks every year since 2002.
The Yomiuri Shimbun has been databased since September 1986. The first appearance was late August 20, 1999, and was an article about Diamond Fuji from Lake Tanuki.
The Mainichi Shimbun is from January 1987 and is first published on April 23, 1991.

15  なお、満月が富士山にかかる場合は「パール富士」と言います。太陽のまぶしい光に比べて、月の優しい光はいかにも真珠のような輝きを見せるからです。

If the full moon covers Mt. Fuji, it is called “Pearl Fuji”. Compared to the dazzling light of the sun, the gentle light of the moon has a pearly glow.
どこで見えるか Where you can see
17  ダイヤモンド富士は、「富士山が見える地域ということが大前提」と書きましたが、その地域ならどこからでも見えるわけではありません。北や南から太陽が昇ったり沈んだりはしませんから、富士山がいくら近くても、富士山の北側の甲府市や南側の富士市では見ることができません。夏に太陽が最も北に寄った時、冬に太陽が最も南に寄った時に、富士山と結んだ線の中に入る地域でないといけないのです。富士山の東北東(約58度)〜南南東(約117度)、西南西(約243度)から西北西(約302度)の範囲ということになります。数字は北を0度として右回りの方位角です。ダイヤモンド富士が見られる地域は、「富士山が蝶ネクタイをした時の範囲」と説明すればイメージをつかんでいただけるでしょうか。 I wrote that Diamond Fuji is "a premise that you can see Mt. Fuji", but it is not always visible from that area. Since the sun does not rise or sink from the north or south, no matter how close Mt. Fuji is, you cannot see it in Kofu City on the north side of Mt. Fuji or Fuji City on the south side. It must be an area that goes into the line connected to Mt. Fuji when the sun approaches the north in summer and when the sun approaches the south in winter. It is in the range of east-northeast (approximately 58 degrees) to south-southeast (approximately 117 degrees), west-southwest (approximately 243 degrees), and west-northwest (approximately 302 degrees) of Mt. Fuji. The numbers are clockwise azimuths with north as 0 degrees. If you explain the area where Diamond Fuji can be seen as “the range when Mt. Fuji ties a bow tie”, can you grasp the image?

18  これを地図化したのが「ダイヤモンド富士マップ」です(真田則明さん作成)。各地からのダイヤモンド富士の日付が概観できるよう、10日毎に該当する地域に線が引いてあります。
 日の出、日没の場所、時刻は毎日変わり、夏至〜冬至の間で太陽は行き来しますから、一般的には年2回チャンスがあります。夏至や冬至の頃には動きが遅くなりますので、該当の地域では何日も可能です。同一線に2つの日付があるのはそのためです。
The map is the “Diamond Fuji Map” (created by Noriaki Sanada). A line is drawn every 10 days in the corresponding area so that you can get an overview of the Diamond Fuji dates from each place.
The place and time of sunrise and sunset change every day, and the sun travels between the summer solstice and winter solstice, so there is generally a chance twice a year. The movement is slow during the summer and winter solstice, so it can be done for days in the area. That is why there are two dates on the same line.

ダイヤモンド富士マップ Diamond Fuji Map
白い線がダイヤモンド富士が見える方向と日付   White line: Direction and date when Diamond Fuji can be seen
19  場所を変えれば、毎日ダイヤモンド富士を見ることもできます。「追っかけ」も可能ということです。山中湖畔で「ダイヤモンド富士ウィークス」ができるのもそのためです。文字通りの「追っかけ」もできます。
 また、どこから見るかによって、太陽と富士山(山頂の幅)の相対的な大きさが異なります。見かけの大きさは距離によってかわってくるからです。遙か遠方にある太陽までの距離は地上のどこからでも同じと考えてよいので、見かけの大きさは変わりませんが(視角にして約0.53度)、富士山頂の幅(約800m)の見かけの大きさは、富士山からの距離によって変わってきます。
If you change the place, you can see Diamond Fuji every day. “Chase” is also possible. This is why “Diamond Fuji Weeks” can be created on the shores of Lake Yamanaka. You can also literally “chase” (page 106).
Also, the relative size of the sun and Mt. Fuji (the width of the summit) differs depending on where you look from. This is because the apparent size depends on the distance. The distance to the farther away sun can be considered the same from anywhere on the ground, so the apparent size does not change (viewing angle about 0.53 degrees), but the width of the top of Mt. Fuji (about 800m) The apparent size depends on the distance from Mt. Fuji.



20  太陽の大きさと山頂の幅がほぼ一致するのは富士山から約87km離れた所になります。それより離れると太陽が大きくなり、近づくと小さくなります。横浜のランドマークタワーは約82kmなので、ここからは富士山頂にすっぽりと収まるダイヤモンド富士を見ることができます。 
 富士山に近い朝霧高原(静岡県)では太陽が小さくなり、北部では1か月近く、昇るダイヤを見ることができます。これだけ見えれば、ダイヤモンド富士の“ありがたみ”は減ってしまうかもしれません。
It is about 87 km away from Mt. Fuji that the size of the sun and the width of the summit are almost the same. The sun gets bigger as you move further away, and it gets smaller as you get closer. Since the landmark tower in Yokohama is about 82 km, you can see Diamond Fuji that fits perfectly on the top of Mt. Fuji. *
In Asagiri Kogen (Shizuoka Prefecture) near Mt. Fuji, the sun will be smaller, and in the north you can see the rising diamond for almost a month. If you can see only this, Diamond Fuji's “profit” may decrease.
気象条件 Weather conditions
21  前項でダイヤモンド富士を見る地理的条件について述べましたが、もちろん太陽が雲で隠されないことが絶対的条件です。沈むダイヤを念頭において、気象条件について記しましょう。
 朝からずっと晴れていても、夕方雲が出てしまえばアウトです。逆にずっと曇りで時には雨が降っていても、夕方その瞬間に雲が切れ太陽が覗けば見えることがあります。油断してはいけないし、最後まであきらめてはいけないのです。私は高校教員という職業柄(執筆当時)、受験生に心構えを話すときに、このダイヤモンド富士をたとえ話に使っています。ゲットできるのが光り輝くダイヤモンド富士ですから少々できすぎの感じがするほどですが。
In the previous section, I described the geographical conditions for viewing Diamond Fuji. Of course, the absolute condition is that the sun is not hidden by clouds. Let's write about weather conditions with the diamond going in mind.
Even if it has been sunny from the morning, it will be out if the clouds appear in the evening. On the other hand, even if it is cloudy and sometimes raining, it may be visible in the evening when the clouds are cut off and the sun is seen. Don't be alarmed, don't give up until the end. I use Diamond Fuji as a parable when I talk to my students as a high school teacher (at the time of writing). You can get a diamond shining diamond Fuji, so it feels a bit too much.

22  朝は見えていた富士山も午後には大気中の水蒸気や塵などが増えて、見えなくなってしまうことが多くあります。雲はなくても、富士山の影も形も見あたらないのです。しかし、太陽が徐々に高度を下げ富士山に近づくと、まるで魔法のように富士山がシルエットになった形を見せ始めます。太陽光が富士山の後方からあたるようになるので、光を遮るような形で、黒い姿が見えるようになるのです Mt. Fuji, which was visible in the morning, often disappears in the afternoon due to increased water vapor and dust in the atmosphere. Even if there are no clouds, the shadow and shape of Mt. Fuji are not found. However, as the sun gradually decreases in altitude and approaches Mt. Fuji, it will begin to appear like a magical figure of Mt. Fuji. Sunlight comes from the back of Mt. Fuji, so you can see the black figure in a way that blocks the light.

23  大気の混濁度が強くて、富士山の形がどうしても見えない場合でも、太陽が見えていれば、山頂にかかった際に、丸い太陽の下部が直線的に切れていくので、ダイヤモンド富士になったことはわかります。
 太陽が見えていて、富士山があるはずの位置に厚い雲がないなら、たとえ富士山が見えていなくても、あきらめてはいけません。雲が劇的に切れていくことがあるのですから。
Even if the turbidity of the atmosphere is strong and the shape of Mt. Fuji is invisible, if you can see the sun, when you hit the top of the mountain, the lower part of the round sun will cut straight, so it became Diamond Fuji I understand that.
If the sun is visible and there are no thick clouds where Mt. Fuji should be, don't give up even if Mt. Fuji is not visible. Because the clouds can cut dramatically.

24  ところで、邪魔になる雲も、全くないと絵になりません。光を受けて、様々に形を変える雲が金色に輝く様は誠に見事です。太陽を隠しては困りますが、ダイヤモンド富士の瞬間を演出する舞台装置としては不可欠の存在と言えましょう。
By the way, there is no cloud in the way to make a picture. It is truly amazing that the clouds that change shape in response to light shine in gold. Although it is difficult to hide the sun, it can be said that it is indispensable as a stage device to direct the moment of Diamond Fuji.

雲とダイヤモンド富士  Cloud and Diamond Fuji
東京モノレール大井競馬場前駅から  From Tokyo Monorail Oi Racecourse Mae Station
25  ダイヤモンド富士が終わってからも、その時の気象条件によりますが、富士山の背後に沈んだ太陽によって富士山の影が上空に浮かぶ場合があります。「影富士」とか「浮き富士」という人もいます。あかね色に染まった空を背景にそびえる黒い富士山のシルエットには息をのむ思いです。ダイヤモンド富士が終わってもしばらくは立ち去ることができません。 Even after Diamond Fuji is over, depending on the weather conditions at that time, the shadow of Mt. Fuji may float in the sky due to the sun set behind Mt. Fuji. Some people say “Kage Fuji” or “Floating Fuji”. I am impressed with the silhouette of the black Mt. Fuji towering against the sky colored in akane. Even after Diamond Fuji is over, you cannot leave for a while.
時刻を求める How to find the time
26  ダイヤモンド富士は1年を周期として繰り返す自然現象です。閏年があることからわかるように、厳密には4年サイクルということになりますが、いつ見ることができるかは、経験によって知られていました。中央アルプスの千畳敷(元旦前後)や富士山西麓の田貫湖(4月20日前後、8月20日前後)のように、著名な場所はシーズンになると雑誌などで紹介されますし、今はインターネットで検索すればすぐに知ることができます。一方、知名度はなくても自宅から見ることができる人は、年に2回、その日を楽しみにしていたでしょう。
Diamond Fuji is a natural phenomenon that repeats every year. As you can see from the fact that there is a leap year, it is strictly a four-year cycle, but when you can see it, it was known by experience. Famous places such as the Senjojiki (around the New Year's Day) in the Central Alps and Lake Tanuki (around April 20 and around August 20) at the foot of Mt. Fuji will be introduced in magazines, etc., and now on the Internet You can know immediately by searching. On the other hand, people who can see from home without knowing would have been looking forward to the day twice a year.
27  その時刻は、天文学の知識と計算力があれば、理論的に求めることはできますが、誰でも簡単にできるというものではありませんでした。地図の上において調べるちょっとした道具も発売されたことがありますが、パソコンの普及につれて、ソフトもできてきました。無料で使えるものから有料の専用ソフトまで何種類かありますが、現在最も多く使われているのが、山岳展望ソフトの「カシミール3D」です。利用者の要望に応えて、ある段階でこの機能が付加されました。このソフトについては沢山の解説書が発行されていますが、『カシミール3D パーフェクトマスター編』(実業之日本社)にはダイヤモンド富士についての説明があります。
The time could be calculated theoretically with astronomy knowledge and computing power, but it was not easy for anyone. A little tool to check on the map has been released, but with the spread of personal computers, software has also been made. There are several types of software that can be used free of charge, as well as special software for a fee. The most widely used software is “Kashmir 3D”, a mountain observation software. This function was added at a certain stage in response to user requests. Many explanations have been issued for this software, but “Kashmir 3D Perfect Master” (Jitsugyo no Nihon Sha) has an explanation about Diamond Fuji.
カシミール3Dでダイヤモンド富士の時刻を求める  Find the time of Diamond Fuji in Kashmir 3D
28  パソコンを使うのは敷居が高いと思われる方もあるかもしれませんが、時間的にも場所的にもピンポイントの精度が要求されるダイヤモンド富士については、経験に頼るのでは限界があります。このソフトは、操作は難しくありませんし、他にも沢山の機能をもっていますので、自分でダイヤモンド富士の時刻を求めたいと思われるなら、これを機会に是非カシミールをお使いになってみて下さい。「カシミール3D」のHPからソフトは無料でダウンロードできます。地図データは購入しなければなりませんので、初めての方は、ソフトと地図がセットになった『カシミール3D入門』(実業之日本社)をお求めになるとよいでしょう。
You may think that using a personal computer is a threshold, but Diamond Fuji, which requires pinpoint accuracy in terms of both time and location, has its limits on relying on experience. This software is not difficult to operate and has many other functions, so if you want to find the time of Diamond Fuji yourself, please use Kashmir on this occasion. Software can be downloaded free of charge from the Kashmir 3D website. The map data must be purchased, so if you are a beginner, you may want to purchase “Introduction to Kashmir 3D” (Jitsugyo no Nihon Sha), which is a set of software and maps.

連続ダイヤを追いかけろ Chasing Continuous Diamond Fuji
29  第2項で、ダイヤモンド富士は「追っかけ」も可能と書きました。場所が変わるので、毎日その場所へ行くのが普通の追っかけですが、これからご紹介するのは文字通りの追っかけなのです。
 ダイヤモンド富士は富士山頂と太陽の位置が視線上で一致した状態です。富士山との距離で、富士山の相対的な大きさ(高さ)は変わります。昇るダイヤの場合は、富士山に近づけば富士山が相対的に大きくなりますので、日の出が遅れます。沈むダイヤモンド富士の場合は、富士山から離れれば富士山が小さくなりますので、日の入りが遅れます。つまり、自分が動くことによってダイヤモンド富士の時刻を調整するのです。自分のいる場所の高さが変わっても同様です。移動速度によっては、ダイヤモンド富士の状態をずっと維持できます。ダイヤモンド富士を何分も継続して楽しめるのです。これは地球の自転と勝負しているような、何とも規模雄大な楽しみです。
In Section 2, Diamond Fuji wrote that “chasing” is also possible. Since the place changes, it is normal to go to that place every day, but what we will introduce is literally a chase.
Diamond Diamond is in a state where the top of Mt. Fuji coincides with the position of the sun. The relative size (height) of Mt. Fuji changes with the distance to Mt. Fuji. In the case of ascending diamonds, as Mt. Fuji gets relatively larger as it gets closer to Mt. Fuji, the sunrise will be delayed. In the case of the sinking Diamond Fuji, Mt. Fuji gets smaller as you move away from Mt. Fuji. In other words, you adjust the time of Diamond Fuji by moving yourself. The same is true if the height of your place changes. Depending on the speed of movement, the state of Diamond Fuji can be maintained all the time. You can enjoy Diamond Fuji for many minutes. This is a tremendous amount of fun, like a battle with the Earth's rotation.

30  これが可能な場所は限られています。平地の場合、道路が富士山の方向に向かって走っていること。山の場合で高度を変える時は、富士山の方向に向かって登山道があること。今まで次の3箇所で行いました。 There are only a few places where this is possible. In the case of flat ground, the road must run toward Mt. Fuji. When changing altitude in the case of a mountain, there must be a mountain trail in the direction of Mt. Fuji. I have done this in the following three locations.

31 沈むダイヤモンド富士 忍野村(山梨県) 2003年12月28日
 山中湖畔の花の都公園付近で沈むダイヤモンド富士を撮影しました。何気なく北の方を見ると、まだ陽がさしている場所があります。富士山の影が段々伸びていきます。そうか、あの影の境に行けばダイヤモンド富士になるんだと思い、急遽車を走らせました。幸い南南西〜北北東に走っている道路があります。影との競争です。私は助手席で後ろ向きになって、シャッターを切りました。沈んでいた太陽が、右斜面からまた顔を出し、ダイヤモンド富士もどきの復活です。この時は、連続ではなく、また山頂からのダイヤモンド富士ではありませんでしたが、連続ダイヤ、追っかけダイヤが可能であることを体験した最初でした。
Sinking Diamond Fuji Oshino Village (Yamanashi Prefecture) December 28, 2003
I took a picture of Diamond Fuji sinking near the “Hana no Miyako Park” on the shore of Lake Yamanaka. If you look casually to the north, there is still a place where the sun is shining. The shadow of Mt. Fuji grows gradually. Surely, I thought that it would become Diamond Fuji if I went to the border of that shadow, so I ran suddenly. Fortunately, there is a road running from south-southwest to north-northeast. Competition with shadows. I turned backward in the passenger seat and released the shutter. The sun that was setting sun turned up again from the right slope, and Diamond Fuji was back again. At this time, it wasn't continuous, and it wasn't Diamond Fuji from the top of the mountain, but it was the first time that I could experience continuous and chasing diamonds.


32 昇るダイヤ 竜ヶ岳(山梨県) 2004年12月27日
 元旦にダイヤモンド富士になることで有名になった竜ヶ岳は、富士山に相対する形で登山道が作られています。下の方ほど見かけ上富士山が高くなりますからダイヤモンド富士の時刻が遅れます。上の方でダイヤモンド富士になった瞬間に駆け下りていけば、連続ダイヤになります。ということで、最初に撮影してから、約4分間、駆け下りながら撮影しました。山道ですのでスピードを出すことはできず、多少は長く撮れたかなという程度ですが、得難い撮影地であることは確かです。
Rising diamond, Ryugakudake (Yamanashi Prefecture) December 27, 2004
Ryugatake, which became famous for becoming Diamond Fuji on New Year's Day, has a mountain path that is opposite to Mt. Fuji. The lower it is, the higher Mt. Fuji looks higher, so the time of Diamond Fuji will be delayed. If you run down the moment you become Diamond Fuji, you will be a continuous diamond. That's why I shot for about 4 minutes while shooting for the first time. Since it is a mountain road, it can not speed up, and it seems that it was possible to shoot a little longer, but it is certainly a shooting place that is difficult to obtain.


33 ■昇るダイヤ 朝霧高原(静岡県) 2009年2月
 朝霧高原には富士山に向かって走っている道路が何本かあります。タイミングを選んで連続ダイヤに挑戦しました。時速約10kmで走れば維持した状態になります。車を降りて実際に走ったりもしながら、約20分間、ダイヤモンド富士を繰り返し見ることができました。富士山に段々近づいていけば同じ日に何か所かでの撮影は可能ですが、長い時間連続ダイヤが可能なのは、朝霧高原でも数か所だけです。
Rising Diamond Asagiri Kogen (Shizuoka Prefecture) February 2009
There are several roads running towards Mt. Fuji in Asagiri Kogen. I chose a timing and challenged continuous diamond. If you run at a speed of about 10km / h, it will be maintained. While getting off the car and actually running, I was able to see Diamond Fuji repeatedly for about 20 minutes. If you get closer to Mt. Fuji, you can shoot in some places on the same day, but long-time continuous diamonds are possible only in the Asagiri Plateau.




朝霧高原での連続ダイヤルートと撮影地点  Continuous diamond Fuji route and shooting location in Asagiri Kogen
ダイヤモンド富士撮影日誌から From the Diamond Fuji photography diary
34 2009年2月21日 丹沢塔ノ岳先
この日は、塔ノ岳では山頂左端になってしまうので、もう少し北側(丹沢山方面)に進むことにしました。下った鞍部は草原状態になり、撮影に相応しい雰囲気でした。計算上はさらに進んだ方がよいのですが、下山することも考え、ここに決定。丸木があり、ここにまたがって撮影しました(^_^)。300ミリの単焦点レンズでの初撮影でした。【ダイヤモンド富士日誌2009年2月
February 21, 2009
On this day, I decided to go a little further north (toward Tanzawayama) because it would be at the top left of Tonodake. The lower buttocks became a grassy state, and the atmosphere was suitable for photography. It is better to go further in the calculation, but we decided to go down here and decide here. There was a round tree and I took it over here (^ _ ^). It was the first shooting with a 300mm single focus lens. [Diamond Fuji Nikkei February 2009]

35 2009年5月10日 御殿場 御殿場高校付近 
 田植え後のダブルダイヤモンド富士を狙い御殿場に行きました。地図にある通り、御殿場高校のすぐそばに田んぼがありましたが、何と休耕田でした(^_^;)。幸い少々時間に余裕があったので、近くを歩きました。ゲートボール広場の近くに田植えの済んだ田んぼがありましたが、個人のお宅に隣接しています。無断で入るわけにはいかないので、許可を頂こうと表札を見ると・・・。何と同姓でした(^_^)。そんなこともあって快諾して頂き、撮影できたのが今回の写真です 穏やかなダブルダイヤモンド富士でした。それにしても、同姓の方のお宅(田んぼ)で撮影できるとは! びっくりでした。行ってみなければわかりませんね。今度またお願いすることがあるかもしれません。ますます病みつきになりそうです(十分なっていますが(^_^))。【ダイヤモンド富士日誌2009年5月
May 10, 2009, Gotemba, near Gotemba High School
I went to Gotemba with the aim of double diamond Fuji after rice planting. As the map shows, there was a rice field right next to Gotemba High School, but it was a fallow field (^ _ ^;). Fortunately I had a little time so I walked nearby. There was a rice planting planted near Gateball Square, but it is adjacent to a private house. You can't enter without permission, so look at the nameplate to get permission. What was the same surname (^ _ ^). Thanks to that, it was this time that I was able to shoot with consent and this was a gentle double diamond Fuji. Even so, you can shoot at the same family name (rice field)! I was surprised. I don't know if I don't go there. You may be asked again this time. It seems to become more and more addictive (although it is enough (^ _ ^)). [Diamond Fuji Journal, May 2009]


(ウェブ用に掲載) (This time, posted on the web)
田代博のホームページ Homepage of Hiroshi Tashiro