富士山の標高2800m付近に見られる横線について
2015年11月29日
2015年11月/12月
11月27日に富士山の冠雪(積雪)の下限が大きく下がった時、宝永山のちょっと上に、横筋のようなものが見えました。気のせいかなと思う程度でしたが、翌日(28日)は少しはっきりし、29日には明瞭になりました。
その位置はカシミール3DによるCGでもわかるように、標高約2800m付近です。
今年1月2日の写真にはありませんでした。念のため昨年1月のを見ましたが(1月11日)やはりありませんでした(更に追加していきます)。

12月1日の写真を加えました。
11月21日
天気が悪く、はっきり見えたのは、21日の次が27日。
11月27日
少し線があるように見え、気になる。
11月28日
11月29日
線が極めて明瞭になる。
11月29日7時24分撮影
12月1日6時35分撮影 赤富士的。まだわかります。
カシミール3DによるCG
雪線の標高を2800mに設定。横線は、標高2800に位置していることがわかる。
カシミール3Dの最新バージョンで5mメッシュの地形データを利用して描画。
2800mラインに特段の地形的特徴はない。
以下、念のため。
カシミール3Dの地図上で2800mの等高線をひき、それを景観図の上に表示する。
件の線がおおよそ2800mであることは間違いない。
山中湖村の「絶景くんの富士山中継」の画像より(2015年11月29日午前8時30分)
こちらにも明瞭な線が出ている。
カシミール3DによるCG。赤い線は標高2800m。見事に一致している。
2015年1月2日撮影
それらしき線は見当たらない
2014年1月11日
2013年1月1日
2012年11月29日
2011年1月4日
2010年1月6日
2009年1月1日
線のように見えるのは電線
2008年1月2日
(ペンタックスK10D)
2007年2月24日
さて、その理由は・・・。
「重ね塗り」をした時に、その境が厚くなり、目立つことはあるが、今回はそのような状況ではない。
一気に下まで積雪になった時に、2800m付近に線ができているからである。
その付近で雪の面的一様性を阻害する何かがあったのか。つまり、その付近に雪を溶かす現象が発生しているのか。それにしても線上に広域に渡っているいるということは何を意味しているのだろうか。
現時点の、写真、地図だけからの判断では理由は全く不明と言わざるをえない。
ツイッターやフェイスブックに書いたところ、色々反響あり。
小口高さん
風で雪が飛ばされるか否かを植生の垂直限界が決めているかもです。富士山の森林限界は標高約2500mですが、矮小化したカラマツが標高約2800mまで広く見られるとのことです。
https://library.city.fujinomiya.shizuoka.jp/pdf/bokchan/bokchan.16.pdf

(╹▿╹)えむとら@遡上中さん
風の要因,植生の要因,そして標高帯によって雪自体も高標高帯は乾雪,低所では湿雪だった可能性など,様々な要因の複合によるものかなと考えております.

前線の影響も考えられるのではないかと、以下を紹介して下さった方もあります。
http://www.eonet.ne.jp/~aijiro/giyakuten.html
また、この線をどう呼べばよいだろうか。
似たようなものに「一文字富士」があるということを知った。
例えばこちら
では、案を。
横筋、横線、横一直線、横ライン・・・、ウーム今一つ。良い案をお持ちの方はこちらまで(^_^)。

12月1日追記
お中道に雪が残り線状の見えたのではないかという指摘を下さった方があります。
こちらの地図を見ると、確かに東面のルートはほぼ標高2800mになっており、一致します。
ただ、北東面は標高が下がり一致しないのが惜しいところです。
サニースポットのサイトに、「雲底高度」の予測が出ていますが、ある、雲底高度の時に、2700m以下にドカ雪が降ったのではないかという想像です」というメールを下さった方もあります。
12月2日追記
11月30日にNHKテレビで、気象予報士の檜山さんが説明されていました。その概要をメールでお知らせ下さった方がありますので、ご紹介します。
ひやま氏の推察は、当時の気象データから、2800mラインが丁度気温0度であ
ったこと。従ってそれ以上の標高では粉雪が積り、それ以下は湿った雪が張り
付き、その後強風が吹いて、粉雪が飛んで、境目が出来たのだろうと結んでい
ました。
表紙