ダイヤモンド富士日誌 2007年 11・12月 日誌目次
  
2004年1・2月  3・4月  
2005年1・2月  3・4月   
2006年1・2月  3・4月  
2007年1月 2月 3月 4月   
  
  9・10月 11・12月  
  11・12月
  10月 11・12月
  8・9月 10月
    
11月20日 北とぴあ MKさん提供
11月24日 府中四谷橋 左岸上流約100m
昨日帰国したばかりですが、短期留学生の受け入れがあり、休日出勤でした。折角東京に出たのだから帰りにどこかへ、と思ったのですが、適当なところが見つかりません(今まで行ったところはいやだし)。時間も迫ってくるので、ともさんのデータから府中四谷橋に行くことにしました。ルートを調べると、ほとんど時間がありません。片付けもしないで、最寄り駅までダッシュしました。(途中省略。下車駅は京王の百草園駅)。肝心の府中四谷橋からは実は見えません(^_^;)。多摩川の左岸を上流に向かって100m程度進むと、消え富士的に僅か見えてきます。ジョギングや散歩する人はかなりいましたが、その筋の人は見あたらなかったようです。送電線が煩わしいのですが、それに鳥がとまっており、ちょっと珍しい写真になりました。
府中四谷橋
右岸(これから渡るところ) 左岸(渡りきったところ)
送電線越しのダイヤモンド富士は何回かありますが、とまっている鳥と一緒というのは初めてではないでしょうか。
始まりました。
アップにしてみました。
更にアップにしてみました。消える寸前です。16時14分59秒(消えたのが16時15分00秒)。
手前はススキです。
12月7日 立日橋 MKさん提供
12月16日 東久留米駅
12月24日 立川駅ビル MKさん提供
12月24日 朝霧高原 こちら参照
12月24日 花の都公園付近 こちら参照
12月24日 二十曲峠への途中 
12月25日 中之倉トンネル こちら参照
12月27日 埼京線戸田駅
電車により遮られる(これは寸前)のが、駅ダイヤの宿命(^_^;)。
12月31日 立川駅ビル
雲の中に沈みますが、よしとしましょう(^_^)。
双耳峰ならぬ双耳雲!影も何とも(^_^)。
それ目当ての人はあまり(ほとんど)いなかったようです。まだ穴場?!
よいお年を!!!
2007年11・12月

表紙へ  ●ダイヤ富士日誌メニューへ ●富士山のページへ