ダイヤモンド富士日誌 2006年11・12月 日誌目次
  
2004年1・2月  3・4月  
2005年1・2月  3・4月   
2006年1・2月  3・4月  
2007年1月 2月 3月 4月   
2008年1月 2月 3月  
  
  9・10月 11・12月  
  11・12月
  10月 11・12月
  8・9月 10月 11・12月
    
11月7日成城学園富士見橋  「7日は風が強く、絶対見られると思い、京王多摩川に行く予定でしたが、時間がギリギリになり、土地勘もなかったので前から一度行ってみたいと思っていた成城学園の富士見橋に行ってきました。
もしかして・・・という期待もむなしく一日遅れで、やや左でしたがとても素晴らしい夕景でした」(MKさん)。成城学園前駅の展望も素晴らしいようです。
11月8日 明治大学リバティタワー 前日がよい天気でしたが、会議で行けず、今日こそは、ということでゲットしました。この日は終日好展望で、朝起きてから帰宅するまで大忙しでした(^_^)。こちらもどうぞ。
11月9日 シビックセンター 1日早いのですが、翌日の天気が思わしくないので(予報はあたりました)、沢山のマニアがきていました。ご覧のようにコロコロになりましたが、この時期としては上出来でしょう。念のため、右側の双子のタワーは都庁です。こちらもどうぞ。    
11月12日 西日暮里富士見坂 職場かこちらか迷いましたが、職場はいやでも行かなければならないので(^_^;)、こちらにしました。今日は少ないのではないかと思ったら、とんでもありませんでした。1月と同じくらい沢山の人で、テレビカメラも来ていたようでした。旧知の富士見坂眺望研究会の方々や議員さん達にも久しぶりにお目にかかりました。目を痛めないようにレントゲンのフィルムの貸し出しもありました。感謝です。ダイヤモンド富士は初めてという人もいて感激の一瞬だったでしょう。詳しくはこちらをご覧下さい。
今日は早い段階から富士山が見えています。開始16時23分11秒
ほぼ真ん中が16時24分47秒。これはもう少し沈んだところ
今日は多少右側へコロコロになります。終了16時26分59秒。これはその数秒前です
11月24日 足立区都市農業公園  東京都足立区鹿浜2-44-1 こちらをご覧下さい。今日は時間がなく、公園には入らず、傍の荒川の堤防から眺めました。詳しくはこちらをどうぞ。
開始16時16分16秒
ほぼ真ん中にきれいに収まりました。16時18分30秒頃でしょう。終了は16時19分02秒でした。
地元ではメジャーな場所のようです。カメラの放列! 荒川の堤防を下るとこんな景観が
消え富士ポイントにもなっています(^_^)。
奥多摩〜奥武蔵方面の山もよく見えます。右は、武甲山の隣に両神山も! さらにこの右には御荷鉾山まで見えていました。
11月25日 練馬高野台駅(西武池袋線) シミュレーションでは、やや右側になるのですが(16時16分)、また、午前中と違って雲も出てきたのですが、一応行ってみました。
ホーム中央から透明な防風ガラス?越しに何とか見えます。近くの病院からの展望がよいと居合わせた人が教えてくれました。
ホームの端(飯能寄り)からは、ガラスはないのですが、電柱が邪魔をします。ダイヤ後の雲と赤富士的な感じがなかなかでした(補正したせいもあり、赤富士の感じは出ていませんが(^_^;))。マニアが一人いるなと思ったら、以前多摩川の河原でお目にかかった方でした(^_^)。
12月18日 東久留米駅(西武池袋線) 富士見テラス  “ダブルダイヤモンド富士” 梅野武康さん撮影
読売新聞2006年12月20日 一面をご覧下さい。CGはこちら
12月20日 東久留米駅(西武池袋線) 富士見テラス 梅野武康さん撮影。今日もまた行かれました。16時16分。
12月28日 多摩川緑地(立川市富士見町6)
16時16分15秒
16時18分03秒
16時19分19秒
太陽が沈んだあとの雲が燃えるように輝く! 影富士も!
12月29日 戸田駅(埼京線) 前後の様子はこちら
ホームからはやや右側。コロコロダイヤになります。
終了時刻16時25分54秒
●「山の展望と地図のフォーラム」に書いた内容に加筆
12月29日は、東京で用事を済ませた後、埼京線戸田駅に向かいました(東京−上野−赤羽−戸田)。
途中、強風のため電車が遅れ、ハラハラしました。上野駅では始発電車が入ってきても、乗務員(車掌さん)がやってこず、10分以上も待ちぼうけ。駅員に抗議したほどです(^_^;)。もうダメかと思っていたのですが、あきらめてはいけませんね。赤羽駅で乗り換えのために走ったのが功を奏し、埼京線は予定より1本後の電車に乗ることができました。まだ間に合うかもしれない。
目的は戸田駅だったのですが、手前の戸田公園駅を過ぎてからダイヤモンド富士が始まってしまい、車内で撮影をしました(周りの目は気にしない。これが鉄則の一つです(^_^;))。戸田駅についた時はまさに佳境。電車が早く発車してくれるのを祈りながら、電車越しに撮影を続けました。コロコロダイヤだったので、ホームからの撮影時間が少し長くとれたのが幸いでした。
駅富士の宿命は通過電車のあること。特に埼京線の駅は東北新幹線なども通るので大変です。列車のダイヤを気にしながらのダイヤモンド富士。駅からのダイヤモンド富士は、ダブルダイヤモンド富士でもあります
12月30日 東武伊勢崎線蒲生駅付近
●「山の展望と地図のフォーラム」に書いた内容に加筆
「山の展望と地図のフォーラム」の「富士山の見える駅」で、見えることを確認して東武伊勢崎線蒲生駅に行ってきました。今日は珍しく時間があったので、ホーム以外によいポイントはないか駅周辺を歩きました(ホームからは腹ばいになると、透明な「防風板」の下の隙間から見ることができます)。なかなか適当なところがありません。スーパー(ヤオコー)があったので屋上の駐車場に行ってみましたが、かろうじて見えるという程度。高層マンションはいくつかあるので、いよいよとなれば禁じ手を使うしかありません(^_^;)。もちろん許可が必要です。ということで、いささか苦労したのがこの写真です。煩わしい電線はカットしていますが、これだけではどこからかわかりませんね(^_^;))。開始が16時23分17秒、終了が16時26分14秒でした。
12月30日 立川駅横 グランデュオ8階 MKさん撮影
「工事のクレーン車が邪魔でしたがすばらしい景色でした。クレーン車の下が多摩モノレールです。」
12月31日 守谷駅前(つくばエクスプレス 、関東鉄道 常総線) 前後の様子はこちら

2006年最後の日は、つくばエクスプレスと、関東鉄道 常総線が交差する守谷駅に行きました。「山の展望と地図のフォーラム」の「富士山の見える駅」で、とりまとめ役をしているたばりんさんがよい写真を撮って下さっているので、場所で悩むことはありませんでした。ここから富士山までの距離は132q。立派な遠望の世界です。2006年最後の遠望ダイヤモンド富士に気づく人がほとんどいなかったのが残念ではありました。開始が16時25分47秒、終了が16時28分14秒でした。
2006年11・12月

表紙へ  ●ダイヤ富士日誌メニューへ ●富士山のページへ