ダイヤモンド富士日誌 2006年 10月 日誌目次
  
2004年1・2月  3・4月  
2005年1・2月  3・4月
2006年1・2月  3・4月  
2007年1月 2月 3月 4月
  
  9・10月 11・12月  
  11・12月
  10月 11・12月
  8・9月 10月
    
一部画像の不備、欠落があります。ご容赦下さい。(2007年5月3日)
頂きダイヤ10月7日
猫爺さんが迫力ある画像を送って下さいました。場所は鶴見区末広町にある横浜市高齢者保養研修施設「ふれーゆ」です。3Fの展望窓からこのように見えます。
頂きダイヤ10月8日
猫爺さん 上と同じ「ふれーゆ」からです。ここは「交通の便がいい割に昨日も今日も同好の士は居りませんでした。入館は「タダ」なのに」とのことです。これは耳より情報ですね。私もまだ行ったことがありません。次の機会を狙いたいと思います。
花々さん スカイビルより 17時16分 電車が遅れて間に合わず、左上の稜線に隠れた直後とのことです。悔しかったお気持ちはよくわかります(^_^;)。
10月15日(日) 南武線尻手駅 今年後半初めてです。いくつか候補地がありましたが、時間の関係で、駅ダイヤが可能なところ、ということでここにしました。電車が邪魔しない立川行き方面のホームは、あいにく金網があります。そこで、反対側の川崎行きのホームから狙ったのですが、ちょうどタイミング悪く、電車が来る時間と一致してしまいました。ダイヤモンド富士の時間は2分40秒近くありますので、全部邪魔されることはないのですが、安全を考えて、金網越しの撮影にしました。太陽にメッシュが入っているように見えるのは、もしかしたら金網が写ったのかもしれません。
右斜面に完全に消えたのは、16時55分26秒。前後の様子はこちらをご覧下さい。
今日は休日でもあり、各地から愛好家が撮影していることでしょう(^_^)。
頂きダイヤ10月15日
猫爺さん 自転車で6Km走って、土手の上から撮影されたとのことです。
花々さんは、羽田空港からです。「少し右よりのダイヤでした。日没と共に雲に消え、綺麗なシルエットは見えませんでした」と書いてくださいました。
10月16日羽田空港
16時54分40秒消える(この直後です)
頂きダイヤ10月16日
猫爺さん 連日見事な写真を撮って下っています。これは大倉山公園からです。カメラはPENTAX*istD。
「昨日より、ミストが濃くてシルエットは駄目でしたが、本体は見えないのに、影が幻想的で初めての絵を撮りました。 チョコッとコントラストに手を入れると山体がみえるような気がしたのでコントラストは少々 イジッてあります。」とのことです。6枚送っていただいた写真のうち4枚を掲載します。6枚全体はこちらをどうぞ。(2007年8月現在リンク切れm(_ _)m)
花々さん 川崎ルフロン 昨日だとちょうど真ん中だったようですね(^_^;)。
10月19日 多摩川河原(矢口渡駅より徒歩10分) 多摩川の土手がサイクリングコースになっており、環境はよいところです。橋は多摩川大橋です。対岸のビルがダイヤモンドになるのを楽しんでいる内に、本当のダイヤのことを忘れそうになってしまいました(^_^;)。橋が邪魔しない場所もあったはずですが、そこへ行く余裕がなく、「格子」の間から撮ることにしました。富士山の稜線は見えなかったので、良しとしましょう。ダイヤモンド富士の撮影に邪念は禁物です(^_^;)。ちなみに、携帯メールに返事をしていたのもいけませんでした(^_^;)。
頂きダイヤ 10月19日
花々さん 京浜島緑道公園 「今日、太陽が出ていたのでもしや・・・と思い、京浜島緑道公園の端に行って来ました!
太陽はサンサンと輝いていましたが、雲が覆っていました(^_^;) その中で、16:48分頃から山頂の左端に太陽がかかっていきました。薄ぼんやりとはしていますが、山頂の所だけはハッキリと見えました(^_^)/ 太陽が消えると共に空は灰色一色になりました。」 沢山送って頂いた中から2点掲載させていただきます。
2006年10月

表紙へ  ●ダイヤ富士日誌メニューへ ●富士山のページへ