ダイヤモンド富士日誌 2005年 1・2月 3・4月 11・12月
2004年1・2月  3・4月  
http://yamao.lolipop.jp/daiya/daiya2005-1.htm
 1月1日 多摩モノレール。列車からのダイヤモンド富士にを挑戦
  9・10月 11・12月
   
 1月2日 多摩モノレール。柴崎体育館。列車からのダイヤモンド富士挑戦その2。但し、今日は駅から撮影
 1月3日 大洞山(大垂水峠傍)16時22分
 1月5日 石老山 16時21分 今年は山からのダイヤにより重点をおこうと思います (拡大します
 1月8日 多摩モノレール甲州街道駅 やや雲が多い感じでしたが、一応OKでしょう
 1月9日 鳥ノ胸山 16時12分 昼過ぎまでよい天気だったのに、残念! なかなかキュートな山ですが、真っ暗になる前に下山できます
 1月21日 練馬区役所 16時44分。少し右ですが、かなりよいできばえです。20階の展望室は4時過ぎにすでにそれなりの人がきていました。この2、3年賑わうようになったようです。その原因を作った一人は私かもしれません(^_^;)。テレビ朝日が取材にきていました(と他人事のように・・・(^_^))。銀塩はこちら
1月26日 サンシャイン58階 友人の勤務するオフィスが58階にあるので、お邪魔しました。生憎の天気でしたが、ギリギリ太陽だけは見ることができました。奇跡に近いですね。マニアはこれでも大満足です(^_^)。60階展望室には10名近く来ていたそうです。
 1月28日 附属屋上  一日早いのですが、明日は土曜日で休みだし、天気も崩れるというので、今日上がりました。生徒にも知らせていましたが、雲があり、ダメだろうと思っていました。見たいけどだめでしょうから帰ります、と言いに来た生徒もいて、引き留めることはできませんでした。しかし、ダイヤの15分頃まえに微かに富士山のシルエットが見え、これは大変と急いで校内放送もしました。何人かの先生、生徒が駆けつけて、滅多にない光景を堪能しました。パイプにひっかかって転んだ先生、生徒もいましたが、その後大丈夫でしょうか(^_^;)。16時53分52秒消える 銀塩
1月30日 西日暮里富士見坂 16時50分 雲の下から太陽がでて、その気にさせてくれたのですが、あと3分のところで、雲がわき、残念でした。ギャラリーは2〜300人にも。待っている間の会話が愉快でした。様子は こちら をご覧下さい。
 
 2月1日 後楽園観覧車 手前はドーム球場
 2月3日 中野島駅入口信号(多摩川右岸)
 2月4日 西河原公園(狛江市)(多摩川左岸)
あと30秒というところで、雲が邪魔しました
 2月5日 丸ビル35階 あと3分というところで、今日も雲が邪魔しました
 2月6日 またしても挑戦空しく・・・
 2月15日 お台場観覧車 一日遅れですが、一応行ってみました。14日はダメだったのですが、今日は見えそう、と思ったら、あと僅かの所でやはり雲に隠されてしまいました。これはかろうじて見えている段階
 2月23日 富士山の日。多摩川左岸(西六郷一丁目)。昨日2月22日が久しぶりのダイヤ日和でしたが仕事で行けなかったので、今日を期待したのですが、あと僅かのところで、またしてもアウト・・・。残念(^_^;)。
 2月27日 小机城址市民の森。またしてもあと僅かという所で、厚い雲に阻まれました。「富士仙元」(富士塚)を見つけたのは成果でしたので、次回を期待しましょう。
2005年1,2月

表紙へ  ●ダイヤ富士日誌メニューへ ●富士山のページへ