奈良県からの「令和」最初の超遠望ダイヤモンド富士
2019年5月10日
超遠望ダイヤモンド富士ハンターの新林正真さん(奈良県在住)が、またも快挙です。奈良県宇陀市の住塚山(1009m)から約260q(剣ヶ峯まで259.2q)の超遠望ダイヤモンド富士を、5月10日早朝撮影されました。ご本人の許可を得て、お知らせします。
住塚山  こちらより引用
「奈良県宇陀市にある山で、柱状節理の障壁を連ねる屏風岩で有名な山。周辺ははヤマザクラと紅葉でも知られ素晴らしい景観が楽しめる。山頂からの展望は素晴らしく、眼下には宮城高原が広がり、背後には国見山の端整な山容を展望することができる」
地理院地図より
新林正真さん撮影 (掲載用に縮小しています)
カシミール3DによるCG
 計算仕様の設定で、樹木の影響設定を有効にしている(樹高を15m)。これにより、近景の山稜が写真に近くなった。
共同通信の配信により、5月10日の夕方、地方紙各紙(ネット)に掲載。以下、一例。


■表紙