伊吹山からのダイヤモンド富士
2018年3月17日 森翼さん撮影
2018年3月
伊吹山からのダイヤモンド富士が撮影されました。2017年12月3日に、滋賀県の比良山系釣瓶岳(1098m)山頂から257km先の富士山(白山岳)を撮影した森翼さんの再びの快挙です。
伊吹山から富士山までの距離 211km。
(地理院地図)
森さん撮影の写真です。2018年3月17日撮影。経過等はヤマレコ参照。
日の出前
カシミール3DによるCG
日の出直前
日の出(ダイヤモンド富士)
カシミール3DによるCG
伊吹山からの富士山撮影の意義
今回の撮影は山岳展望の歴史においても非常に大きな意義があります。
(1)富士山が見える証拠写真
 伊吹山からは富士山が見えると言われており、可視マップでも見えるのですが、別な手法による計算では見えないという説も出され、マニアの間では議論が続いてきました(「伊吹山からの富士山」参照)。そして証拠写真待ちのまま、10年以上が経過していました。そのため、ネットでは残念ながら見えないと書かれることもありました(「琵琶湖東面に立つ近江の山。富士眺望は相当微妙だが、結局、見えないことが証明されたとのこと。残念」<65伊吹山の項>)。証拠写真が撮れたことにより、この議論にピリオドが打たれたのです。
 それまでの経過を、小著『「富士見」の謎』から引用しましょう。
伊吹山は、可視マップでは表示され、富士山のほぼ真西にある最遠の山と考えられていました。しかし地形図から読み取った詳細なデータで検討した結果、ダメということがわかりました。恵那山の近くの大川入山の稜線に隠されてしまうのです。ただ、大気差によっては可能性が全くないわけではありません。登るのは難しくない山ですので、もしもそれらしき写真を撮られた方がいらしたら、是非お知らせください。経過については、「伊吹山からの富士山」にまとめてあります
(伊吹山山頂付近の富士山可視マップ)
(2)滋賀県からの富士山
 滋賀県には富士山が見えるポイントは僅かしかありません。伊吹山は岐阜県との境ですが、滋賀県の山でもあります。貴重な滋賀県からの富士見ポイントが増えた(確認された)のです。
(3)超遠望ダイヤモンド富士
 200qをこえる超遠望ダイヤモンド富士です。富士山の撮影自体初めてですから、ダイヤモンド富士ももちろん初めてということになります。
貴重な写真をご提供くださいました森様に御礼申し上げます。
田代博のホームページ