舞浜大橋 究極の橋脚ダイヤ
2015年2月16日
2015年2月
カシミールによると、舞浜大橋か、その上流側がダイヤモンド富士ポイントです。ネット情報で舞浜大橋に歩道があることは分かりましたが、富士山がどう見えるかを確認する余裕が無いまま、現地に向かいました。

最初に行った下流側からは、京葉線の鉄橋が間近でダメ。
上流側に回ったら、見えることはわかりましたが、車の通行量も多く今一つです。
しれではと橋を降りて堤防に向かいましたが、鉄橋の上に頭を出すにはかなり上流側に行かなければなりません。
それなら、下から見ようと橋の下まで行ってみました。幸い通れるだけの道が作 られており、このポイントにたどりついた次第です。橋脚まで近いので、1m前後、左右に動くだけで見え方が違ってきます。
以下、いささか枚数が多いですが、見事な橋脚富士になりましたので、ご覧ください。

(カシミール3Dの地図使用)
舞浜大橋歩道(下流側)
京葉線の鉄橋が迫ります
舞浜大橋歩道(上流側)
いることはわかりますが・・・
堤防の上流側からは相当離れないと鉄橋の上には出ません。
橋の下から見ることができるポイントにたどりつきました。
589
610
612
620
624
632
637
640
646
658
664
668
670
674
678
682
687
693
697
700
703
705
708
全体
707
709
一番下流側
713
719
堤防の上流側に行ってみました。
738
上流側の舞浜大橋の歩道にも行きました。電車が通ると隠されてしまいます。自動車もトラックなどが来るとアウトです。
760
時間があったので、あちこち試すことができました。その甲斐あって、東名高速都夫良野トンネルでのダイヤモンド富士に次ぐ感動的なダイヤモンド富士になりました。
田代博のホームページ