那古船形ダイヤモンド富士
2014年5月10日
2014年5月
家を13時過ぎに出て、帰宅したのが22時半近くなので、半日というか一日がかりのダイヤモンド富士取材でした。踏切に人が入ったからということで相鉄線が5分遅れ、1時間に1本の電車に乗り損ねるというハプニングもあり、例によってドタバタしましたが、何とか綺麗なダイヤを撮ることができました。
マニアが10名程度は来ていたようですが、散らばっていました。

行きは、JR、帰りはアクアライン経由の高速バスを利用。夜景を楽しむことができました。
地理院地図+GPS軌跡
夕富士のみち とは何とも(^_^)。
その先です。まだ富士山は見えません。期待が高まります。停まっている車は、マニアのものか?
江ノ島を思わせるのは、大房岬
堤防は、広げるには好都合
どこにいるのか見えません。太陽との関係では、右に寄りたいのですが、そうすると大房岬が邪魔をします。早く見えないと困る・・・。
158 いますね
159 きたっ!
800oミラーで
166 ワイドで
167
170
171
177
181
183
800oミラーで
192
196
208
227 移動しています
238 大房岬による消え富士
右側の「穴」からトンネル富士になるかと思いましたが、ダメでした
那古船形駅 寂しい感じがしますね
内房線
木更津駅でJRを降り、高速バスで横浜へ
ランドマークタワー方面の夜景を堪能できました
表紙