念の?ダイヤモンド富士 浮間舟渡駅〜戸田公園駅
2012年1月9日
2012年1月
素晴らしい展望日和でしたが、休日出勤(^_^;)。会議が長引き、予定した場所でのダイヤモンド富士撮影ができずあきらめていました。ふと気づいたのが、埼京線の駅。職場の最寄り駅(護国寺or茗荷谷)からなら間に合うかもしれない。カシミールで調べると、浮間舟渡駅が左よりだが、何とかなりそうと出ました。戸田公園駅では右に寄ってしまいます。太陽が富士山頂の一部にかかっていればダイヤモンド富士と言ってよいので、浮間舟渡駅目指して、急遽出かけることにしました。
▼浮間舟渡駅
 余裕でした。ちょうどビルの間に見えます。
 東北、長野新幹線などが通るので、列車に遮られることがあります。それはそれで絵になりますが。
 
 新幹線ダイヤ?
 やはり左に消えました。
 これで終わるのはちょっと残念。右に行けばまた太陽に会えるかもしれない、ということで、隣の戸田公園に向かうことにしました。
 乗り込んだ埼京線の車内から。
 荒川を渡ります。
 あっ、見えてきました!
 もちろん、山頂ではありませんが、コロコロダイヤとして復活です!
 時間は経っているのに、見える範囲は大きくなっています!
 しかし、永遠に続くわけにはいきません。戸田公園駅に入り、このビルに隠されて終わってしまいました。
 後ろの車両に乗っていれば、建物の影響がなく、富士山の稜線に隠れるのを見届けることができたかもしれません。ただし、浮間舟渡駅では、先頭車両に近い方がよかったので、やむを得ないでしょう。ともあれ、場所を変え、また移動することにより、ダメと思っていた1月9日のダイヤモンド富士を、2回見ることができました。何事もあきらめてはいけません。センター試験まであと僅か。受験生も最後までがんばり、見事ダイヤモンド富士をゲットしてください(^_^)。
表紙