ダイヤモンド富士日誌 2011年 9月
今までの撮影一覧
9月7日 江ノ島大橋
 久々のスッキリダイヤでした。 
9月10日 片瀬2丁目付近 
 当初は、昨年行った片瀬山富士見坂を考えていました。一日早く、ずれるのですが、諸事情でリベンジの積もりでした。
 駅を出て西にずっと歩いていくと、このように富士山が見える箇所があります。富士見坂より南になるので位置的にはちょうど良いのですが、ご覧のように電線が邪魔をします。この先の行き止まりまでいくと電線は邪魔しなくなります。すでに数名の人が来ていました(^_^)。塀の向こうはお寺の境内のようです。今の場所からでも良いのですが、境内に1人入っており、折角なので行って見ることにします。ただ、こちらから入ることはできず、大きく迂回して登り直さないといけないようです。時間は20分程度あったので、地図を頼りにダッシュ!
 間に合いました。視界が開けます。横に長いのは丹沢の山並みです。山頂部はかなり雲に覆われています。右は片瀬小学校
 幸い富士山は雲の上に頭を出しており、心配ありません。
 ちょうど真ん中に入りました。
 
 現地に行ってみなければわからないという例がまた増えました。帰りは小田急藤沢駅まで歩きました。
9月12日 新林公園 あと僅かで残念でした。比較的足の良い穴場です。
 地図は電子国土を使用。赤い線はGPSの奇跡
 新林公園入り口
 展望台。ここに上がらなくても手前の樹林が切ってあり、展望可能です。
 このように展望が開けています。
 南側にむかって600mあまり起伏のある山道を登り下りすると、見晴し台につきます。
 ちゃんと指示があります
 この、杭とロープで囲われたところが見晴台です。先客1名のみ。
 名前通りの見晴らしは得られます。問題は雲です。
 直前までは雲の上に僅かですが頭を出していたのですが・・・。
 ちょっと不安になってきました。
 残念ながら横に長い雲が生じて、山頂を隠してしまいました。
 その雲の下にある隙間から、何とか太陽の輪郭が見えてはいますが・・・。これが最後のサービスでした。
コンデジ、デジ一2種(ニコン、ペンタックス)計3台持っていったのに、残念でした(^_^;)。次回を期待しましょう。
参考サイト  地図はこれが役に立ちました。トイレは現在使用中止になっています。
9月13日 藤沢市合同庁舎付近
 奥田駐車場の道とT字路になるごく限られた場所から僅か覗きます。花壇?があるので(下の写真の手前)、ポイントはわかりやすいと思います。
 一応ダイヤモンド富士もどきになりました(^_^)。
 2階相当の歩道橋からは見えますが、地上に下りると見えなくなります。
9月14日 野島公園展望台
 下から見えると円盤のような展望台
 それなりに集まっています。
 雲が多いが、富士山はその下にあるので、何とかなるか・・・。
 富士山にも雲がまとわりついているようです。
 始まったようですが、雲が多い・・・。
 まあ一応ダイヤモンド富士と認定しましょう(^_^)
9月15日 藤沢市大鋸付近(不発)
 @が撮影場所 A藤沢市立御所ヶ谷児童遊園 ベンチが2脚あり、待機には良い? (電子国土利用)
 @10m程度、西側が空いています。他の場所は樹林でダメ。
 右手が西側。富士山の方向。
 残念ながら、富士山方面だけ雲が集まっていました。
 雲の中に沈んだ後、一回姿を見せてくれましたが、奇跡は起きませんでした(^_^;)。
 藤沢駅から10分ちょっとで行けるので、次のチャンスを狙いたいと思います。
9月18日 善行公園 何度となく通った善行公園でようやくダイヤモンド富士をゲットできました(^_^)。
 滑り台の上が撮影ポイント。端(○印)でないと木が邪魔をします。
 シルエットがわかりますか? 幸い雲はありません。
 大丈夫でしょう。
 雲がどうなるか・・・。
 ニコンD90で撮影。シャープさが違いますが、明るすぎるとエラーになります(^_^;)。以下、ペンタックスと混在しています。
9月27日 相鉄線ゆめが丘駅 なかなか見事でした。詳しくはこちら
おまけ 9月29日 西日暮里富士見坂 これもダイヤモンド富士!
 ここには装飾外灯があり、それが富士山の形をしています。そこに太陽を重ねました。場所は限られているし、もちろん時間も、です。案外難しいのですよ(^_^)。
今までの撮影一覧
田代博のホームページ