北限あれこれ
2012年8月
さすが北海道も北端の稚内や礼文には北限と銘打ったものが沢山ありました。それらを集めてみました。
(稚内)
●日本最北端の地(稚内 宗谷岬)
その裏側がもっと北になると思い、回ってみたところです(^_^;)。
GPS受信機を置いてみました。
GPS受信機の値は、45°31′22.6″ 141°56′11.5″となっています。
電子国土基本図により、「十」の位置を測定したら、北緯45度31分22.7秒  東経141度56分11.7秒となったので、まあいいでしょうね。
▼参考までにノシャップ岬です
 まあ、こちらは静かですね。
●稚内駅
左端に上記の標識がギリギリ見えます(パノラマモードで撮影)
●最北端の線路(稚内駅)
(礼文 スコトン岬) 礼文島は最北の有人の離島なので、特に北端のスコトン岬には色々あります。
●最北限の地スコトン岬
(土産物屋)
そのお店で買った昆布ソフト。色は付いていますが、昆布の味は微妙でした(^_^;)。
最北限のトイレ は珍しいかと思い撮ってもらいました
何と海沿いに、民宿があります。最北限とうたっているかどうか未確認ですが、そうであることは間違いありませんね。夏の間だけ営業と聞きました。
(おまけ) こんな標石がありました。何も説明がありません。検索してみたら、こちらに良い説明がありました(知人のサイトでした)。引用させて頂きます。

礼文島の最北端スコトン岬で写真のような標石をみつけました。コンクリート製で周囲には「元標+鰊定583」の刻字がありました。地元の漁業協同組合の話 では鰊漁全盛の頃(昭和20年代)建網を敷設する際の指標とされたようです。現在このような標石はつかわれていません。建網は固定式さし網ともいわれ平面 状の網を魚の通り道に仕掛け網目に魚類が刺さる状態で捕獲します。

左は私の足です。
何かと思って、皆さん、写真におさめるようです。やはり説明が欲しいですね。
表紙