2011年度(122回)5月レポート
「(自衛隊を)非軍事の救援組織へ転換を」という主張への意見
レポートの趣旨説明文書はこちらです。
1組 2組 3組 4組
2011年5月
左の番号は便宜的なものです。
右の数字は、受信した日付です。全員提出しました(24日)。
 1  自分としては水島さんの自衛隊の軍としての機能を捨て、災害救援部隊とするべきだという意見には反対である。
  水島さんは災害救助が自衛隊にとっては本務ではなく「従たる任務」であることを指摘しているが、本務でないからといって支障があったり自衛隊員の士気が下がったりということは無いはず。実際自衛隊の人達は大規模な態勢で救助にあたってくれているし、これが災害救援部隊であったとしても大した違いは無いと思う。
  また、自衛隊の軍としての側面が強調されていることが憲法に反すると述べているが、自分は軍としての機能があっても良いと思う。そもそも自衛隊が軍になったからといって戦争をすることになるとは限らないし、憲法に反するからだめだというのも変である。今の憲法が作られたのは終戦直後で、とにかく直接戦争に関わった軍を否定する様にしようと考えていただろうし、本当に必要ならばあるべきだと思う。実際今の自衛隊は軍としての側面もあるが戦争はしていないし、軍事的であるからといって戦争をする様にはならないだろう。逆に軍備があるから万が一他国から攻撃されてもアメリカ等の同盟国の力を借りなくても自衛し、日本国民を守ることができる。
  そういったことからも、自衛隊の軍事的な面がありつつ救援活動にも参加できる今の形で良いと思う。
  ただ、水島さんにもきっと水島さんなりの考えが記事に書かれていること以外にもあるだろうから、水島さんの意見を一概には否定できない。人それぞれ。     
 21       
 2  自分は、水島氏の主張に反対だ。確かに、今回の東日本大震災での自衛隊の仕事は、水島氏の言う通り、本来の任務ではない。しかし、今回、自衛隊が救助活動を行ったことで、多くの命が救われたというのは、紛れもない事実である。自衛隊はなくてはならない部隊であるということは、今回で多くの人が感じたはずだ。しかし、だからといって、自衛隊を災害救援部隊としてしまうのはどうかと思う。そうしてしまったら、自衛隊は軍としての働きを失ってしまうため、いざ外国に攻められた時は、なにもしようがなくなってしまう。そのため、自衛隊には、軍としての力もあった方が良いと思う。いざとなったらアメリカに助けてもらえば良いという考えでは甘いとおもう。また、軍としての働きを持つ部隊と、災害救援部隊としての部隊に分離してしまうという意見も出ているが、それでは、より多くの人材が必要だし、それに、もしそうなって、前者と後者どちらに入るかと問われたら、わざわざ自分から戦いたいとは思わないだろうから、後者を選ぶだろうし、自分も後者を選ぶだろう。なので、今まで通り、自衛隊として、戦力を持ち、災害時には、救助活動をするようにしたらいいと思う。しかし、そのように考えたら、憲法9条に反しているのではないかという意見も出るだろう。しかしそれはまた別の問題になってしまう。それについては、憲法を改正すべきだと思う。
 以上をふまえた上で、自分は、水島氏の主張に反対だ。
22
 3  今回読んだ記事では、自衛隊を海外にも展開できる、非軍事の多機能的な災害救援部隊に転換していくべきだ、と述べているが、私はこれには反対だ。
 何故なら自衛隊は日本の防衛のために必要だとおもうからだ。世界中の多くの国々は軍隊を持っており、中国や北朝鮮などは日本に対して威嚇行為を繰り返している。そんな緊迫した状況の中で日本が自衛隊をもっていなければ防衛は同盟国であるアメリカに頼らざるを得なくなる。そうすると自分たちの国を「思いやり予算」という高い給料を払って他国に守ってもらうというおかしな構造ができるだけでなく、アメリカに逆らえなくなってしまいます。
 しかし、憲法第九条で「陸海空軍その他の戦力」を持つことは禁じられているのに、自衛隊は戦力ではないのかと思う人は多いでしょう。私もそう思います。現在政府は最低限の防衛力は戦力とみなされないという解釈をすることで自衛隊の存在を肯定しています。
 これはどう考えてもかなり苦しい言い訳です。
 だから私は現在の自衛隊は違憲状態だと思っています。ではどうすればいいのかと言えばやはり、憲法の改正です。具体的には、専守防衛の自衛隊の保持を許すことを明記することです。しかしコスタリカは防衛軍さえ憲法で禁止し、保持していないじゃないか。という人もいるでしょう。でもあなたにはライオンがたくさん入った檻の中に丸腰で入っていく勇気があるでしょうか。たとえ十分に餌が与えられていたとしても、「平和を愛する諸国民(満腹のライオン達)の公正と信義を信頼して」(日本国憲法前文より)
 またこの記事では災害派遣は自衛隊にとって自衛隊法により「従たる任務」になっていることも自衛隊の軍隊性を強めている。という趣旨のことが書かれているが、私は何故政府が災害派遣を「本務」としないのか不思議だ。災害派遣だって立派な「国と国民を助け、守る仕事。」つまりは正しく「我が国を防衛する」自衛隊の「本務」ではないか。海外派遣は「我が国を防衛する」活動ではないが、国際的な付き合いとして仕方がないだろう。
 よって自衛隊は堂々と防衛軍として災害派遣を行うべきだと思う。
21
 4  2011年5月7日付の朝日新聞に「非軍事の救援組織へ転換を」という見出しの記事がある。この記事には今回の東日本大震災を通して自衛隊の在り方を考え直そうと提起する、早稲田大学教授の水島朝穂氏の意見が書かれている。水島氏は、「自衛隊の『軍』としての属性を徐々に縮小し、将来的には海外にも展開できる、非軍事の多機能的な災害救援部隊に転換すべきではないだろうか。」と述べている。
 確かに、今回の震災で自衛隊はその展開力を活かし、様々な救出、救援活動をおこなった。その活動の評価は非常に高く、災害時の自衛隊の必要性を我々国民に再認識させた。
 ところが、自衛隊は災害救援専門の部隊ではない。あくまでも軍事的攻撃から国家を防衛する事が主任務である。自衛隊法の第2条では自衛隊の任務を「我が国の平和と独立を守り、国の安全を保つため、直接侵略及び間接侵略に対し我が国を防衛することを主たる任務とし、必要に応じ、公共の秩序の維持に当たるもの」としている。そのため水島氏は「平和国家 日本」の自衛隊を災害救援部隊に転換させ、武装をすべて解除させることを提案している、というわけだ。

 しかしながら、私は水島氏の意見には賛成できない。自衛隊はやはり「国家防衛軍」として存在しなければならない。理由としては次の2つが挙げられる。
? 日本の地理的環境
? 日本の国際的立場
 この2つの視点から自衛隊の「軍」としての必要性がみえてくる。

1. 日本の地理的環境
 日本は地図をみてもわかるように海に囲まれた海洋国家である。しかし、日本海をはさんでたくさんの国々が存在し、そのなかには中国、ロシア、北朝鮮など日本の軍事的脅威になるような国がある。日本はいわばお濠をひとつ隔てて睨みあいをせざるを得ないような状況にいつも立たされているのである。
 特に中国は最大の脅威であると言っていい。次のグラフをみて頂きたい。

中国の軍事費の変化  (朝日新聞)

このグラフからも分かるように、中国は年々軍事費を増し、今年の軍事費は6011億元、日本円にして約7兆5000億円にも上る。
 しかもこれは中国政府の公表した数字であり、実際はさらに多くの金をつぎ込んでいるといわれている。現にアメリカ国防総省は実際の中国の軍事費は政府公表額の2倍と推計し、警戒を強めている。
 このような事情に加え、やけに軍事的挑発が好きな北朝鮮や、北方領土への軍備増強を表明したロシアも馬鹿にはできない。実際、航空自衛隊は

スクランブル発進の回数(航空自衛隊HPより)

領空侵犯機を領空外へ追い出す、いわゆる「スクランブル発進」を数多く行っているがその領空侵犯機のほとんどが中国軍やロシア軍のものだという。
 以上のように考えるとこの「平和国家 日本」でもいつも一触即発の危機に瀕しているのである。その危機から国民の命や財産を守るためにも自衛隊の「軍」としての役割が絶対に必要なのである。

2. 日本の国際的立場
「日本には国際的発言力がない。」とよく言われる。先日の尖閣諸島の中国漁船領海侵犯および海保巡視船への体当たり事件で、日本は中国人船長を一時拘束したものの、すぐに釈放。那覇地検や政府は「検察独自の判断。」と強調したが、野党や国民はこの一連の対応を「弱腰外交」と批判し、米ワシントンポストも「中国の影響力(の大きさ)の証し。最大の貿易相手国の一つ(日本)に強烈な圧力を行使できることを示した」と報じた。世界的に日本の国際的発言力の無さを知らしめてしまったのである。
このような背景があるなかで日本は国際的にみれば単なる「弱国」にす
海保巡視船に体当たりする中国漁船(You Tubeの映像から)

ぎない。中国が攻めて来ようが日本がどうなろうが世界的にみればどうだっていいことなのである。日米安保で「日本を守る」と決めた米軍も結局は星条旗にしか忠誠を誓っていないのだから資源もなにもない「弱国」を守ってくれるはずがないのである。

 しかし、今まで何度も独立の危機に瀕しながらも先人たちが命を懸けて守ってきたこの日本を滅ぼされるわけにはいかない。自分たちの子孫にこの日本を残し、引き継ぐためにも最低限の「軍備」、つまり自衛隊は絶対に必要なのである。「中華人民共和国 日本省」や「ロシア連邦 日本共和国(州)」ではなく「日本国」を残すために。
22
 5  水島さんの言う通りだと思う。自衛隊の「軍」としての属性を徐々に縮小し、将来的には海外にも展開できる、非軍事の多機能的な災害救援部隊に転換したほうがいいと思う。
 今回の東日本大震災のような災害の時に、自衛隊の方々はとても働いてくれて、本当にありがたい。自衛隊無しでは今よりも復旧が遅くなっていたに違いない。
 自衛隊というのは日本国憲法第9条で「陸海空軍その他の戦力はこれを保存しない。」というものに違反すると主張している人がいる。確かに、自衛隊というのは「戦力」となる。しかし戦争になった時、日本を守れる唯一の存在が自衛隊ということもまた事実である。さらに、今回のような危機に役に立つものでもある。だから、水島さんの意見は本当に良いものだと思う。戦力を持たないということは、そう決めたのだから守らなくてはならない。災害派遣活動をするからといって、軍として強化していいというのはまた話が違うだろう。
 僕は水島さんに同意する。
14
 6  この意見はなかなか興味深い意見である、と思う。ただし自衛隊の軍としての機能を叙々に縮小しやがては非軍事というのは良くないと思う。そうすることによって日本はより米軍への軍事的側面での依存度が高まってしまう。それが意味することは、ただでさえ軍事的縮小により、2地域での戦争が困難となったといわれているアメリカに外交に関してかなり依存することになってしまう。現在、国力を伸ばしている中国との外交ではかなり不利になってしまうだろう。台湾、尖閣、東シナ海の天然資源などかなりの面において中国に吸収されてしまう可能性もある。なので最悪でも非軍事化は避けるべきである。災害に関していうと現状維持でも仕方がないと思う。そもそも筆者は軍事力が強化などをいっているが、この非常時に連絡調整をしてはいけないのか、極端すぎる意見だと思う。個人的には軍事力の強化、外国軍との連携強化は中国との対等な外交が今後望めないため、多少の軍事面での強化は止むを得ないと思っている。それでも災害に関しては「従たる任務」ではなく、より「本務」に近いものにして、確たるガイドラインを作れば良いと思う。
20
 7  三月十一日に起きた地震で甚大な被害を受けた東北地方でも救援活動で活躍した自衛隊。その自衛隊の「我が国の防衛のための軍」という本来の役割を小さくしていってしまおうというのが今回のテーマの記事を書いた水島さんの考えだ。
 勿論、彼には今日の自衛隊が「軍」といったほうに向かってきてしまっているのは憲法との関係上いいのか、というしっかりとした考えの根拠があるからこそ、このような大胆な意見を言っているわけだが、僕はそこまでやってしまってはいけないと思う。
 そもそも自衛隊の前身となる警察予備隊も最初から設置するつもりでなかったことができた年が日本国憲法よりも後ということからも分かる(日本国憲法は1947、警察予備隊は1950)。つまり自衛隊(当時警察予備隊)は、どうしても必要になってしまったので作った、ということなのだ。そして経済情勢が安定しているとは言えない今日、日本が平和でいられるのは少なからず自衛隊の存在が影響していると思う。
 細かいことは分からない僕が言うのもなんだがどちらかといえば支援活動が目立つ自衛隊も言い方は悪いが、一応「防衛」の役割を担っている。しかし、この「一応」が大切なのではないか。存在はしているが、何もしない、というのとそもそも存在しない、というのは一見同じことじゃないか、と思えるがそうではない。その背景には「存在感」というものがあり、存在しているだけで意味を成すのだ。それが日本の平和を保っているのかもしれない。
 水島さんの言いたいことは十分分かるが自衛隊の存在意義は実際の活動だけではない、僕はそう思った。
21
 8  そもそも自衛隊とは1950年アメリカのGHQの指令に基づき警察予備隊が発足したのが始まりである。自衛隊は軍ではなく、あくまでも諸外国の勢力を日本国内から排除する事を目的とした日本の防衛組織である。ただし自衛隊はきちんと武装しており軍のようである。しかし、水島さんの言うとおり今回の東日本大震災において、自衛隊の働きは必要不可欠であるし。自衛隊の人員、装備は使えるし、僕たちにとっても自衛隊の存在はやはり心強い。また、ロシアとの北方領土問題、中国との尖閣諸島領有問題、韓国との竹島問題、北朝鮮などがあうなかで自衛隊の軍備増加は致し方ないと思う。この文のなかで、筆者は自衛隊は軍としての属性の縮小化を述べているが、むしろもう少し拡大化をしていいと思う。
 ただ、自衛隊が軍となるのはやはり駄目だと思う。また日本が大きな過ちをおこすかもしれないし、諸外国の同意を得るのは難しいだろう。二度と昔のような過ちを繰り返さないようにしなければならない。
 自衛隊はたしかに今回の様な大規模災害のときに、めまぐるしい働きをしているが自衛隊本来の仕事は日本の防衛である。その事をおろそかにしてはいけない。また、現場の隊員のメンタル面などの事も考えなければいけない。現在実際救援活動をおこなっているのは地元出身の隊員が多い。自分自身も被災者であるにもかかわらず、被災地復興の為に十分な休息もとらずにがんばっているのである。
 自衛隊は確かに優秀で非常に頼りがいのある組織だが、どのような場面で自衛隊を出動させるか、自衛隊本来の仕事は何なのかを理解しなければならない。
21
 9   僕は水島教授の考えに反対だ。確かに、自衛隊の「軍」としての属性を徐々に縮小し、将来的には海外にも展開できる、非軍事の多機能的な災害救援部隊に転換するという考えは一理あると思うし、災害救助部隊を新たにつくるならありだと思う。しかし自衛隊を完全に排除したらどうなるだろう。今まで以上にアメリカへ の依存が強くなり日本の立場が低くなるし、内乱やテロが起こったりしたときに不具合が生じるだろう。
 そして日本の領空や領海は誰が守るのかという問題も出てくる。もしここまで米軍に頼ってしまうことになると、日本の力はかなり弱体化してしまう。
 そして水島教授は災害救助活動が自衛隊にとって本務でないと言っているが、災害救助も1つの国の防衛だと思う。実際被災地でもかなり活躍しているので、正直今のままの救助体制で十分なのではないか。
 僕は自衛隊を無くさず、今までのままの形で国民の安全を守って欲しいと思う。
21
23
;59
10  僕は、自衛隊というものは平和的活動を目的とした組織に転換すべきという水島さんの意見におおむね賛成だ。理由は憲法第9条に戦力の不保持が明記されているからだ。自衛隊が戦力でないとするなら戦闘専用の装備が多すぎると思う。有事の際の防御用にという理由で置いているにしては約24万人は多すぎないだろうか?
ただし、軍隊を全く持たないというのは諸外国の日本に対する攻撃という起こりうる事態の際に、アメリカなど外国の軍隊のみで守ってもらっているようでは数が足りるのかどうかや他国の日本への影響力が強くならないかどうかなどの面で不安である。なので、自国防衛用のシステムのみはこれからも増やし他国からのミサイルなどにもしっかり対処できるようにしておき、戦闘機など攻めるのには役立つが守るときにはあまり多くいても仕方がない機械を減らし、災害時や他国でのPKO活動などで役立つ輸送機や他国への中立的支援で役立つ地雷除去などの装備を増やしていくことが必要かと思う。
 また、東日本大震災の時見せたきちんとした統率を維持するためには今まで通りの訓練量はしっかり維持し、少し災害対策の訓練の割合を増やしていくことがいいのではないかと感じた。
21
11  水島氏は、今回の大震災の災害救援において、自衛隊の人的動員力や輸送能力や組織運用能力が優れていた。しかし軍としての側面が強調され、自衛隊と在日米軍との一体化が進むことは憲法との関係で疑義がある。自衛隊は、軍としての役割を縮小し、災害救援部隊に転換すべきであると言っている。
 だが本当に、自衛隊の軍隊としての役割を縮小すべきだろうか。水島氏の言うとおり、今回の震災では、自衛隊が人的動員力や輸送能力や組織運用能力に優れていたためとても役立っている。しかしこの統合運用能力は、自衛隊が軍として統率されているからこそ備わっているのではないか。もし水島氏の言うとおりに、自衛隊が救助専門の組織であったなら、ここまで大規模な救援措置がとれただろうか。大量の遺体処理をこなせただろうか。私は、自衛隊が軍として鍛えられ、組織されていたからこそ、可能だったと思う。
 私は、自衛隊の軍としての面が強調されることを全面的に肯定する気はないが、自衛隊の災害救援部隊としての役割も、日ごろの軍としての訓練があるからこそ、効果的になるのだと思う。
21
12

 水島氏は、自衛隊を「軍」としての属性を徐々に縮小して、災害救済部隊へ転換するべきだと主張している。確かに、憲法第9条では戦力、つまり軍を持つことを認めていない。しかし、水島氏の主張のように、自衛隊を海外も含めた救済組織へ転換した場合、いくつかのデメリットが生じるように思う。

 第1に、在日アメリカ軍との関係が悪化するように思われる。水島氏は自衛隊とアメリカ軍の一体化が進んでいると主張している。その中で、軍としての属性を持たせないのなら、アメリカ軍との交友が減り、最終的に日米関係が悪化してしまうと思われる。普天間基地問題で日米の軍、政府の関係が悪化しているだけに、これ以上の悪化は避けたい。

 第2に、万が一日本に他国が戦争を仕掛けてきたり、戦争とまではいかなくても、武力的に威嚇したりしてきたとき、対応する組織がなくなる。今日、北方領土や竹島などの領土問題を日本は抱えている。さらに、アメリカがオサマ・ビンラディンを殺害したことへのアメリカの報復が考えられ、同盟を結んでいるので武力的に日本への影響は皆無ではないと思われる。震災で国力が弱まっている日本にはつけ込むすきがある。やはり、戦争は起こさないにしても、戦力が皆無ではいざという時に対応できなくなってしまう。

以上の2つの点から、自衛隊には、「軍」としての属性を持たせた方がよいと思う。だからといって、武装が目的なのでなく、災害の救済を大きな目的とした組織にするというのは良いと思う。それでも自衛隊は憲法違反だというのなら、憲法改正をするべきだと思う。現在の憲法は戦後直後に作られたもので、現代の考えに合わないのなら改正すべきであり、いつまでも当時の考えにこだわる必要はないと思う。

21
13  僕は水島教授の意見に賛成である。そもそも憲法9条には「戦力の不保持」が明記されている。政府の見解として、自衛隊は戦力でないとしているが、僕が思うに自衛隊は十分「軍事的戦力」といえるものである。「持たない」と定めたからには、それを守り抜く義務があると思う。また、政府と国民の信頼関係を取り戻すためにも決めたことは守り抜かねばならないと思う。
 かといって、僕は自衛隊を持つことに反対するわけではない。現在日本国民の約8割が自衛隊に対して良い印象を持っている(「どちらかと言えば良い」を含む)と言う。ならば、水島教授のおっしゃる通り「自衛隊の『軍』としての属性ぞ徐々に縮小し、将来的には海外にも展開できる、非軍事の多機能的な災害救援部隊に転換すべき」だと思う。そうすることで、憲法9条の問題も解決するし、「軍」としての自己意識なども気にする必要はなくなる。
 また、日本には在日米軍もいる。軍事的な役割は米軍に任せてしまっても良いのではないか。そうして災害用に特化し、来るべき原子力災害に備えたほうが良いと思う。
18
14
 水島さんの言うとおり、今回の震災をふまえて、確かにこの憲法は変えた方がいいとは思うが、多機能的な災害救援部隊に転換するべきではないと思う。そもそもこの『本務』という物がなぜこのように限定されているかということを考えると、この憲法を改正するのは難しいと思うが、自衛隊法を改正し、このようなことも活動としてきちんと認められるようにしてやるべきだと思う。
 また、今回の震災を予想できた人は誰もいないだろう。予想できなかったことに迅速に対応したのはすばらしいし、その心意気はニュースでも多く取り上げられている。そういう行動を憲法ではしてはいけない、と言ってくる人はいないと思うが、後で何か問題になったときに海外で指摘を受けたら反論のしようがない。そういうことをふまえて、改正するのが良いと思う。ただ、最後に書いてある「自衛隊の群としての属性を除除に縮小し」というのは、やはりいけないと思う。ただでさえ守り専門の軍を縮小したら危ないだろう。なので、僕の考えとしては、自衛隊の本務をさらに自然災害のような日本の危機にも対応できるものに改正する、というのがとりあえず一番いい手なのだと思う。災害専 門の別途部隊を作るのは日本は地震国なので考えたが、そんなものを作るのは人員の無駄・金の無駄なのでやめるべきだ。また、警察も同様に対応してもらうことも考えたが、警察の場合、本務が怠ってしまったら、それこそが日本の危機になりかねないのでやめた方がいいと思うが自衛隊でも足りないような非常事態だったらそれもアリなのではないかと思う。
22
15

 今回の震災によって、自分を含め多くの日本国民が自衛隊の重要性を認識したと思います。実際、震災が起きてからの自衛隊の対応はすばらしいと思います。東北で地震と津波が起きて数時間以内に総勢10万人以上もの自衛隊員が東北沿岸の被災地に入り、救助・支援活動を開始しました。これは、日本の自衛官の40%にあたるらしいです。物資を運んだり、がれきを撤去したり、被災者を避難させたりする隊員の姿が新聞とテレビの報道に溢れていました。不眠不休で働いたことによって過労死してしまった隊員もいたそうです。
 これらは彼らの本来の仕事ではありません。しかし誰よりも真面目に責任感を持って対応していました。その姿を見た国民は自衛隊を支持するようになり、世論が変化してきています。
 水島朝穂さんの「非軍事の救援組織へ転換を」という記事に自分はほぼ賛成です。ほぼ、というのは、日本の」自衛隊は非軍事にして米軍にだけ任せるのも良くないと思うからです。そうすると、今までよりも米軍に頼ることになるのでお金もかかりますます基地も拡大してしまうと思います。あと、救援組織にしたとしても頻繁に大震災等が起きるわけでもないので軍事と救援の両方の仕事をやることにして主に救援、というようにすればいいと思います。
 だからこれからは軍隊の自衛隊だけではなく、救助の自衛隊として認識し、これだけ真面目に働いてくださる方々に憲法に縛られずに、もっと海外進出等の仕事を、日本の誇りとしてやって頂きたいと思います。
 

12
16
 現在の日本は3/11の東日本大震災でかなりの衝撃を受けた。これは、阪神淡路大震災を超える大地震だった。阪神淡路大震災を超えるので、地震発生後の対策というものは、まったく整っていなかった。そのため、人的動員力は欠けてしまっている。このような状況を考えると、自衛隊の力を借りるのはおかしくないことだと僕は思う。
 水島教授の主張では、『自衛隊の「軍」としての属性を徐々に縮小し、非軍事の多機能的な災害救援部隊に転換するべき』と主張している。僕はこの意見はかなりの割合で賛成だ。現在の日本は、日本国憲法で戦争を放棄している。なので、外国が日本と対立して日本が襲われてしまう、ということはほとんどないだろう。自衛隊は、確かに、日本を守るべき軍である。しかし、今現在の状況では、外国に攻められることよりも、災害にあうことのほうが多いと思う。
 僕は、水島教授のように、今の自衛隊は、軍としての属性は、今の状態から、本当に必要最小限の状態まで縮小して、今の日本の災害復興に取り組むべきだと思う。なぜなら、災害を復興することも、日本を守る大事な任務だからだ。
21
17  第二次世界対戦での敗北以来、日本国は日本国憲法で以て戦争を放棄し、平和主義を尊重している。先進国でこのような性質を有する国は極めて珍しく、それ故非常に興味深いのである。
  ここで、私は重大な問いを提起する。戦争を放棄するだけで、平和がもたらされるという理論は正しいのか。私はそうは思わない。確かに戦争の有無は平和を最も簡潔に確める指標となるかもしれない。しかし、平和はもっと国民一人一人が自発的に求めるものであるのではないか。
   先日起こった東日本大震災で影響を受けた地域は平和であっただろうか。そんなはずは無いだろう。平和はもっと完全なものであり、またそれは永遠に達成されないものかもしれない。
  今、私たちは自衛隊がどのような任務を持つべきかという事を考える。平和はより理想的なものであるべきと上で述べたが、自衛隊設置の目的はできるだけ多くの国民にこの平和を享受させることではないかと私は考える。逆接的ではあるが、本当の平和を与えるのは日本国を守る自衛隊そのものではないか。その管轄が軍事的、非軍事的のいずれにせよだ。
21
18  筆者の主張する、災害時用救援組織の構築には賛成できる。しかしながら、自衛隊をそれに転用するというのは、いくつかの問題が考えられるため賛成できない。
 賛成できない理由の1つ目は、自衛組織としての”自衛隊”の解体後は、想定することははばかられるが、実際の武力攻撃事態という有事の際に、誰がこの国を衛るのか、ということである。
ここで、ある人は言うかもしれない。「米軍がいるからいいではないか」と。しかし、ここでもし米軍に防衛してもらうようにしたとすると、「日本は米軍の恩恵にあずかっている」という意識が生まれてしまい、アメリカの日本に対する発言力が高まってしまう恐れがある。これでは、現在問題となっている米軍基地の移設問題は進展を見せるどころか、日本側が圧力に押されて元の木阿弥、ということになってしまうのではないかと僕は思う。
 よって、”自衛”組織は、日本が独立国であるためにも解体・転用すべきではないと思う。
 これを踏まえた2つ目の理由として、「自衛隊が災害救助をすることの意味」があげられる。自衛隊員が訓練するのは、いつ起こるかわからない有事の際のため、ということになっているが、長い間そのようなことが起こっていない日本では、この目的だけでは、隊員たちは、「何のために訓練をしているのか」と感じざるを得ないのではないかと思う。度々おこる災害における救助は、これを防止し、隊員の意識低下による自衛隊の自然解体という危険な事態を防いでいるのではないかと思う。
 また、3つ目の理由として、自衛隊が「軍」として強調されすぎていることがある。よく、”自衛隊はあくまで「軍」である”ということをやけに主張する人もいる。しかし、僕はこう思う。日本人の民族的な特徴を表す言葉として、「本音と建前」という言葉がある。いい意味で、これがぴったりと自衛隊の例に当てはまるのではないか。━━━━名目上は”自衛組織”で、実際は”災害救助や人道支援も行える組織” また筆者は、自衛隊と在日米軍との連絡調整の「試用」により、自衛隊の「軍」としての側面が強調され、自衛隊と在日米軍の一体化が進むのではないか、と言っているが、”連絡調整”というのはたとえ災害救助用でも軍事用と同じように必要なものであるのであって、日米防衛協力のガイドラインを軍事用にのみ使用するというのは、とても非合理的であり、勿体ないことだ、と僕は思う。”人命を守る”という意味で目的が一致しているので、共通して使える部分も少なからずあるはずである。
 以上3つの理由と、自衛隊の卓越した組織力を考慮すると、僕は自衛隊を救援組織に転用することに賛成できない。もし転用したとしたら、様々な弊害が起こるであろう。もし救援組織を構築するのだとしたら、自衛隊のサポート程度にとどめるべきである。
20
19  今回の東日本大震災での自衛隊の働きはめざましいものであったと思う。そして、改めて自衛隊の必要性が証明されたのではないだろうか。
 日本国憲法には次のようなことが書かれている。

第九条 戦争の放棄、戦力及び交戦権の否認
1.日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇または武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2.前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権
は、これを認めない。

 ここで注意すべきなのは、国際紛争を解決する手段としての、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇または武力の行使を放棄するのであって、敵に攻められたら防衛してはいけないとは書かれていない。また、憲法で認められていないのは「交戦権」であって、「自衛権」については一切言及されていない。
※ 以上のことは日本政府の説明でもあるらしい。
 仮に自衛隊がなかったとすると、日本は無防備な国になってしまう。もし敵に攻められたらどうするのか。自分の身は自分で守らなければならない。よって、自衛隊を存続させるべきか、なくすべきかの議論は無意味である。自衛隊はなければならないものだ。
 災害救助においても自衛隊が不可欠である。今回の大震災に限らず、あらゆる災害において自衛隊の力は必要だ。
多くの点において、水島さんの意見に賛同するが、一点異論を唱えたい箇所がある。それは、「自衛隊の『軍』としての属性を徐々に縮小」するというところだ。もちろん自衛隊は戦争するための「軍」ではない。でも、自衛隊には日本を守るという重大な役割があり、それを遂行するためにはそれなりの装備が必要だ。
 そこで、自衛隊の役割として次のようなものを提案したい。
@ 日本の防衛
  これは第一の任務である。
A 平和維持活動への協力
平和維持活動(PKO)へもっと積極的に協力することで、国際社会での日本の役割を果たすことができる。
B 災害救助
付随的ではなく、本来の役割にする。また、海外で起こった災害にもどんどん派遣していく。
 僕は将来、自衛隊を「自衛隊」ではなく、さまざまな機能を持った「万能部隊」にしていくべきだと思う。そして、世界を引っ張る日本としてもっと国際平和に貢献していくべきだと思う。
20
20  地震や水害、土砂災害のニュースを見ると自衛隊、レスキュー隊、中には海上保安庁など様々な人々が被災した人の救助にあたっている。これらの救助活動によって沢山の人の命が救われている。
ここでやはり一番目に止まるのが自衛隊である。自衛隊の災害時の活動は救助活動だけではない。家を失った人、断水で水がなく家事に困っている人、家の食物を切らした人などの支援・救援活動も自衛隊の大きな役割だ。
 4年前に起きた新潟県中越沖地震で私の祖父母の住んでいる柏崎市が被災した際、自衛隊の支援をとても身近に感じることができた。私も地震から1か月たった時、現地に行くことができた。その時も自衛隊の活動は続いており、直接隊員の人々と交流することができた。今回の震災で被災された方の多くも、自衛隊の支援を多としたであろう。
自衛隊は本来、他国からの攻撃から国を守るという趣旨で結成された。記事でも自衛隊は「わが国を防衛する」ことが「本務」であり、災害派遣は付随的な活動だ、といっている。しかし私たちが普段目にする自衛隊の活躍は、やはり災害時の救援活動である。実際に「軍」として自衛隊が活躍するのは日本が他国から攻撃を受けた時だけであり、ほとんどの時間は目立たないところでの訓練、または災害救援活動、そして海外派遣を行っている。ではなぜ自衛隊が災害救援を行うのか、それは救援活動を「国を守る」というように捉えているからではないだろうか。自然災害によって被害を受けた人を助ける、支援するのは、国民を、国を、自然から守るということであると私は思う。相手が他国でなくても、自衛隊は「国を防衛する」べきである。
 いくら自衛隊が国を防衛する「軍」であったとしても、災害救援は「本務」にすべきである。水島氏は自衛隊の「軍」としての属性を縮小して非軍事の救援組織に転換すべき、と述べているが、私の考えは少し異なる。「軍」の属性を縮小するということは、自衛隊の「本務」である他国の攻撃から「国を防衛する」役割を捨て、防衛の軍事を全て米国任せにすることである。やはり自国の防衛を他国の軍に委ねることは国家防衛を危機的状況に置くようなものであり、それは米国の支配下になると同然だと私は思う。その様な観点からも、今までの「本務」は本務のままにすべきである。
 しかし、今回の震災救援を利用し国防を想定した自衛隊の運用と米軍との連携を行い、それを多くの国民が知らないという状況はあってはならないことだと思う。私の考えは自衛隊は国を防衛するという本務を持ち続けながらも、震災復興などの支援活動を自衛隊の本業にすべきである。
21
21  水島さんは、自衛隊は非軍事の救援組織へ転換すべきと言っているが、自分はあまり賛同しない。
 日本国憲法には「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。」とあるものの、他国が攻めてきた際にただやられるだけでは仕方がない。今でこそ他国から攻撃されていないが、いつまでもその状態が続くとも限らない。将来的に他国から軍事的な攻撃を受ける可能性もある。それがいつ来るかはわからないが、その場合を想定して準備しておくべきであると思う。現状としては自衛隊は戦争も起こっていないので災害救援部隊のようになっているが、他国から攻められても対抗しうる軍事力を持っておくと安心である。
 また、水島さんは、自衛隊が在日米軍と協力的に救援活動をすることで、なし崩し的に自衛隊の「軍」としての側面が強調され、自衛隊と在日米軍の一体化が進む、と述べている。しかし、協力することでより迅速な救援活動ができるのであればそうすべきであり、在日米軍との一体化などの心配をする前に被災地の復興の心配をするべきなのではないかと思う。
20
22  私は、自衛隊を非軍事の救援組織に転換してしまうのはもったいないと思う。
 現に日本は自衛隊により国際平和に大きく貢献しているからだ。軍隊に近いような大掛かりな設備や組織が整っていないと、また日頃の訓練がないと、地雷除去や戦争地域での中立的支援などのPKOはできなくなってしまうだろう。
 また自衛隊の名目である“防衛”も、現代社会において、中国や北朝鮮などの脅威のもとでは保険として手放せない役割である。
何より気がかりは憲法9条。戦力の不保持と交戦権の放棄だ。自衛隊を戦力とみるか。確かに戦力には十分に成りうる。
しかし私は、政府が、一度経験した戦渦を忘れない国民が、自衛隊を戦力として使うことを決して許さないと信じている。綺麗事かもしれないが、現実的に軍隊を持たない国は本当に少ないし日本のように民主主義の進んだ国ならば暴走の心配もないだろう。
 災害時の活動については、本務ではないとはいえ、自衛隊のような大きな組織が登場しないと、個人のボランティアでは限界がある。
せっかく維持費をかけている自衛隊を、本務ではないといって派遣しない理由はない。えせ軍隊ならではの組織力、技術力がある。つまり災害派遣を本務にせず、自衛隊としての名目を保ちながら災害の度に特別法を通し、派遣していくべきだ。
 以上が私の考えです。
21
23  「自衛隊を非軍事の多機能的な災害救援部隊に転換すべき」という筆者の意見に対して私は反対である。
 たしかに、「有事」を想定した自衛隊と在日米軍の連絡調整の「試用」が行われているのは事実かもしれない。また、災害派遣活動が評価されていることが、自衛隊の「軍」としての強化を国民が肯定しているわけではないというのも事実だろう。自衛隊にとって、災害時の救援が本務でないことも事実である。
 しかし、だからといって、自衛隊を非軍事の多機能的な災害救援部隊にすることには賛成できない。自衛隊は実質的に救援の仕事をしているが、それを専門としてしまうのには、疑問を感じるのである。なぜなら、日本は平和主義を掲げているが、北朝鮮のミサイル発射実験や核開発疑惑等を考えると、万が一日本が侵略を受けることだってあるかもしれない。その時、自衛隊がいなかったら日本はどうなってしまうだろうか。これに対しては、次のような反論が予想される。
 「北朝鮮の侵略がたとえあっても、日米安全保障条約に基づいた日米同盟があるので、米軍が対処してくれるから、自衛隊の軍備は必要ない。」
しかし、たとえ米軍が支援してくれるにしても、常駐している米軍の数には限りがあり、主力としての自衛隊が必要だと思う。韓国では、昨年の延坪島砲撃事件など、実際の武力衝突も起こっているが、韓国軍が存在するからこそ全面的な武力衝突には至らず、韓国の軍備が戦争の抑止力として機能していると言えるのではないか。もし、日本に有効な軍備がなければ、北朝鮮は韓国へ進撃する代わりに、日本を標的にしないとも限らない。
 いくら平和主義、戦争放棄とは言っても、このことを考えると、自衛隊には軍隊としての機能を備えておく必要があると思う。その意味では、震災時の救援は本務ではないにしても、現実として必要なものであるからぜひこのまま続けてもらいたいと思うが、自衛隊を救援活動の部隊にのみ限定するという作者の意見には賛成できない。
21
24  水島朝穂さんはこの記事で‘自衛隊の「軍」という属性を徐々に縮小し、〜以下省略’と言っているが、私はそれは一番やってはいけない事だと思う。なぜなら日本は憲法で平和主義を掲げているが、それが他の国に通用するとは限らないからだ。それは、たとえ日本が軍事力をすべて捨てて無害になったとしてもそれを好機としてどこかの国が攻めてくる危険があるということである。自衛隊がいる今でさえ、北朝鮮から核ミサイルが飛んでくるかもしれないと戦々恐々としているのに、自衛隊が災害救援部隊なんかになった日にはどうなるかわかったもんじゃない。
 いくら在日米軍がいるからといっても、いざ自国が有事だと分かったとたん日本を見捨ててアメリカへ帰ることもあるだろう。そうでなくても、やはりその国の物でない軍に国の軍事力のすべてを任せるのには無理があるのだ。
 そもそもの話し、私は水島さんの言っている事は矛盾しているような気がする。
 彼は、自衛隊をなくしてこその平和主義だというニュアンスの事を語っているが、先程も述べたように自衛隊をなくせば事実上アメリカが日本の軍事力のほぼ全権を握ることになるだろう。すると、何かある度にアメリカに守ってもらうしかない日本の立場がどんどん下がっていくのは目に見えている。そんなことになればただでさえ今、諸外国に‘アメリカの犬’と言われている日本のあだ名が次は何になるのかなんて考えたくもない。
 それはさておき、そうなれば更に悪い事に日本は何らかの形でその借りを返さなければいけなくなる。つまり、日本はもしアメリカが戦争を起こした場合、絶対的に参加せざるを得ない状況に追い込まれるのだ。そうなると、平和主義を掲げている日本の憲法に反することになる。これが私の言う彼の意見の矛盾だ。
 今まで話した事は少し飛躍しすぎかもしれないが、有り得ない話ではないだろう。これらを踏まえたうえで、私は自衛隊をなくすべきではないと思った。
22
25  自衛隊がいいのか悪いのかわからないけれど、今回自衛隊にしかたよれなかったんだから自衛隊は必要なんだと思います。
 憲法9条に関してもはんしているといって自衛隊をなくせばいろいろな問題がでてくると思います。だからといって憲法9条を改正するのは反対です。あいまいに認めると誤解ができてまた戦争になったらいやだからです。
憲法9条と自衛隊の定義に矛盾があってもそこらへんはしょうがないんじゃないかと思います。表記にだけこだわって実用的でなければ意味がないしそこをきっちりしたいならきっちりしたい人がいい表記を考えればいいと思います。
 それか、自衛隊はなくして、救助隊・電気隊・食料隊・みたいなのをたくさんつくれば自衛隊がいなくても大丈夫だと思います。
結論をいうと、わたしはいまのままでいいのではないかと思います。
21
26  自衛隊を非軍事の多機能的な災害救援部隊に転換してはどうかという意見は、いままで聞いたことがなく興味深く思った。
 しかし軍事的な役割を全て米軍に託すことは不安がある。去年の11月には北朝鮮が韓国の延坪島を攻撃し、4人の死者がでた。それをニュースで見たとき、いつ日本が攻撃されてもおかしくないことを切に感じた。普天間基地の問題もあり、日米の関係に依存するのが良くないのは知るところだ。災害派遣活動に力を入れるのはいいことだが、自衛隊から完全に軍事的な役割をなくすことには反対だ。
 自衛隊が災害救援組織も兼ねるか、筆者の言う「消防レスキューのような災害救助組織を本格的に発展させる」かがいいと思う。今回の災害救援活動では、過労死する隊員も出るほどのかつてない大規模態勢の維持が要求された。いざというときに支える人が足りないのではないか。もし自衛隊が災害救援組織も兼ねるなら、活動内容が増える分隊員も増やすべきであろう。いままでと同じ活動内容ならば、災害救助組織を発展させるべきだ。
 私は彼の主張に意見できるほど知識がない。しかし今回配布された記事を読み興味を持ったので、これから自衛隊に関してのニュースなどに特に注意していようと思う。
21
27  筆者の水島さんは自衛隊について軍ではなく災害救助隊として機能させるべきだと述べているが、私はこの意見には賛成できる点もあるができない点もある。
 確かに自衛隊は動員力や輸送力の高さもあり今回の東日本大震災のような災害時には主軸となって救助にあたっていて、災害救助は彼等の最も重要な役割の一つと言える。今回も自衛隊の力がなければここまでの復旧に要する時間も相当長引いていたことと思うし、多くの被災者の方々がこうして避難所で最低限の生活を送れているのもまた自衛隊の活躍が大きいはずだ。また、本文にあったように阪神淡路大震災の経験から様々な人命救助システムを装備し災害対処能力を強化してきたというのは災害救助隊として評価できるし、今後も救助活動は続けて欲しい。
だがその一方で軍事の面を弱小化するとなると危ない点もあると思う。最近の国際関係に目を向けてみると、特に中国との関係がかなり緊迫したものになりつつある。歴史上でもかなり昔から二国の間には何かと争いごとがあり、最近では来日抗議運動や尖閣諸島沖での漁船衝突事件といったあからさまな反日感情が見て取れる。しかも中国は今年韓国に対して軍事的な攻撃をしたこともあった。この狙いは日本に向けられてもおかしくないかもしれない、とするとこの状況で軍縮をするのは多少のリスクがあるような気がする。軍としての機能をなくすわけでなくても弱小化したとなると相手にとっては攻め込む隙とも捉えられてしまうのではないだろうか。いざというときのためにも、日本は軍隊というものをなくしてはいけないと思う。
また、憲法9条では『陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。』とあり自衛隊の存在については議論されているが、現代の国際情勢を考えると自国の防衛に必要な最低限の軍備はやむを得ないと考える。
 自衛隊は可能な限り、軍事力を備えることをベースにし、その中に緊急の災害時に支援できる体制をつくっておく『平和維持のための軍隊』というスタイルにすると良いのではないかと思う。
 いくら日本が世界平和を望み平和主義を憲法に掲げたところで、他に戦争を肯定している国があれば均衡は破られてしまう。現在、多くの国が核廃絶や軍縮を望み努めているが、それが実現するのは遠い未来のことだろう。それまではうまく世界情勢に適応しつつ外国との関係を乱さないようにしていくのが日本のためにもベストではないだろうか。
 個人的な意見だが、私が生きているうちは戦争に巻き込まれたくないとは強く思っている。その中で日本の憲法9条にある平和主義を世界にアピールしていければ良いと思う。
。  
21
28
 水島氏の主張の中で、自分も賛成できるところがありました。
 それは、彼の主な主張である「自衛隊を災害時でも出動するようにする。」と言う事です。
 今回の震災は私も外で体験して、1日帰れず被災しました。
 私が経験したのは1日でしたが、それでもかなりの精神的ダメージを受けました。だから、震源に近いところにいた人々はもっと残酷で過酷な現実を見ていたのではないかと思います。
 その事を考えると、やはり一刻でも早い救助が必要となってくるのではないでしょうか?早い救助をするには、人員、食糧、水、移動用の機械が多く必要となると思います。
 人員が沢山いれば、それと同時に食料や水も運ばれてくるし、別の安全なところへ移動することができます。
 それに、今話題として挙がっているのは震災に関してですが、
震災だけでなく、大雨や台風、普段起きる危険な事件の時に自衛隊の力を使うことだってできると思います。
 日本全土に影響する大きな事件でなくても、日常で起きる危険な事件などにも対応する事ができるようになれば、日本は少しずつ安全になっていくのではないかと思います。

 ですが、やはり否定すべき点もあります。
 彼が最後に述べている「将来的には海外にも展開できる、非軍事の多機能な災害救助部隊に転換すべきではないだろうか。」について。
 転換と言う事は、今までやってきた事をこれからはやらないようにするという事です。そうしてしまうと、今後、予想していなかった他国との戦争が起きてしまった場合など、戦いの場に立つときには対処できなくなってしまう恐れがあります
 彼の意見は一見将来の事を考えているように見えますが、実際は現在起きた事に大きく影響されただけのように感じる事も出来ます。そもそも何故阪神淡路大震災を経験しているのに今まで手を打とうとしなかったのでしょうか。「これだけの被災規模となると、現状において、人的動員力や・・・・・・自衛隊に頼らざるを得ない」とあるが、今回これだけの規模にならず、阪神淡路大震災と似たレベルであれば手を打たなかったのでしょうか。彼への疑問は募ります。
 さて、少々話がずれてしまいましたが、最後に私がこの記事を読んで意見したい事をまとめたいと思います
 自衛隊に人命救助システムを搭載させ、日本全土に渡る災害から日常の大きな事件まで救助にあたるようにする。けれど、自衛隊を全面的にそのシステムに変えるのではなく、自衛隊の中にそれ専用の“部隊”を作って
それぞれ分けて活動すればよいのではないかと思う。もしくは全面的に変えるにしても、普段行っている事に加えて人命救助にあたるというようにするべきだと思う。と言う事です。
 日本の将来の危険性が、災害によるものなのか、それとも経済的な事によるものなのか、はたまた他の理由か、現段階では誰にもわからないでしょう。だからこそ、様々な方向に対応できるように手を打つのが今できる最善の策なのではないでしょうか?
21
29  今回の震災を通じて、私も自衛隊の役割を深く考えさせられました。
この記事の中で水島さんは自衛隊の軍としての属性を縮小していくべきだと言っています。もちろん、災害時の救援活動というのは非常に大切なことだし、多くの被災者が自衛隊に助けられていると思います。しかし、もし自衛隊の軍としての属性がなくなってしまったらどうなるのでしょうか。
水島さんは自衛隊と米軍の協力が進むことを疑問視しているようですが、今の日本はアメリカ頼みの状態にあるし、事実、近隣の国々が日本への直接的な攻撃をしてこないのはアメリカの存在が大きいと思います。アメリカとの軍事的なつながりがなくなったらどうなるかは分かりません。
影響はこのことだけではないと思います。現在、日本は自衛隊という自国防衛の手段を持っているということで外国との力の均衡を保つことができていて、それなりに対等に付き合えているのだと思います。
これらをふまえると、何らかの形で国防の役割を果たす組織というのはなくてはならないものだと言うことができます。もし自衛隊が国防の役割を担わずに、救援活動に専念しなければならないのだとしたら、自衛隊ではない別の国防組織を作らざるを得なくなるのではないのでしょうか。
21
30
 私は水島さんの意見に賛成する点もあれば、反対する点もある。多機能的な災害救援部隊になることは良いことだと思うが、「軍」としての属性を徐々に縮小する必要はないと思う。
今回の大地震の復興には自衛隊の力が必要不可欠であるし、日本の自衛隊の救助活動は海外でも評価されている。ただ、「軍」として日本を防衛する役割をなくしてしまえば、本文に書いてあるように日本が武力攻撃事態という意味での有事になった場合に日本を防衛する存在がいなくなってしまう上に、他国から軍事力の弱い国としてみなされてしまうかもしれないからである。
 また、在日米軍ばかりに頼っていては、アメリカとの立場の差ができてしまい、発言力も弱くなっていってしまう。そうなれば、普天間基地問題などにもつながってくる。そして、アメリカを受け入れてしまえば竹島や北方領土に対しての日本の立場も危うくなってしまうのではないだろうか。こうした点から、私は「軍」としての側面を強化するべきではないが、今現在より弱くせず、災害救助活動も積極的に行って欲しいと思う。
21
31

 現在の日本国憲法では「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と武力による威嚇または武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては永久にこれを放棄する(第九条)」と日本の特徴でもある平和主義について規定している。ここには武力による威嚇または武力の行使は放棄とあるが、現在の日本に自衛隊がある時点で戦力に自衛力は含まれていない、という国側の解釈が分かる。これらの自衛隊は「国の防衛」という職務を任せられているわけなので、今回の地震のような災害の場面でもっと多くの活躍が見れていてもいいと思う。今回そういった活躍は一部のことだったので、水島朝穂さんの言うように自衛隊内で災害救助組織をつくるべきだと思う。そういった組織をつくることで災害が起きた際にも即座に対応のでき、犠牲者なども減少することだろうと思う。これからの自衛隊はただの日本国軍事的組織ではなく、日本国を守る意識をちゃんともち行動できる日本国軍事組織になるべきだと思う。

 また、水島さんはこういった組織をつくろうという中で自衛隊の「軍」としての属性を縮小していくことが理想とかかれているが、現在の日本では沖縄諸島における米軍との国際問題などもある中で、やはり軍的自衛隊というのは必要なものだと思う。軍事力を増やす必要もなければ減らす必要もない。だが、こういったいつ何時何が起きても対応できる組織をつくろうとすることは、今の日本の状況・人数的などからみても実現は難しいと思う。そのような組織をつくり上げるよりも、自衛隊一人一人の能力・意識を高めることが何よりも「国を防衛する」という職務に適しているのではないだろうかと思った。

21
32  水島氏は記事で、「自衛隊の『軍』としての属性を徐々に縮小し、将来的には海外にも展開できる、非軍事の多機能的な災害救援部隊に転換すべきではないだろうか。」と述べている。
確かに、現在の自衛隊は本来の「軍」としての役割はあまり果たしてないように思われる。また、軍があるのは憲法第9条の平和主義に反しているとも考えられる。
しかし、今回の地震でこのような大きな打撃を受けた東北地方を救助しているというのは、少なからず被害を受けた日本をまもっている、というと少し語弊があるが、「自衛」という言葉につながってくるのではないかと思う。
 しかしながら、「軍」としてについてはどうであろうか。
「武装組織」だと自己意識があるが、「武装組織」は自国を自衛していく上で必要ないのではないかと思う。
万が一どこかの国に攻撃されたとするならば、「武装」は欠かせない。しかし、これは同時に、他国に害を与えることになりかねないので、「平和主義」には反してしまうのではないかと思う。
そこでもう一回最初に戻って、水島氏の意見について考えてみる。
「災害救援部隊」として活動するということは、自国(他国も)を助ける・衛るということになる。
 また、平和主義に反する恐れがある「軍」としての属性を縮小するという意見もある。
 多くの点で水島氏と同意見である。なので、私は水島氏に賛成である。
21
33  私は、自衛隊を「非軍事の救援組織へ転換」することに反対だ。確かに、今回の大震災によって大規模な災害において、救援に特化した本格的な部隊が必要であるということは強く感じた。しかし、そのために自衛隊の軍としての機能と役割をなくすのは良くないと思う。
 世界では今現在戦争している国々が数多くあり、テロも多発している。日本が戦争に巻き込まれないという保証はない。もし仮に今、自衛隊を非軍事の救援組織に転換したとして、そのとき国の防衛はどうなるのか。もしもの時、例えば国内でテロが起きたときなどは、だれが日本を守るのか。そうなると、おそらく在日米軍に頼りきりになってしまうだろう。米軍でないとしても、周辺の諸外国に助けてもらう形になる。つまり、国家の独立を守れなくなってしまう。国を自分たちで守れなくなってしまう。自衛隊を非軍事的なものにするべきだという考えを持っている人は多い。その理由の多くは憲法第9条に「戦力を保持しない」と規定されているからというものだ。しかし、「戦力を保持する」ことと、自国を防衛することは違うと思う。アメリカなどは日本の良きパートナーたちであるが、自分の国ぐらい自分で守るべきだと私は思う。
 私は日本が平和に慣れすぎてしまっているのではないかと思う。戦争などへの危機感をいつも持っているべきだというわけではないが、国の防衛の必要性をもう少し自覚すべきだと思う。国の防衛のために、自衛隊の軍事的な要素はなくてはならないものだ。また、自衛隊の軍事的な面があったからこそ今回の震災の救援活動で大いに活躍できたのだと思う。災害救援の能力も大切だが、だからといって自衛隊を非軍事的ものにするべきではないと思う。
21
34  私は、水島朝穂さんの『自衛隊は国の災害時の救助活動を従たる任務ではなく、本来の任務とすべき』という意見には共感できました。
 今回の大震災での自衛隊の阪神大震災の教訓を生かした行動の早い活躍は、テレビや新聞などで多く取り上げられていました。確かにここまで大きな災害、津波による広範囲にわたる災害となると災害救助組織だけでは手が負えないだろうし、自衛隊の方が陸海空全ての組織を統合運用できるため、相応の力と能力を持っているのも確かなのでしょう。だからこそ、そう考えるとこれからは、自衛隊は国の平和維持活動の一貫として、『国の災害時の救助活動を本来任務化とすべき』だと思います。
 けれどもだかといって、『自衛隊を非軍事の救援組織へ転換する』というのは話が違う。その意見に対しては、同意できません。
 現在、世界では多くの戦争が起きています。その全てが日本に関係がないわけではありません。もし将来、自衛隊の『軍』としての属性が縮小された時に、戦争の火の粉が日本にふりかかってきたら、もし攻撃されるようなことが起きたら、誰がこの国を守るのでしょうか?誰がこの国を防衛することができるのでしょうか?他国に助けを求めるにしても、その時、他国が助けの手を差し出せるほどの猶予があるとわかぎりません。最低でも自分たちの国は自分たちで守れるようにしなければなりません。このような最悪の事態がおきたとき、自衛隊はどうしても必要となります。
 私たちは、自衛隊を『武装組織』ではなく、『平和維持ための組織』としてみて、その存在意義を考えていくべきだとおもいます。 
 
21
35  水島さんの考えでは日本の軍の必要性(または不必要性)を無視している気がします。水島さんの考えというのはー本文より「災害救援活動は自衛隊にとって『我が国を防衛する』という『本務』ではないということだ」「なし崩し的に自衛隊の……一層進むことにならないか。」「非軍事の多機能的な災害救援部隊に転換すべきではないだろうか」とあります。これは自衛隊は救援組織でないし軍であるべきでもないから、いっそのこと大きな救援組織に変えてしまえばいいのではないか、といっているように思います。でもこれでは本当にいざという時に日本という国を守ってくれるものがなくなってしまいます。ならばどうすればよいのか?自衛隊ごと大きくしてしまって救援活動も、自衛活動もどっちもやってしまえばいいと思います。自衛隊に所属する人に負担がかかるなら仕事を細分化して振り分ければいい。
 私は自衛隊問題の詳細は知らないし、どのような決まりがあるのかも分かりません。でも、もともと曖昧で議論が繰り返されて決着がついていないんだから、もういっそのこと着けないでそのままやってしまうのも手なのではないかと思います。そもそも、憲法を作ったアメリカが巨大な軍を持っているのだから日本を責めることはできないと思います。他の諸外国についても同じです。現状は変わらなくても解釈とその説明の仕方を変えれば日本国民(全員というわけではなく)も納得してくれる気がします。また私はこのように考えましたが、自衛隊についていろいろな考えを知りたいと思いました。
21
36  私は自衛隊を非軍事の救援組織へ転換するのは反対です。これには大きく分けて二つの理由があります。
 一つ目は今回の震災での自衛隊の働きはとても評価されるべきことだと私は考えているからです。確かに自衛隊の本務は水島教授が言うように「我が国を防衛する」ことです。ここで言われている「防衛」とは何かと考えた時、敵から国を守ることだと思います。では敵とは何なのかと考えた時思い浮かぶのは日本という国に害を為す物や人、また災害についてもそうだと私は考えます。こう考えてみると今回の自衛隊の活動は本務だと考えてもいいのではないでしょうか。本務を全うしている自衛隊の働きはむしろ当たり前のことをやっただけだとも言えると思います。
 二つ目はもし自衛隊を非軍事の救援組織へ転換した時、何かに日本が攻め込まれてしまう可能性を拭い去ることはできません。「軍」という要素は日本国憲法の第九条に反しているとは思いますが、同時に日本にとっても大切なものだと私は考えます。
 よって私は、自衛隊を非軍事の救援組織へ転換することに反対です。ですが、自衛隊が人命救助システムを装備することはいいことだと思っているので、これからも続けていってほしいと思います。
22
37  水島朝穂さんの意見に、私はおおむね賛成である。今回、テレビなどを見る限り、自衛隊の被災地での活躍は称賛に値するものであったし、今なおその救助活動は続けられている。がれきの撤去などを毎日休みなく行い、しかも自分達は避難所の外に張ったテントで暮らすという自衛隊の隊員達に、被災者も感謝の声を寄せているようだ。隊員達の疲労度やストレスは気になる問題だが、彼らは日本のため被災者のため、本当に頑張ってくれていると心から思う。
 地震大国である日本にとって、自衛隊に救助や災害への対処を任せきりにするのは不安だという意見も十分理解できる。本格的かつ専門的な災害救助組織も必要だと思う。だが、今回の地震での自衛隊の働きぶりを見ると、「自衛隊に任せきりは不安」という意見にも疑問を感じざるを得ない。人数も多く、輸送能力に優れた自衛隊に頼ることなく、あくまで災害への対処は別の組織がやると決めつけるのはおかしい
だがそれと同時に、日本国内で起きる災害への対処を自衛隊の「従たる任務」にしておくのもおかしいと思う。
 この二つの意見を考えると、水島さんが言っていた「自衛隊を災害救助部隊に転換していくべき」だという考えに繋がっていくものがある。なので、私は水島さんの意見に対しては肯定的だ。これから三十年以内にまた大規模な地震が起きる可能性も高いと言うし、自然災害のことなど誰にも分らないのだから、「国を守る」という任務を持つ自衛隊が災害への対処を行うのは何ら不自然なことではないと思うし、他国からの攻撃にばかり目を向けるのではなく、災害という大きな不安に対処していくことも、「国防」に含まれることだと思う。自衛隊が「軍」である拘りを捨て、救助組織としての自覚を持って新たな教育や指導を取り入れれば、災害が起きたとしても被害をもっと小さくすることもできるのではないだろうか。
 しかし、全面的に水島さんの意見に賛成できないのは、彼の意見からは「他国からの攻撃から日本を守る」という今の自衛隊の在り方は完全に消滅させていくべきだという形にも読み取れるからだ。自衛隊が災害時の対処に特化した組織となれば災害に対する不安も軽減するが、他国から国を守るということをおろそかにしてはいけないと思う。万が一に備え、自衛隊はやはり他国からの攻撃への対処をする組織であるという一面をなくしてはいけないと思う。私が思うに、完全な方向性の転換ではなく、自衛隊を「他国からの攻撃と国内で起きる災害から日本を守る組織」にするという、言わば仕事内容の付加のようなものが一番良いのではないかと思う
 だが、そうすると、自衛隊に対する負担が大きくなってしまう。自衛隊員を過労死させて国を守るのでは意味が無い。やはり、自衛隊とは別な災害救助組織の発展は必要だと思う。そうすれば、多くの人員を確保することができるし、どちらかに負担がのしかかってしまうこともないだろう。二つが協力して災害に対処し、そして自衛隊が国外からの不安に対処してくれれば、多くの安心と安全が確保できると思う。私は、対処される側もする側も辛くなることのない組織を作っていければ一番良いと思う。

21
38  「自衛隊は軍隊ではない」という前提の下に自衛隊という組織は成り立っているけれど、やはり「軍」としての機能を備えていると日ごろから感じていました。自衛隊員は軍と全く同じとはいえなくても訓練をしているのに、軍とは言えないのか?私にとってはそこが疑問です。私にはたくさんの知識があるわけではないけれど、難しい定義ではなく、一般の人や子供にも分かるような違いがなければ、憲法に沿った組織だとはいえないと思います。
 それから、在日米軍と自衛隊が一体化することは絶対にあってはならないことだと思っています。米軍に助けてもらうことがこの先あるとしても、それと自衛隊が軍としての機能を担うことは別です。自衛隊が軍事化しないために、軍隊との違いが分からないような状態を改善してもっとはっきり、軍隊との違いを区別できるようにするべきだと思います。
 災害救助に特化した専門組織を発展させることももちろん必要ですが、自衛隊は国のために働く組織なのだから、救援活動にあたることも立派な任務だと思います。自衛隊ならではの技術を生かすこともできるだろうし、自衛隊のいい意味での目的の転換化には賛成です。そして、間違っても軍隊化しないための手を打っておくべきだと思います。
21
39
 水島教授は「災害救援活動は自衛隊にとって『我が国を防衛する』という『本務』ではない」と述べているが、私はこれは違うと考える。東日本大震災後に自衛隊は、倒壊家屋を持ち上げる機械の操縦から、食の配膳のような細かな仕事まで、幅広いジャンルの仕事をこなしてきた。そしてその活躍はテレビのニュースなどを通し私たちに伝えられている。
しかし、そもそも『我が国を防衛する』とは何も外国の攻撃から、日本を守ることだけではないと思う。水島教授は自衛隊はあくまで武装組織であり「軍」と述べている。水島教授の考える「本務」とは、きっとこの軍事行動のことであり、だから日本国憲法の平和主義に反すると言っているのだろう。でも自衛隊が平和を維持するための組織であることに間違いはない。言い方を変えると、少しオーバーかもしれないが、自衛隊がいるからこそ、日本の平和が保たれているのだとも言えるのではないだろか。このような考え方の代表的な例が核兵器である。
 「核兵器を持っているからあの国の意見には逆らえない」といった話が出てくるのがまさにそうだ。これに倣い日本が自衛隊を持っているからこそ他国から攻められないでいる場面もないとは言い切れないと思う。なにも武力の行使だけが『我が国の防衛』ではないのである。武力を行使しなければ平和主義が保たれているのかと問われたら、はいとは答えられないが、だからと言って自衛隊が180度平和主義の思想に反している訳ではないと私は思う。
 まずは日本国内の平和を維持することが最大の防衛であると思うし、最低の条件だろう。そのためには災害救援活動はとても重要な自衛隊の本務の1つである。原発問題も今や自衛隊の介入なしでは成り立たない。今の日本国内において、自衛隊の存在がいかに大きく、大切なものであるかがよくわかる。
 ただし自衛隊にあまり負荷がかかりすぎないよう、仕事の手助けが出来る組織を新たに作ってはどうかと考える。
20
40
 私は自衛隊はそのままあったほうがいいと思います。また、水島さんの災害派遣活動としての自衛隊にも同意はします。
しかし、それに力をいれすぎて「軍」としての自衛隊がうすれるのもまた困るのではないでしょうか。憲法に記されている通り日本には交戦権は存在していません。ただ、だからといってこの世界に戦争がないというわけではありません。いつ日本にそれがきてもおかしくないのが悲しいながらも現状です。私はあまり社会について詳しくはありませんが、ニュースを見ているかぎり、中国との関係が怪しくなってきていると思います。
個人的な考えですが、戦争というのはそれの予兆が少なからずあったとしても、いつ始まるかわからない。いきなり始まるものだと思います。憲法で決められていても、戦争軍備が縮小しすぎると、そのいきなりに対応できなくなってしまいます。
 災害救助という考えについては否定しません。むしろ活発になってほしいと思います。しかし、この世界、人間は無情にも自国・自分が一番だという考えのほうが多いと思います。自衛隊は「軍」という面でも残っていてほしいと思います。
21
表紙