2011年度(122回)5月レポート
「(自衛隊を)非軍事の救援組織へ転換を」という主張への意見
レポートの趣旨説明文書はこちらです。
1組 2組 3組 4組
2011年5月
左の番号は便宜的なものです。
右の数字は、受信した日付です。休学中の一人を除き5月中に完了。
 1  今回の東日本大震災では多くの人が大変な目に遭い、今も苦しい生活を送っている。そんな中、日本中の人たちが、「少しでも被災者のために。」と多くの救援物資の提供や、募金活動に参加している。
 しかしよく考えてみると、一番 最初に被災した人たちに届いたものは日本中の人たちが送ってくれた救援物資でも募金で集まったお金でもない。それは、被災直後に駆けつけてきてくれた自衛隊だ。自衛隊の人たちがいち早く救助に駆けつけてくれたおかげで助かった人も多いだろうと思う。今回の震災で自衛隊の必要性や重要性を皆が感じたと思う。
  「救援活動」は自衛隊の本務ではないそうだが、現に自衛隊は多くの人たちの命を救い、被災地に大きく貢献したと思う。もし自衛隊だけでは足りない、となった時には米軍と協力する、そんなことがあっても僕はいいと思う。水島教授の言う通り、自衛隊を非軍事の救援組織に転換させるの事によってより多くの人たちを救える様になるかも知れないが、万が一の時にどんなことでもこなせる、そんな部隊の方が良いではないか。また、そうあって欲しいとも思う。また、救援活動という任務において、軍事的だとか非軍事的だとか考えるのはあまりよくないと思う。たとえ憲法に日本は軍事力を持たない、と決められていても不測の事態には懸命に最善を尽くす。憲法に縛られるのではなく、その場その場で柔軟な対応が必要ではないだろうか。     
20
 2
 私は自衛隊が軍としての機能を縮小するべきではないと思う。なぜなら隣国やいろいろなところで争いという名の戦争が起こっているからだ。この核抑止論なんて物騒な言葉ができてしまうほど戦力が肥大化してしまった世界では迂闊に戦力を手放すのは危険だ。
 今現在の自衛隊は「攻めず、攻めさせず」の考え方が強いと思う。自国の防衛に徹し自分たちから相手の国に侵略をすると言うろくでもない発想に至らない限りは何の問題もないと思われる。
 そもそも防衛を頼るというだけのはずなのに、法外な金額を思いやり予算という名でふんだくりしかも日本の領土内なのに日本の命令を無視し挙句の果てに罪を犯すアメリカにここまで頼りきっていいのだろうか。ここらで頼るのをやめ、日本は自立すべきである。というよりもそろそろ自立ができないと逆に情けなくな ってくる。
 だから、米軍には国から出て行ってもらうのがいいだろう。そのためにもある程度の力を保持するのはしかたのないことではないのか。
以上の理由から自衛隊は別に軍としての役割はなくさなくてもいいのではないかと考える。
  また、自衛隊の災害救助は彼らにとっておまけのようなもののはずなのに惜しむことなくその力を救助に使っている。自国の防衛に力を尽くすだけでなくその柔軟な対応力を以て災害救助までしてくれるのだ。この時点でもはや自衛隊はいろんな部隊に変身できる「力を持った部隊」といえるだろう。なら自衛隊を無理や り目的を絞った部隊にするのではなくその対応力を生かせる今の状態を維持するのが良き選択だと思う。
21
 3  今回は東日本大震災にともない、自衛隊のあり方に関して、早稲田教授水島朝穂さんの考えを読み、思うところを率直に書けということだった。それを今から書いていこうと思う。
 まず、水島さんの考えについては、僕も共感できる部分がある。確かに災害救助組織は必要だ
と思う。しかし、すべてに共感できる訳ではない。水島さんは、自衛隊は非軍事にすべきだ、と言っているが、僕はそうは思わない。たとえば、外国から攻撃を受けたときに、米軍に任せきりにしてていいのか。それではだめだと思う。そんなことをしていたら、日本の危機管理能力や、国の安全性など、いろいろなことが疑われてくるだろう。そのようなことにならないための僕の自衛隊の理想像を書いていこうと思う。
 まず第一に自衛隊を災害救助用のチームと、国を守るチームに分けるべきだと思う。災害時には、水島さんと同じ考えで、今までの自衛隊の実績からも、本格的な救助用チームを作ったほうが、いい。そうすれば、救助以外の余計な訓練をしなくてもいいし、災害の時の、困難な要請の場合も速やかに対応がとれるだろう。
 そして、もうひとつの国を守るチームは、外国からの攻撃をいかに防御するかだけを考えて、ひたすら訓練すればいいと思う。攻撃をしなければ、僕は決して自衛隊は軍じゃないと思うし、そもそも国を守る人たちがいなければ、この国は壊滅してしまうのである。
 第二には、今もすでに行われていると思うが、海外への自衛隊の積極的な派遣である。自衛隊はさっきも書いたとおり、軍ではないので攻撃ができない。したがって、まず攻撃をいかにされないかということを考えるべきだ。さて、攻撃をされないためには、どうすればいいか。そこででてくる考えというのが、海外への積極的な自衛隊の派遣である。そのことによって、海外の国々との良好な関係が築け、攻撃もされないのである。また、良好な関係から、経済面での利益というのも見込まれてくる。
 このように、自衛隊は日本の運命を握っているとも言える。いかに軍でない自衛隊をうまく使えるかが、今後の日本を左右していくだろう。期待して見守っていきたい。

21
 4  自衛隊は武装組織ではなく、今回のような大災害では救助隊にもなれるということがわかった。
 自分は、自衛隊はやはりこういうのだけではなく武装といったことも必要だとおもう。憲法では戦争放棄だったり武力は用いないのようなことが述べられているが、すぐ隣の国ではミサイルの実験とか行われているわけだし、いつ戦争が起こるか今の世の中でも分からないと思う。
日米安全保障条約でアメリカには戦争が起きても守られるようにはなっているものの、沖縄の住民は米軍がいることに不満をいだいていたり、基地の移設候補地も快く迎えなかった。
 要するに沖縄の地元の人達は在日米軍に迷惑しているので、米軍に撤退してもらい自衛隊の武装を強化して日本の安全を守っていけばいいとおもう。
 現実的にはそれは難しいとはおもうが(アメリカとの条約破ってアメリカを敵に回すことになるかもしれない)、沖縄の普天間基地の問題も、このレポートもそれで解決する。
  ちなみに、自分が住んでいる街には自衛隊の基地があるのだが、よく小学校の頃に授業中ヘリコプターが飛んでるのを見たりするだけで、迷惑していない。自衛隊の人達には頑張ってもらいたい。
14
 5  自衛隊の役割である「最低限の防衛」の最低限をどう捉えるかが問題になるのだろう。無論、日米安保条約を結んでいるのだから、戦力は100%不要であると言える。しかし、他方でその全てを他国であるアメリカに任せて果たして大丈夫なのか、という不安感のようなものから(その他軍需などの関係もあるだろうが)、薄々違憲ではと思いつつも最低限の「大きな」戦力を認めているのが事実だ。自衛は憲法で禁止されてはいないから、と苦しい理屈まで用意して。
 とはいえ、今回の大地震において自衛隊の方々のお力は多大なものだろうと察する。そして、その自衛隊を、軍事力を有している、つまり憲法違反だから無くせと安易に言うつもりは毛頭ない。自衛隊は必要だと思う。今の自衛隊の人員規模等も適当だと思う。憲法のほうが現実に合っていない部分を持っているのかも知れない(もちろん絶対に戦争はしてはいけない。その、批判されないために存在するような形式上のものを見直すべきだと思うまでだ)。そもそも、平和維持=no軍事ではない。外交をしっかり行うことのほうが重要なのだ。
 しかし、自衛隊の全てがそのままで良いとはとは思わない。
 水島さんのおっしゃるように、自衛隊の向かう方向を考え直す必要があるのではないかと思う。国内の緊急時に対する活動を「防衛」の第一のものとし、軍事設備のある程度を減らし、救援のための設備と置き換えるべきだと考える。(何ももし万が一戦争になった時に自衛隊だけで全て戦える「最低限」は必要ないだろう。もしそれが「最低限」なら、フィリピンなどのように米軍を撤去すべきだ。)そうすることで現時点での良い所を残しつつ、今後、いまよりも効率のよい活動としていけるのではないか。
21
 6

 僕は、日本が自衛隊を持つことに賛成である。なぜなら、今回のように天災 が起こった際には、自衛隊が消防隊と同じような働きをしてくれればより多くの命が助かることは火を見るより明らかであり、また、緊急事態が起こったとき、たとえば、他国からの武力行使があった場合、迎え撃てる部隊がいないと困るからである。今は日米安全保障条約があるので日本の安全はある程度アメリカによって保障されているが、もしアメリカが敵になったときは日本には防衛手段がなくなってしまうし、そもそも他国に守ってもらっているのは少し情けない気がする。無論戦争には反対であるが。

 また、自衛隊が軍隊ではないか。という議論に関しては、確かに平たく言えば自衛隊は軍隊であると言えると思う。しかし、日本国憲法第9条には、「前項の目的を達するために、前項省略)陸海空軍等の軍隊は保持しない。」とあり、今までの自衛隊の活動のほとんどは前項の目的とは遠いものにあるので、特に問題はないと思う。また、自衛隊員は有志であり、徴兵はしていないので、その点でもやはり自衛隊の存在は問題ないと思う。

11
 7 1, 軍事的(防衛)な用途について
 これについては非常に難しいですが,僕は自衛隊は必要だと思います。理由を述べると、今はあまり聞きませんが以前は北朝鮮の核問題があったりして、日本が防衛する必要があると思うからです。「日本が」と言ったのは、アメリカ軍も日本に駐留しているので、一応守ってくれることになっていますが、頼りっきりになってしまっては、日本はアメリカのいいなりになっているだけみたいで嫌じゃないですか。それにもしアメリカが大変な事態になっているときは
日本はあまり気にされなくなると思うので、自分のことは自分で守れる体制はとれてた方がいいと思います。だから自衛隊は必要だと思います。

2, 救助的な用途について
 僕は筆者が述べている自衛隊とは別の組織を作るという意見には賛成できません。なぜなら自衛隊の動きで災害には十分対応できる、と思うからです。自衛隊の方は日頃から訓練されていて、災害の時などに出動するには適していると思います。筆者が述べている組織をつくるにはたぶん莫大な資金が必要になると思います。もしかしたら国民の安全にお金を使うならいくらでも払えるのかもしれませんが今の状態で十分であると思います。それに使うなら、年金をしっかり払ってほしいと思います。

3, まとめ
 以上で述べたように僕は災害への出動には自衛隊にしてもらうのが最適だと考えます。確かに自衛隊が災害に出動するというのは本来の目的からそれているようにも見えますが、日本を守るという意味では一致しています。軍隊化してしまうのはよくないと思いますが、自衛隊は日本にとってはとても大事な組織だと思います。
15
 8  今回の大震災における自衛隊の活躍というのは、連日のマスコミでの報道により目に見えてよく分かりました。
 しかし、災害時の救援は実は自衛隊の本務ではありません。僕には「あんなに活動してるのに?」という疑問が浮かびました。日本は地震国・台風の通り道である故、災害というのはかなりの頻度で起こります。そしてその都度自衛隊は救援のため派遣されています。実質、災害派遣というのは自衛隊の一つの重要な活動だと思うのです。
 この文章によれば、災害派遣は「従たる任務」のようです。
 ですが、「従たる任務」というのは既に名目の上でしかないと思います。自衛隊はあまり元々の目的に縛られず、もっともっと災害救援として特化した部分を持った方が良いと思います。つまり自衛隊は「防衛・救援組織」で良いのではないか?と。「救援」は国を守るという意味でも、主たる目的になってよいのではないかと。
 また、ここで僕が筆者と違って「防衛」と入れたのは、対外の脅威から国を守る物は、無くてはならないと考えたからです。憲法九条では「戦力不保持」が挙げられていますが、一方で領土の防衛は最低限国家として必要です。つまり憲法九条を普通に読むと、矛盾が起こってしまうのです。戦力は持たない、じゃあどうやって国を守るの、と。
 ですから、「自衛権は放棄してないよ、自衛隊は戦力にはあたらないよ」という事にしている訳ですね。自分はこれで十分辻褄は合っていると思います。よく考えたなとは思いますが。
 改憲やら護憲やらの話に対しては、僕は白黒つけなくて良いと思っています。今丁度均衡を保って問題が起こっていないのですし。むしろ僕はむやみに憲法改正したり自衛隊をなくしたりした方が、問題が起こるのではないかと思っています。自衛軍を持つと明記してしまったら、一気に軍が目立つ存在になってしまいます。ですが自衛隊をなくしてしまったら、領土を守る手段がなくなってしまいます。
 つまり、僕は、自衛隊は災害救援に特化する部分を持つべきですが、自衛隊の防衛的役割を消してはいけないと思うのです。
 以上が自分の意見です。
21
 9 

 自分も今回の自衛隊活動は高く評価している。もし彼らのような組織が無かったら、日本は復興に歯が立たなかったかも知れない。 そもそも自衛隊とは、1954年の自衛隊設置法に基づきアメリカに設置させられた防衛組織。長かった東西冷戦も終わり、日本も既に戦後ではないなか、自衛隊はいらないと言う意見もある。現に水島さんもそうは言ってないにしろ、軍としての自衛隊(国はそう言ってないが)はいらないと言っている。然し本当にそうなのだろうか。仮に彼の言う通り自衛隊を“非軍事の多機能的な災害救援部隊”と位置付けてみよう。今回のような1000年に1回のような未曾有の大惨事の時には誰もが認め、彼らを褒めよう。また政府および国会も、予算をそれなりに出してくれる。然し平時はどうであろうか。表上は「非軍事組織」とは言っても、皆、心のどこかに少しは「軍事組織」という考えがあるのだ。だからこそ、日本の平和と独立を守り、国の安全を保つ組織として皆がある程度考え、予算も下りるのだ。それを完璧に否定したら、いつ起こるかわからない事態の予算のために借金だらけのこの国が予算を出す意味を疑う者が出てくる。結果救援組織としていざという時に十分な機能を果たさないのでは。

 そしてもっと重要なのは今の世界情勢だ。ビンラディンが殺された今、中東は反米の心をさらに強くしている。国際テロ組織アルカイダは彼を頂点とする大きなピラミッド構造をしているわけではない。また中東でも彼に反対する人々は沢山いる。然しどうであろう。

 今回の作戦決行はしっかりとした物的証拠があったわけでは無く、状況証拠だけで決行された。ビンラディンが居たから良かったが、もし居なかったら大変なことになっていた。またこの作戦は進行先の政府に許可をもらってない、いわば国際法違反の行動なのだ。それを理由に米vs中東の戦争、テロなどがさらに激化する恐れがある。そんな時、米国と同盟関係にある日本が全く武力を持たないのは危なすぎるのでは。また米国発案のこの組織を日米同盟があるうちになくしてしまっては、さらに同同盟に亀裂が入ってしまう。いわば自衛隊とは、日米同盟下ではなくてはならないものなのだ。

現在の自衛隊の指揮官は軍部ではなく、文官だ。日本国憲法の三大原則のひとつにもなっている平和主義、これを彼らが破るとは思えない。またこれは決して自衛隊員を非難するのではないが、隊員が、「銃はカッコいいけど、実際に戦争で人を殺すのは嫌だ。」と言ったそうだ。こういう事を言っているうちは絶対に戦前の軍のようにはならない。米国をはじめとする軍国家は、そうならないような訓練を徹底的にしている。またもし軍部が暴走しだしたとしても、今の日本の国家体制下では無理だ。ファシズムへと向かっていく兆しおよび体制は何も無い。

憲法と矛盾するとは言え、「わが国の防衛」と「付随的任務」が同じランクになった今、防衛という側面をなくしてしまえば、日本は反米勢力の餌食となるかも知れないのだ。

10
 僕は自衛隊を非軍事の多機能的な災害救援部隊に転換するのはどうかと思います。自衛隊を災害救援部隊にするのだったらたとえ省庁が違うとしても総務省の消防庁に働きかけ、消防部隊を強化し、増やしていくべきだと思います。その上で、自衛隊は災害時にその援護をするという形をとり、また海外での支援でも 自衛隊の代わりにその強化した消防隊を送るという形がとることができます。北朝鮮が日本に向けてミサイルを発射したことからも考えるとせめて国を守るための戦力は必要になってくると考えています。それなのに自衛隊を非軍事の組織にするということはあってはならないことです。つまり自衛隊は国を守れるだけの最低の軍事 力を持ち、いつもに「軍」としての意識を持ち続けることが大切だということです。確かに憲法との関連は昔からの問題ですが、それは長い時間をかけて国民の多くの支持を得られるような軍として存在を獲得していくことで、少しずつ背間の考え方も変わり、いずれは自衛隊だけを特別視できる憲法に改正していければいいと思い ます。 
11  私は、自衛隊は軍としての機能を縮小させるべきではないと思う。
なぜなら、現在も世界各地で戦争や紛争が起きているわけで、日本は憲法で戦争放棄をしてるとは言え、いつそれらに巻き込まれるかわからないからだ。
 それらに巻き込まれたとき、自衛隊が災害救援部隊と化していたら、日本を守る力はアメリカに依存することになってしまう。そうなると、自分の国を守る力を保持していないということになり、それはやはり問題なのではないかと思う。
 しかし今回のような災害が起きた場合、自衛隊の災害救援部隊としての機能は被災地には欠かせないものであることもまた事実であり、これからも必要であることは間違いない。
 なので私は、軍としての機能と災害救援部隊としての機能、この二つを併せ持つ機関として自衛隊を発展させていくべきだと思う。ただし軍としての機能は、憲法9条を改正せずに、現在の日本国憲法を守り、あくまで自衛力として保持していくことが大切である。
 それが平和主義の精神をこれからも続けるために必要であると思うからだ。
15
12
 自衛隊の軍としての属性を減らして災害救援団体にすべきだと、この記事を書いた方は結論として述べている。しかし、僕はそうは思わない。何故なら自衛隊に軍としての意義がなくなってしまったら、元の自衛隊の存在している意味の、国内の防衛というのが果たせなくなってしまう。
もともと自衛隊は災害救助が本務ではないというのはこの方が述べているとおりだ。しかし、だからといって「軍」という要素を無くすというのは間違っている。
自衛隊と救援部隊を根本的に分けるべきではないのか、と僕は思う。元からそういう部隊もあるのかもしれないが、自衛隊並みの規模では存在していない。そうすることでどちらの部隊も本職をはたせるのではないか。
もしかしたら「軍」の要素は在日米軍が果たしてくれている、と考える人がいるかもしれない。確かにそれは正しいが、「今」守ってくれているからといって、「いつまでも」守ってくれるとは限らない。そして、これは少し精神論のような問題だが、自分の国を自分達で守らないでどうするということもある。いつまでも他の国に依存し続けることが正しいことではないと自分は思う。
自衛隊は今、記事に書いてあるような、憲法に違反しないのかどうかなど、色々な政治的な議論の中心になっている。
今回の震災の件もあるので、ここらで早急に自衛隊の今後についてきっちりと決めるべきではないのか。
 
20
13  水島教授は今この時点においては安易な自衛隊活躍論に頼らざるを得ないが、そのうち自衛隊は海外にも展開できる非軍事の多機能的な災害救援部隊に転換すべきだと言っている。私はこの意見には賛成しない。
 私は自衛隊は今のままの形で維持しておくべきだと思う。一見平和そうに見えてもなにが起こるかわからないのだし、いざとなって在日アメリカ軍にばっかりたよっているとアメリカに対する日本の立場はさらに弱くなり、結果として国際的にも弱い国に成り下がってしまうのではないかと思う。水島教授は自衛隊が災害派遣活動の評価は自衛隊の「軍」としての強化の肯定を意味しないと言っているがこれは正しいことだと思う。ただ私が思うに自衛隊の軍としての側面が憲法との関係で疑義があると言うのは少し違うのではないか。
 憲法においては「国際紛争を解決する手段として武力による威嚇、および武力の行使を放棄する」と言っている。日本が現在保持している自衛隊はあくまで相手が攻撃してきたときの防衛であり、相手に対して反撃を加えるようなことはせず、そこに関しては武力を使わずに平和的に解決する努力をするものだと思われる。防衛行為は日本国民の人権を守るためにも最低限必要なものでありこの行為がなされなければ日本と言う国そのものがなくなり、日本国民の人権が保障されなくなってしまう可能性もある。なので自衛隊というものは必要であると私は考えている。
 ただ水島教授は消防レスキューのような災害救助組織を本格的に発展させることが必要だと言ったのは正しいことだと思う。日本は昔から地震、津波やそれ以外にも様々な自然災害が多い国であり、普段から災害救助ということを中心に訓練された部隊がいたなら災害時に大いに役に立てると私は思う。また、その災害救助組織と自衛隊が一緒になって災害時に活動すれば救助隊のスキルと自衛隊の輸送力でおおきな活躍をしてくれるのではないかと思う。
14  水島さんは自衛隊の軍としての属性を徐々に縮小し、将来的には海外にも展開できる非軍事の多機能的な災害救援部隊に転換すべきだと述べたが僕はこの意見には反対だ。
ミサイルを打って来るような国が隣にいながらも、日本が他国から自国を守る軍の規模を小さくするというのは賢明とは言えない。自国を守る力が無く、他国に頼らざるをえないのが今の日本の現状で、アメリカに頼っている。 しかし他国に自国の防衛を任せれば他国との意見の食い違いがおこり、関係が悪くなりかねない。普天間の一件がいい例だ。これらの点から軍としての属性の縮小には反対だ。
 一方、いつ起こるか分からない災害の援助に自衛隊の人的動員力、輸送能力、統合、運用、その他様々な力を利用しない手はない。実際に今回の災害で自衛隊は非常に大きな役割を果たしている。
だから自衛隊は軍と災害救援の二つを同時にこなし、そのどちらも怠るべきではないと僕は考える。
21
15

僕は、多少の軍事力は必要だと思う。突然、近くの危なそうな国などに攻撃されたときに、助けに来るまでの時間稼ぎ(響きが悪いかもしれない)がないと、一瞬でやられてしまうかもしれない。しかし、それが日本の軍事力ではなく、外国(アメリカのこと)の軍事力であっても良いのではないか。もともと、日本は軍事力を持ってはいけないことになっているので、自衛隊が存在しているのはちょっと不思議な話なのではないか?ならばいっそのこと、日本の防衛はアメリカにお任せしてしまえばいい話である。そうすれば、「軍事力持っているんじゃないの?」と言われても、うまくごまかせそうである。ただ、アメリカの軍隊が果たして命をかけて、全身全霊をこめて守ってくれるのか?という心配はある。そこは外交をうまくやっていこう。

それはさておき、問題になるのは、やはり災害時の救済活動である。それまでも外国に助けてもらうのは、気まずい。だから、自衛隊はレスキュー隊と化せば良い。

結局、水島さんと同じ意見となってしまったが、これが私の意見である。

20
16
  とりあえず読んでみた感想は、わざわざ今ある自衛隊という組織をわざわざ変える必要はないんじゃないかなー?という感じでした。自衛隊が救助活動をすることに何の問題があるのでしょうか?それが理解できません。水島さんは災害救助活動は自衛隊の『本務』ではなく、自衛隊はあくまで、『武装組織』である。と言っていますが、そもそも自衛隊が武装組織であることに問題があるのでしょうか?確かに憲法第9条で日本は『陸海空軍などの戦力を持たない』となっていますが、『自衛隊は陸海空軍などの戦力ではない』はずです。ただ、人によって解釈は変わるはずだとは思いますし、そこはそんなに気にしません。
 ただ、救われた側からしたらそんなこと関係ないんじゃないんでしょうか?救助された被災者の方からすれば、自衛隊員はヒーローだと思います。僕も物事に裏がなくてみんなが他人のことを考えてるなんておもいませんが、そんなことってどうでもいいんじゃないでしょうか?それで救われて幸せになる人がたくさんいるなら、『自衛隊』でも『災害救助組織』でもどっちでもいいんじゃないんでしょうか?それなら色々なことができるほうがお得な気がしますしいいんじゃないでしょうか?
 あと、水島さんは今回の件での在日米軍と自衛隊の連携が強化される。と仰っていますが、別にかまわないんじゃないでしょうか?連携が強化されればこれから先災害が起きたときとか(できれば起こってほしくないですけど)に迅速で密な対応ができるんじゃないでしょうか?とゆうか何も軍が強化されるなんてさすがに極端すぎる考えだと思いました。そもそも在日米軍と自衛隊の連携が強化されると自衛隊が『軍』として強化されるのかまったくわかりません。
 もし、自衛隊の『軍』としての属性をなくして非軍事の多機能な災害救助部隊になったとして、もし『何か力に頼らざるを得ないこと』が起きたら一体どうするつもりなんでしょう。在日米軍に頼るのでしょうか?でもそれでは対応に時間がかかってしまうかもしれませんし、自国の力で有事の際の対応ができなくて他国に頼ったと恥をさらすことになりますし、多分日本はさらに舐められちゃいます。いろんな意味でリスクが高すぎるのではないでしょうか?
 そもそも今までの政治をからいってゆっくりだとしても実現不可能だと思います。
 ただ、いつか世界が平和になって『軍』も『自衛隊』も必要なくなったらこの案は素晴らしいものだと思います。『自衛隊』を頭ごなしに批判するのはどうかとおもいますけどね。
 だから、今はまだ反対です。いつか賛成できるような世界になったら幸せです。
21
17  僕も今回の地震における自衛隊の活動を、テレビなどを通じていろいろと見ました。行方不明者の捜索や、がれきの片付けなど、地元の警察や消防だけではとても手に負えないような活動は、すごく評価できるものだと思います。この水島朝穂さんは、自衛隊の本来の目的は、日本が武力攻撃された際に、「わが国を防衛する」ことで、災害派遣は、あくまで付随的な活動で、その背景には自衛隊に、武装組織、つまり軍としての自己認識があるからだろうといっています。これからは「軍」としての属性を縮小して、将来的には海外にも展開できる、非軍事の多機能的な災害派遣部隊に転換すべきだとの意見を示しています。しかし、今回のような地震なんかのような自然災害も国の存在をおびやかすような「国難」であり、自衛隊がその名のとおり「自らの国をまもる」組織として活躍するべき舞台ではないでしょうか。ある意味でこれは本来の任務だと考えてもいいのではないでしょうか。
 僕は、武力攻撃や自然災害など、多面的な日本の危機で活躍するのが自衛隊だと考えます。なので僕は、自衛隊の中で災害救援部隊と軍事的な部隊とで専門分化するのは大いに結構なことだと思いますが、軍としての側面をなくして、災害のみで活動する組織へと転換するのは、よろしくないことだと思います。軍事的な面をなくしてしまうと、他国からの軍事攻撃を受けるリスクが高くなるはずです。在日アメリカ軍によって守ってもらうのもどうかと思います。やはり、自分の国は自分たちで守るべきですよね。そして災害派遣の場面でも、自衛隊特有のまとまりというか、統率力によって、活躍することが期待できるでしょう。

19
18  「日本国憲法の第9条を、改正せよ」という集会やそのような呼びかけを行っている自動車がここ最近多い。
 今回のこの記事もその関連であろう。
 9条の内容に反し 自衛隊がずれはじめている事を疑問視し、問題だと筆者の水島朝穂さんは述べている。現時点ではそれは確かに問題視すべきであろう事だが、今回の自衛隊の震災にへの対応力や他国のように、緊急時に備え、軍が必要だと日本国民が感じ、民意が
そうあれば 日本国憲法の第9章の「改正」にあるように9条の内容を適宜改正すれば良いと思う。むしろ改正しなければならない。
 今の状態で考えると、悪く言えば日本国憲法は戦後GHQの関与があってできた憲法であり、民意が反映されているか定かでない。
 自衛隊は戦力を保持をしてはならないのは当然であるが、私の意見としては、できる限り自国を防御できる最低限の軍事力を配備すべきである。
なぜなら、この世界は平和だといっても、いつテロや戦後が起こるかもしれない。その時、頼れる軍隊があるかないかでは、国力的にも精神的にも楽になると思う。そして配備されているだけで、相手方は警戒し、その危険性も低くなると思う。
21
19
 今回の大震災において自衛隊は非軍事的な救援組織として被災地での救助・復興活動に大変活躍していただきました。ですからこのような側面をより向上させ海外派遣を増やすことに異議を唱える人は少ないはずです。一方、軍事的な戦力を保持する自衛隊という面で、「自衛隊という組織が憲法第九条に反しているのかどうか」「そもそも憲法第九条を改正する必要があるのかどうか」という事については様々な見解があると思います。そのひとつとして、水島さんは自衛隊の非軍事的救援組織への転換を訴えています。しかし私は現時点では最低限の自衛のための組織として最低限の軍事的力は必要だと考えます。
 
 というのも最近、ビンラディン暗殺やそれに伴うアルカイーダの動きが注目されていますが、世界にはその他にも非常に多くのテロ組織があるそうです。また北朝鮮などの国では国家単位で軍備拡張を進めています。そもそもほとんどの国が軍隊を保持しています。このような環境の中で軍事力を持たないのはあまりにも危険すぎるのではないかと思ったのです。
 残酷な事に、相手の軍事力に対抗できるのは自国、もしくは保護国の軍事力のみです。それ以前に軍事力の衝突を止めることが最も理想的なのですが、社会の情勢は不安定です。正直いつ何が起こるかは誰にも分かりません。また、世界には様々な考え方を持った国々があるので世界的な軍事力撤廃は非常に難しいと思います。さらにSFチックな話になりますが、地球外生命体の軍事的な侵略活動も皆無とは言えません。
 
 かと言って否定的なことばかりではなく、結局は少しずつ国家間で歩み寄り軍備縮小に努めることが大切だと思います。
18
20
 まず、結論から述べると、私は水島さんの意見には反対だ。
  水島さんは、こう言う。「軍としての役割の自衛隊は評価されておらず、災害救助としての自衛隊が評価されている。そのため、自衛隊の強化より、非軍事の救援組織を作るべきだ。」 
 しかし、もし、「災害救助隊」なるものを作ったとしよう。
そうすると…
 -隊員たちは毎日、いつか来たる災害のために訓練に励んでいる。全国で20万人。救助用の機械はどの国にも負けない。全員がその機械の練習をし、時には手作業の練習もする。銃やボートでの上陸作戦の訓練など、使うこともないのでやめた。今は工具を腰にまいて、いつその日が来てもいいようになっている-
  
 これは、未来の教科書の一節になりうるものだ。 
 こう考えると、やはりおかしいことが分かる。
  まず、水島さんの意見というのは、「軍としての自衛隊は『使う』ときがない。しかし、災害救助隊は大いに活躍する。」というのが前提となっているのだ。
確かに、今現在、軍としての自衛隊は全くといっていいほど『使う』時がない。
  しかし、使う、というのは実際に防衛戦するだけのことではないはずだ。
いや、むしろこちらの役割の方が大きい。威嚇。そう、これはなかなか目には見えにくいものだが、実際あるはずのものだ。加えて、これから先、本当に防衛戦をしなければいけないことが出てくることもありうる。そのため、自衛隊は、決して『使われていない』わけではないのだ。
  次に、規模の問題について。
  今、全国の自衛隊員は確か、約25万人だ。そして、このたびの東日本大震災関連で送られた自衛隊が、約10万人。
 さて、ここで問題。このような単位の人数を要する災害救助隊を作れるであろうか?
  否。私はそう思う。
  まず、このような大災害で10万人が必要なら、その10万人さえいればいいかというと、そういうわけではない。
 本部から様々な指令を出したり、物品の用意をしたり、各種手続きをしたり、はたまた、遠すぎて駆けつけられない部隊もあったり… それを加えると、やはり、最低でも15万人は必要となる、いや、それ以上だろう。その人たちに、年収平均500万円を与えたとしよう。そうすると、それだけでも単純計算で500万円×15万人=7500億円。さらに様々な機材をそろえたり、施設を整えたりすると、とてつもない金額になってしまうだろう。
  そして、さらに。
 災害救助の対策のみをする災害救助隊の訓練は、狭い範囲のことにしか対応しておらず、あまり有意義な活動とはいえないのではないだろうか。
 また、そのことに多大なる税金をかけるのもいかがなものだろうか。
  それならば、自衛隊が軍的要素の訓練をしつつ、災害救助も身に着けるような訓練もする方がいいのではないだろうか。
  
 以上のことにより、私は水島さんの意見には真っ向から反対する。 
 しかし、憲法9条に関しては、私は帰る必要はないと考えている。
「大人の事情」で片付けた方がよいことも、世の中にはあるはずだ。
22
21  筆者の意見は、自衛隊を非軍事の救助組織に転換すべきということだが、私は反対である。日本の最低限の軍事力を捨てる訳にはいかない。逆に拡大すべきだ。これは私の偏見かもしれないが、最近日本は近隣諸国になめられている気がする。それは日本経済の衰退にも関係があるだろうが、少なからず軍事力の縮小にも関係があるだろう。そこで日本の威厳を保つためにも、私は憲法9条改正を主張する。憲法9条では戦力の保持を認めていないが、明らかに自衛隊は戦力だと思う。政府は自衛隊を自衛軍と認め、もう少しは軍事力の拡大に積極的になるべきだ。日本人は変革よりも安泰をとる傾向にあると聞いたことがある。だからこのような曖昧な憲法が今なお存在するのだと思う。このままではいつの日か、武力を行使すべきときが来たときに、混乱が起こることが間違いないだろう。誰かがもっと憲法改正に対して立ち上がらないといけない。また、災害大国日本には大規模な救助組織が必要なのは分かるが、もし新たな救助組織を作るとしたら、莫大な予算が必要になるので反対だ。今回活躍した自衛隊が今後も救助を行えばいいと思う。 20
22

 私は、日本は自衛隊を持つべきで、また、その軍事力は自国を守ることのできる程度にするべきだと思う。

 まず、記事の水島さんは、自衛隊を「非軍事的の多機能的な災害救援部隊」にするべきだと言っているが、私はそうは思わない。なぜなら、それは自衛隊の根本的な役割とかけ離れているからだ。自衛隊というのは、あくまでも、国を守るための組織である。いくら在日米軍がいるからと言っても、アメリカとの間にいつ何が起こるのかなど分からないし、国が軍備を持たないというのは危険だと思う。それに、もし災害救援部隊が必要ならば、レスキュー隊などを発展させればよく、わざわざ自衛隊を災害のためだけの部隊にする必要は無いのではないだろうか。

 また、水島さんは、今回の震災で自衛隊と在日米軍が協力的に救援活動を行ったことは、自衛隊と在日米軍との一体化を招き、自衛隊の「軍」としての側面を強調したとも言っているが、私は違うと思う。自国で大規模な災害が発生し、自衛隊と在日米軍に災害救援の能力があるのだとしたら、被災地で活動するのは当然のことだ。また、同じ活動をする部隊として、連絡・協力するのもあたりまえだ。だから、こういった行為が自衛隊の「軍」としての側面を強調したとは思わない。むしろ素晴らしいことだと思う。

 以上の理由から、私は、自衛隊は自国を守る軍事力を持ち、災害時にはその能力を活かすべきだと思う。

16
23  この水島朝穂さんは、自衛隊の「軍」としての役割をなくし、災害救援部隊に転換すべきだと言っています。ですが私は、自衛隊の災害派遣の役割を増やすべきだとは思うが、軍としての機能を完全になくすべきだとは思いません。
 ある本に、自衛隊は高い武器などは買っているが、ほかの国が攻めてきたときに軍隊と戦えるほど組織的にも技術的にもしっかりしていないと書いてありました。だとしたら、自衛隊が災害派遣を出来るようにする組織作りも大切だが、まず軍としての組織づくりを優先すべきだと思います。ほかの先進国では徴兵制をとるなりして、軍事力を強くしています。日本もそこまですべきだとは思いませんが、非常時にはきちんと戦えるよう、もっとしっかりとした軍隊としての自衛隊を作るべきです。永世中立国であるスイスは強大な軍事力で中立を保っています。
 日本も今の軍事力のままだとアメリカなどに利用されて終わりになってしまいます。海外派遣をやめてしまっても、たぶん湾岸戦争のときのように、どんなに支援をしても外国から批判を受けます。もし、自衛隊が完全に軍隊になってしまっても政府がしっかりしていたら戦争になることはないと思います。だから、まずしっかりとした政府を作りしっかりとした自衛隊を作ることが先決だと思います。そのうえで余力があれば自衛隊の中に「災害救助班」のようなものを作ることはとてもいいことだと思います。
21
24

 私は小学生の頃は自衛隊なんていらないと思っていました。でも中学生になっていつでも他国が攻めて来る可能性があり、国を守るために必要なのだと気付きました。そこで、いつどの国がどこを攻撃するか分からないという状況がとても恐ろしいと感じました。
 私の今までの提案はこうです。国際連合で全ての国同士で「決して他国を攻めない」という規則を作るのです。そして軍を各々で廃止します。これに同意しない国には食料などの輸出を一切しないことにします自国だけで食料や物資がまかなえる国はほとんど無いと思います。まあ、主要国がどこも同意しないと意味ないですが。
 こんな考えをもっていまいたが、水島さんの考えを読んで圧倒されました。自衛隊=戦争=人殺しという勝手なイメージがありましたが、自衛隊=救助=人助けという発想もあると気付きました。自衛隊を災害時救助隊と改め、今まで通りに訓練をして、非常時の人命救助にあたると良いと思います。

22
25  憲法と自衛隊との関係は、非常に難しいところだと思う。
 いろいろな議論がされているようだが、私個人としては、自衛隊は若干日本国憲法に反した部隊なのではないかと思う。
 自衛隊は、国を守るための「最低限度」のものだということになっているが、私にはそうは思えない。調べてみたところ、日本では、一年間約100兆円の歳出のうち、4兆円が防衛関係費として使われているそうだ。平和主義を掲げている日本にそこまでのお金を使う軍が必要なのだろうか。
 確かに、自衛隊を救助組織にしてしまうと、日本を守ってくれるのはとりあえず在日米軍しかいなくなる。しかし、今の世の中では何が起こるかわからないため、他の国が攻めてきたとき、アメリカが相手の国と仲が良かったら守ってくれない可能性だってある。
 でも、私は筆者の意見には非常に賛成である。救助組織という名目にすれば真の意味で憲法に反さない。そのうえ、また今回のような大災害が起こっても、このような組織を作りちゃんと準備してすぐに出動すれば、もっと被害は食い止められるはずだ。海外に展開していけば他の国々の人まで救うことができる。非常に画期的な組織になるのではないだろうか。これは都合のよすぎる考えかもしれないが、そうやって他国も救助していれば日本に攻めてくる国などいないのではないか。
 このあとも余震は続くと言われている。また同じような災害が起きた時に今回と同じことを繰り返すことは許されない。今回の経験を生かして、より迅速な対応を取らなくてはならない。そしてもっと救えたかもしれないたくさんの命を救わなくてはならない。今すぐにでもこの案を取り入れるべきだと私は思う。
21
26  私は、水島教授の意見に賛成である。憲法の内容に背くようなら、自衛隊という軍とはまた違うものに転換、または新たに別に作ればよいと思う。ただし、自衛隊は今まで通り存在するべきだと思う。なぜなら、日本が平和主義でも、日本に近い北朝鮮はミサイルの実験などをするかもしれない。そんなときに、ただやられるだけだと日本は滅んでしまう。なので向こうからの攻撃を阻止するための軍は必要である。
 自衛隊の必要性と憲法を考えると、自衛隊内では陸部隊、海部隊、空部隊と分かれているので、それらの部隊からある程度の人材を集め、それを災害救援部隊とすればよいのではないか。そうすれば、それぞれの部隊で学んだこと、専門的なことが活かされ、新たに1から作り出すということをしなくても済む。
 また、陸海空部隊と災害救援部隊でどちらかが人数不足という状況に陥ったとしても、臨時でそれぞれの部隊に導入するというのもできるならよいと思う。ただ、そうすると、今回災害救援をしたのは自衛隊の人数分なので、その中から集めた部隊となると、今回よりも災害救援をする人が減ってしまう。そうなると復興に時間がかかってしまうので、自衛隊全体の人数を増やせたらよいと思う。
21
27
 この新聞記事をよんで私は、特にこの考えはおかしいだろうなどとは思わなかったけれど、賛成だ!と強くいえるほどいい考えだとは思えなかった。なんというかアンケートなどでよくある、「あなたはこの考えについてどう思いますか?」の答えで、「とてもそう思う」「そう思う」「どちらともいえない」「そう思はない」「全然そう思はない」の中で「どちらともいえない」を選ぶような感じなのだ。
 もともと、自衛隊は憲法第九条の戦力不保持、戦争の放棄に反しているんじゃないかなどといわれることもあり、それだったら救援部隊にしたほうがいろいろといわれることはなくなると思う。でも、だからといって自国の防衛という傘をかぶったような戦力でもなくしてしまうのはよくないだろう。いつ北朝鮮が日本にミサイルをぶっとばしてくるかわからないし、仮にアメリカがどこかの国と戦争をはじめてその火花が日本にもふりかかったらどうするのか。…軍としての属性をなくしてから、数年後ならなくすまでやってきたことを思い出せないような年月ではないし、なんとかなるだろう。でも、百年後でも同じことがいえるるだろうか。
 こんなことばかりいっていると、反対派のようだが賛成の部分もある。まあ、最初にかいてしまったのだが…もう一度かく。自衛隊の軍の属性を縮小して非軍事の多機能的な災害救援部隊に転換できれば、自衛隊が憲法九条に反しているなどといわれることはなくなるし、それでいちいち論争がおこることはなくなると思う。それまで軍として育ててきた人的動員力や輸送能力、陸海空軍の組織を統合運用する能力を災害救援部隊として活用していけば、どの国に派遣しても迷惑になることのない災害救援部隊になれる。
 …と、このような感じで賛成の部分と反対の部分と半々だから、私はこの記事をよんで賛成反対のどちらであるとはいえなかった。
21
28  私は、自衛隊を非軍事の救援組織へ転換させることに反対 だ。その理由は2つある。
 まず、そのようにしてしまうと、もし日本が外国から攻められたら自国の身を守るには米軍に頼るしかなくなってしまうからだ。今は日本と 米国は仲が良いが、今後もずっとそうであるとは限らない。だから自国の防衛を全て米国に任せるというのは非常に危険だと思うし、自分の身 は自分で守るべきだと思う。
 次に、自衛隊を救援組織に転換してしまうとそれはもう自衛隊ではなくなってしまうと思うからだ。実際に話を聞いたことはないのでこれは 想像になってしまうのだが、自衛隊員の方々は、自衛隊に入ったときに自分の国を自分の手で守りたいと思って入ったのだと思う。しかし、救 援組織というのは人々を救いたいという思いから作られるものだ。少し似てはいるかもしれないが、この2つの思いは違うものであると思う。だから、自衛隊員の方々の意志を考慮するのであれば自 衛隊を救援組織にすることには賛同できない。
 憲法9条で日本は軍隊を持たないと規定されているが、前述の通り、私は自国が他 国に守られっぱなしであることに反対だ。だから、「自衛」のみであれば戦力を保持していても構わないと思う。自衛のみというと完全に後手 に回ってしまうことにはなるけれど、戦力が全くないよりはマシであると思う。
 また、もし自衛隊の統率力や装備をベースにして救援組織を作りたいのであれば、自衛隊を丸々廃止して作るのではなくて、自衛隊の中から 救援組織へ異動してもよい人のみで構成をするなどしたらよいと思う。
18
29  自衛隊の主な任務は記事にもあるように、「直接・間接侵略に対し我が国を防衛すること」である。しかし実際は、周辺諸国が軍備拡大をする中、日本では国家財政の悪化や少子高齢化などにより防衛予算も自衛隊自体の力も減少している。また憲法9条により攻撃戦力を保有しておらず、同盟国のアメリカの力が無ければ防衛は不可能であるという。そのため自衛隊は米軍との訓練も行っている。このような状況下で、いざという時、自衛隊として機能するのだろうか。
 日米安全保障条約により頼ることになる米軍は、十分すぎる戦力を保有している。するとアメリカに頼りすぎれば世界を巻き込む大規模な戦争を起こしかねない。そのようなアメリカの軍が日本に駐留し、自衛隊と連絡をとることは防衛訓練となる半面、記事のように一体化が進み、軍と自衛隊との境界線を曖昧にすることになる。またそれは戦争に繋がるだろう。平和主義を掲げる日本にとって避けるべきことである。
 そこで、日本は“自衛隊”と“軍”との違いをもっと明確にさせるべきであると思う。記事のように救援組織へ転換することで、両者の違いは明らかになる。しかし米軍が在日している限りは“軍”は切っても切り離せないだろう。
すると、アメリカとの関係が日本の自衛隊の在り方を決定づけるのではないかと思う。アメリカと日本との関係を遠くすることは、関係を悪くすることにも繋がる。関係が悪くなれば、世界平和とは言えない。また、日本は現在さまざまな領土問題などを抱えている。アメリカの力を無くして、今の日本は安定できないだろう。アメリカとの関係は自衛隊だけでなく、日本の社会、また世界平和にとって重要な問題だと思う。
そう考えると、記事にある“自衛隊を非軍事の救援組織へ転換する”という意見は、軽率なものに感じる。その前に、アメリカとの関係を考え直すべきだと思う。
19
30  日本国憲法には,「第2章 戦争の放棄 第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。」とあり,これは平和主義といわれているものだ。一切の戦力の不保持、武力の使用の否認を宣言した、世界に例のない憲法である。
 ではなぜ軍の要素を持つ自衛隊が存在しているのか。
 まず,第9条は,第二次世界大戦などを引き起こした,大日本帝国憲法による軍事独裁政治への反省を込めた,前文第1項「政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起こることのないやうにする」ための、戦後政府に対する厳しい決意の具現化である。つまり,前文の恒久平和の具体化として書かれている。今では信じられないような話だが、1946年の憲法発布からしばらくは、政府は憲法前文と9条を文字どおりに解釈し、憲法は一切の軍備を禁止し、自衛戦争をも放棄したものとしていた。ところが,憲法公布後,世界は東西冷戦,つまり米国を中心とする資本主義陣営とソ連を中心とする社会主義陣営に進みんだ。そして,1950年6月25日に朝鮮戦争が勃発する。このため,アメリカ軍は日本駐留部隊を朝鮮半島に出動させた。その後,日本における防衛兵力・治安維持兵力が存在しないことになった。この軍事力の空白を埋めるため1950年(昭和25年)8月25日にGHQのポツダム政令の一つである「警察予備隊令」(昭和25年政令第260号)により設置された。これが後に自衛隊となる警察予備隊の発足の背景であった。
 次に,人々の間に平和志向がとても強かった時代にできてしまったのには,国を守るために軍事組織を持たざるを得ない状況があったのだと考えられる。そのような状況とは冷戦を背景とする核開発競争や戦争が各地で起こっている状況である。この状況は今日も続いているといえるだろう。なぜなら,世界ではほとんどの国がその国の軍事組織を持っていたり,アメリカのような大国と軍事的な契約をしていたりするからだ。すなわち,いつ何らかのきっかけ日本が攻撃されるかは分からないということだ。だから,そのようなときのためにも国を守る軍事組織は必要であるのだと思う。
 ところで,その軍事組織が自衛隊であるべきなのか。
 自衛隊の主な任務は「我が国の平和と独立を守り、国の安全を保つため、直接侵略及び間接侵略に対し我が国を防衛することを主たる任務とし、必要に応じ、公共の秩序の維持に当たる」(自衛隊法第3条第1項)ことである。だから,日本の平和や独立を害されるようなことがなかったら,主な仕事がないということだ。そこで,本務ではなくても,災害救援活動などで活躍する。軍の要素を持つ自衛隊が生まれたのには,先にも述べたように世界の軍事的背景があるからであり,それはあくまで非日常的なことである。だから,災害時の救援活動や,国際的な安全保障のための派遣活動を積極的に行っていくのはいいことだと思う。ここで,ひとつの例を挙げる。数年前にイラクへの自衛隊派遣で,自衛隊部隊を多国籍軍に参加させるかどうか検討されたことがあった。人道復興支援を中心にした活動は変えず、武力行使をしないことを前提に、米英暫定占領当局(CPA)から与えられている「安定した法的地位」を引き続き確保することが狙いだったようだが,私はこれには賛成だ。なぜなら,非軍事を意識した日本の世界平和を目指す活動が広まっていくのはいいことだと思うからだ。しかし,軍としての側面が弱まっていくばかりでもだめだと思う。
 今回,米軍横田基地に陸上幕僚監部の防衛部長(陸将補)が常駐し,在日米軍との連絡調整に当たっていた。これは,災害救援を名目に「有事」を想定した自衛隊の運用と,日米防衛協力の指針(ガイドライン)などで定められた自衛隊と在日米軍の連絡調整の全面的な「試用」と見ることができる。水島氏はこれを自衛隊の軍としての側面が強調され,自衛隊と在日米軍の一体化がいっそう進むことになるとして異議を唱えている。しかし,私はこのような「試用」は必要だと考える。その理由は二つある。
一つ目は,日米防衛協力の指針(ガイドライン)は米軍と自衛隊の協力が必要になるような侵略,侵攻などの脅威が及ぶことがあるという前提で作成されたもので,平素から行う協力についても定められている。このように,万が一の場合に備えて体制を整えておくことは必要だからだ。ガイドラインを定めても,もし形だけになってしまったら,日米軍の一方的な軍事力で日本が守られたり,逆に自衛隊の軍事力だけで敵国から防衛したりすることになるかもしれないが,私はどちらもよくないと思う。なぜなら,前者の場合は,日本が戦後のようにアメリカに依存した国になってしまい,後者の場合は,自衛隊が「日本軍」のような「軍」としての部隊になってしまい平和主義から離れていってしまう恐れがあるからだ。
 二つ目は,水島氏は自衛隊と在日米軍の一体化がいっそう進むことは憲法との関係で疑義があるといっているが,私は,自衛隊とは自国防衛のための軍を持った部隊であり存在している時点で憲法には反していると思っている。(正確には「自衛のための必要最小限度の実力」の保持は憲法上禁止されていない。)確かに世界に例のない平和主義を守るのが理想的ではあるが,先にも述べたように今の世界情勢の中で,言葉通りの解釈,つまりあらゆる軍の力をなくしで国の安全を保障していくのは不可能に近いと思う。
これらのことから,私は非軍事の災害救援活動や,平和協力活動を積極的に行いつつも,本格的な侵略事態や,新たな脅威に備えた防衛対策も行っていくのがいいと思う。水島氏の主張している非軍事の救援組織を作ることについては,災害の救援という場で必要になる多岐に渡る人材が集まるのかという疑問がある。そのことを考えると,例えば救命救急,被災地域の復興,食料配給など専門分野の人々を統制してチームワークよく動けることが重要なのではないのかなと思う。その面から見ても最終的には総理大臣の命令で動く自衛隊が,先頭を切って災害救援に当たることはいいことであると考える。つまり,自衛隊は今までどおりの仕組みを持ちながらも,非軍事の平和や安全の活動と,軍としての自国防衛のための活動をバランスよく行っていくことが必要なのだと思う。
21
31

 今回の大震災の後テレビなどで、救助活動や復興支援を行う自衛隊員の姿をたくさん見た。様々な場面で活躍していて、大きな力を持った集団だと思う。 ただ、憲法で戦力を所持しないとあるのに、実際自衛隊は軍隊としての認識が強いという問題がある。今回の救助、支援の中でも米軍との連絡調整が軍として試用されたと批判する声もあるようだ。確かに自衛隊が軍隊としての仕事に重きをおくことは憲法に反しているようにも感じる。  しかし、私は今回の自衛隊の救援活動については、たとえ米軍との間に何があろうが自衛隊が救助、支援の大きな力になったことは事実であり、評価するべきだと思う。そして、その救援能力が認められたからこそ、その力を最大限に使うため災害救援の組織にする、という考えには賛同する。軍事費用も救助、支援のためのものに使えればより大勢の人が救われるかもしれない。救助技術を生かし、国際協力の活動にもそのような形で参加できたらよいと思う。
 だが、自衛隊をなくすことに抵抗が全くないとは言えない。自衛隊の存在が問題視されているのに廃止に至らないのは、完全に武力を放棄したところで他国から攻撃されない保証はないことも理由の一つだと思う。他国を信頼しきれないことは悲しいことであるが、それが今の世界の現状だ。自衛隊が軍のような存在であることには疑問が残るが、その存在によって私たちは安心をもたらされているとも考えられる
 だから、自衛隊の問題はとても難しい。完全に武力を放棄すべきだとは思わないが、今回のような災害救援隊など、そのパワーを活かせる活動に重点を移していってほしい。<wbr>私には今、考えることくらいしかできないが、人ごとだと思わず、常に関心を持ち、この問題と向き合っていきたいと思う。

20
32  私は、自衛隊の非軍事化には反対です。
 私は、アメリカ軍の日本滞在を許す、日米安全保障条約の無条件撤廃を強く望んでいます。だから、ますますアメリカ軍の日本滞在を促すようなこの意見に反対なのです。
 では、なぜ、私は、アメリカ軍の日本滞在に反対しているのでしょう?それについて説明していきます。
 まず、一つ目の問題点は、アメリカ軍に日本に滞在してもらうのは、日本で軍隊をつくるよりもお金がかかる、ということです。日本の方が人件費が高いから変わらないじゃないか、という意見も出ると思いますが、軍隊をつくると雇用が増えるので、仕事が無くて国から支援金を出してもらう人が少しでも減ります。国から支援金を出すより、働かせて税金を納めてもらう方がずっと生産的だし、税金も増えるので、結果的に日本で軍隊をつくる方が安上がりなのです。
 二つ目の問題点は、アメリカ軍の日本滞在は、日本の真の独立を妨げる一つの理由である点です。
今の日本は、アメリカに強く依存しています。しかも様々な分野で。例えば食料、経済、そして軍事力。
 2003年のイラク戦争のとき、日本はアメリカに依存していたので、各国が戦争に反対していたのに、日本は反対しませんでした。私は二度とこのようなことを起こしてほしくありません。
 憲法の前文では、日本国民は国際平和を希求する、と書いてあります。
私は、憲法で一番尊重すべき所は、前文だと思っています。なぜなら、これからの日本のあるべき姿を短く示したのが、前文であり、本文に記してある、憲法〇条というのは、前文で記した日本のあるべき姿を達成するための具体的な方法にすぎないからです。
 憲法9条を守って軍備を放棄したので、アメリカの言いなりにならなければならなくなって、結局戦争に反対できない、こんな事が起これば、本末転倒です。私は日本に、一つの独立国として、どの国の意見にも左右されず、国際平和を訴え続けることを望みます。
 三つ目の問題点は、アメリカ軍の日本滞在こそが、北方領土の返還を妨げているのではないか、という点です。アメリカは、沖縄を返還しましたが、まだ、アメリカ軍は日本に滞在しています。実質、まだアメリカの沖縄占領は終わっていません。アメリカの沖縄占領に対抗して、北方領土をロシアが占領したのだったら、真の沖縄返還、つまり、在日米軍の完全な撤廃が無ければ、北方領土の返還はありません。
 以上がアメリカ軍の日本滞在の問題点です。
 これで、なぜ、自衛隊の非軍事化に反対なのかがおわかりになったと思います。安易に憲法9条を守れ!と言うのではなく、真に日本のためになるのは、どっちなのかを考えて欲しいです。
31
33  私は、水島さんの自衛隊を非軍事の救援組織に転換するという意見に賛成ですが、日本が外国から攻撃を受けた場合により国防として戦力を持つことは、憲法9条が示す通りに必要だと考えます。
  現在の日本の自衛隊は自衛官約24万人、年間の防衛費は4兆7900億円で、世界でもトップクラスの規模と言われいます。そのような優れた組織を保有している日本は、今回のような未曾有の災害時には頼りになる存在でありました。
 そもそも、湾岸戦争での日本の援助にアメリカからの非難があってから、ペルシャ湾の機雷を取り除くために初めて自衛隊が海外派遣されたことを考えると、国際貢献という意味で先進国として世界に認められにくいものがあると考えます。それ以来同時多発テロや、イラク復興支援のために自衛隊を派遣してはいるが、新たに災害時援助部隊としても海外派遣で活躍できる能力を持ち合わせているのが現在の日本の自衛隊だと考えます。今回の東日本・関東大震災での活動は世界各国から多大な評価を受けています。これらの事を考えあわせると、これからの日本の海外での自衛隊の活動は世界的に新の先進国となりうる評価を下される重要な問題だと考えます。
  私は、自衛隊は「軍」としては、基本に国を防衛するという役割を備え、又多くに国の内外を問わず「災害救援部隊」として活動してほしいと思います。
21
34
 今回の記事で水島さんは、「自衛隊は軍事力を縮小し、将来的には非軍事の災害救助部隊となるべきだ。」と述べているが私はそうは思わない。
 自衛隊設立時とは違い、最近はテロなどが存在し、今もなおその報道は絶えない。つい最近もオサマ・ビンラディンが死亡し、アメリカは急いでそれに対する報復テロへの対策を立てていたようだ。テロへの対抗には軍事力が不可欠であると私は思う。爆弾を抱えて自分も死ぬ覚悟でやってくる人々に説得は無駄であり、最低限の被害で済ませるにはある程度の軍事力が必要である。自衛隊は国内で唯一直接的な武力を行使できる組織であるから、テロを防ぐための最低限の武力は持っているべきだ。日本を自衛するための組織であるなら、一種の外国からの攻撃ともみなせるテロへの対策は忘れてはならないものであり、警察だけでは手に負えないような事態も想定しておくべきである。
 この記事では今回の震災における自衛隊の活躍も記されている。今回の震災での自衛隊の活躍は誰もが認めるものであるが、水島さんはそこであえて救助活動が自衛隊の本務ではないことを指摘している。たしかに前にも述べたとおり、自衛隊が軍事組織であることは私も認識している。しかし軍事力を持ち、常に訓練している自衛隊がこのような災害時にも役立つことは明らかである。いくら本務でないとは言え。守るべき自国が困っているのだから助けてもよいだろう。
 なので水島さんは「自衛隊は軍事力を縮小して、非軍事の災害救助部隊となるべきだ。」と意見している。たしかに日常的な訓練で連携が取れていて、多くの地震があることにより救助のための技術も向上している。自衛隊から軍事力をなくし、日本を守るという本務を変えれば、海外にも派遣できる立派な救助隊の完成である。国際的にも技術が高く、多くの地震に見舞われている日本の救助隊は救助の技術も高いので、外国で地震が起きたときに救助において役に立つだろう。
 私としては自衛隊の軍事力をなくすというのには反対であり、ある程度は日本も自衛力を持つべきであると考えている。しかし救助活動を本務に加えるのには賛成で、日本を守るために存在しているのなら、外国などの外敵から自国の国民を守るだけでなく、自然災害などの国内の敵から国民を助けることにも対応すべきである。組織力や救助技術など必要な技術を全て持っているのなら尚更で、もし外国で災害が起きて困っているのなら助けるべきだ。憲法など法律などに縛られるのではなく、道徳的に考えれば子供でも分かることだと私は思う。

23
35  陸上自衛隊はこれまでに中央特殊武器防護隊など、約200人が、原発周辺で炉の冷却や住民の除染などの活動を続けているようだ。東電や保安院が「安全だ。」と要請したためだ。炉への給水活動はこれまでに訓練したことがなく、爆発の恐れがあるなかでまさに命がけ。すでに休息をとっていた隊員が、一名なくなっている。
 私は水島氏のように、自衛隊とは別に消防レスキューのような災害救助組織を本格的に発展させていくべきだと思う。確かに自衛隊は体力面では問題がないにしても、もっと原発の処理を知っている方がより事故が減少されるはずだ。また、自衛隊はあくまで武装組織だという「軍」としての認識は憲法第9条があるにも関わらずおかしい。憲法第9条を本当の意味で実現させるには、自衛隊を廃止させるべきだと思う。では、自衛隊員の就職先をどうするのかといえば、それは自衛隊を国際災害救助隊にすればいい。各国の言葉や風習を勉強させるのです。国によって女性は肌を見せてはいけないなどの、宗教的問題があるためです。そして、水が汚くて毎日ゼロ歳児が死んでいる国に行って水道をつくる手伝いをしてもらうべき。食べ物がなくて毎日餓死している国に行って、食べ物を配るようになるべきだと思う。
今の自衛隊員の人数、予算を使えば実現可能だし、それが本当の国際貢献である。
 憲法には9条以外にも大切な条約はありますが、戦争が起こってしまえば何も実現しません。つまり、憲法第9条こそが憲法の中で最も大切で最も実現させなければならないのだと考えられる。
 「軍」としての意識をするのではなく、少しでもいいから力になりたいと想う気持ちの方が大きくなくては、本来ならない。
 しかし、自衛隊がなくなるということは様々な問題も生じることになる。自衛隊が解体した場合、日本国政府はなくなる。その場合仮に他国から攻められても、国として認められていないので、他国の政府にいろいろ要求しても無視され、されるがままになってしまう。
そのためにも、もっと世界が協力しあい、お互い助け合っていくべきだ。ただ物事が起こるのを待っているだけではなにも始まらない。少しでもよりよい世界を築くためにも、日本がまず非軍事の救援組織へ転換することを実現に向けて行動していくべきだと思う。
19
36 (休学)
37
 自衛隊の本来の仕事は何なのか、どこまでが自衛隊の仕事なのか、が曖昧になっていると思う。
 「我が国を防衛する」という目的を掲げて活動しているらしいが、そもそも日本は日本国憲法の第9条で、「戦力を持たない」と公言しているわけで、これはれっきとした矛盾である。
 「攻撃されるかもしれない」という『もし』の概念を捨て、いっそのこと自衛隊をなくす、本当の意味での武力蜂起をするべきだと思う。軍を持つから、狙われたり攻撃されたりする可能性が出てくるのだ。
 軍を持たない国に攻撃した国は非難を浴びるだろう。それを恐れて各国は日本がよっぽどのことをして他国に嫌われない限り、攻撃をしようと思わなくなるのではないか。よって自衛隊は不必要となるのだ。
 今回このような大震災を経験し、災害援助をする人の少なさがわかったと思う。今回限りのことならばいいが、日本は地震大国のため、これ以降もうこのような大震災が起きないとは断言できない。事実としてこれから30年のうちに静岡を震源とする今回のような大震災が起こるとされている。これから曖昧な概念で活動する自衛隊を続け、次に起こる地震のときに人力不足に嘆くより、自衛隊の概念を見つめ直して、災害支援を趣旨とした団体に変えていくほうがよっぽどいいのではないか。
18
38
 私は自衛隊は「軍」としての属性は維持しつつ、多機能的な災害救援部隊として世界にも活動を広げていくべきだと考える。まず、この属性が必要なのは、北朝鮮がミサイルの実験をしていることから考えても自明である。そして、この方法なら自衛隊の特性をより有効に利用できるのではないかと思うのだ。
 自衛隊は日々の訓練により、水島さんの述べたとおり人的動員力や輸送能力、陸海空を統合運用する能力が優れている。これらの能力が被災地において大いに活躍することは、東北地方太平洋沖地震でも証明された。国民の多くも今回の活躍を高く評価している。また、海外の治安の安定していない地域で支援を行う場合、自衛隊の持つ、NGOは持ち合わせていない高い自衛能力が必要不可欠なのではないかと思うのである。そしてなにより、被災者は支援を求めているのだ。憲法において強く平和主義を主張するのであれば、それを行動に表して当然ではなかろうか。
 だが、ここで問題となるのは自衛隊の活動と憲法の関係だ。憲法では、「戦力」を禁止し、「自衛権」は認めている。この境が曖昧だから問題が起きるのだ。よって私は「戦力」の言葉の示す範囲を狭め、違いをはっきりさせるよう憲法を改正させて解決していくべきだと考える。
39

 この記事を読んでまず私は、日本がこのまま軍を保持せずに今の状態を保ち続けたらどうなるかを考えてみた。
 一番最初に思い浮かんだのは、領土問題である。特に、今年の1月後半に北方領土の択捉島をロシアのブルガコフ国防次官が訪問した出来事は記憶に新しい。私はその事実を知った時、「日本は他の国から舐められているのではないか」と感じた。他国からしたら憲法によって、国を防衛する以外の武力を行使してはいけないと決められている国を恐れる理由などないだろう。日本が自分の軍を持たない限り、周りの国との領土問題を解決することはできないのではないか。
 仮に、日本がある国に攻め込まれたとする。勿論自衛隊は日本防衛の為、武器をとって戦うだろう。しかし、今まで「人を殺す」ことと対極に位置する「人を救助する」行動をとってきた隊員にとってそれは少なからずのストレスを与えることにならないだろうか。自衛隊は、世界で唯一の人を救うことのみをしてきた軍隊だと聞いたことがある。その面を活かすような政策を行うべきだと思った。
 また、記事に書いてあるように、なし崩し的に今回の大災害によって自衛隊の軍としての側面が強調されるくらいなら、きっぱりと軍と災害救助隊の2つに分けてしまった方がいいだろう。米軍に頼る割合が減れば、今も揉めている普天間基地も設ける必要がなくなるかもしれない。日本は北朝鮮にも近く、常に地震の危険にもさらされている。今のようにどちらも1つの機関に頼るにはあまりに負担がかかりすぎだ。救助現場では過労死する自衛隊員も出ている。国にとっても隊員にとっても、分けることが必要だと思った。

21
40  確かに、日本は平和主義の国なので、自衛隊の軍事的な側面が濃くなってきてしまっているのは良くないことだと思います。しかし、私は、筆者の言うように自衛隊を災害救援部隊に転換するべきだとは思いません。軍事的能力も排除すべきではないと思います。
 私は、自衛隊とは、“日本を守る組織”だと思っています。非常事態が起きた時、他国に頼れない状況もあり得ると思います。そんなときにも、日本の力で日本を守れるような体勢を整えておく必要があると思います。それが文字通り「自衛隊」であるべきです。
 そして今、日本が直面する可能性のある危機は、災害だけではないと思います。国外から攻めらることだってあり得ると思います。だから、私は軍事的能力も必要になってくるのではないかと思います。積極的な軍事活動ではなく、備えは必要だと思います。
 また、感染症の大流行や生命に関わる環境問題など、今まで経験した事の無いような危機に見舞われるかもしれません。その様な非常事態にも対応出来るような、多機能的な組織であるとよいのではないかと思います。
 今回の震災での自衛隊の活躍をテレビなどで目にし、その能力の高さをに驚きました。想定外なことも多々あったと思いますが、日頃準備をしておくことで、困難な非常事態に立ち向かい日本を救える力を蓄えている、それが本来求められている自衛隊なのではないかと思います。
18
41
 水島教授は自衛隊を「非軍事」の組織に転換するべきと言っておられるが、もし日本が武力攻撃を受けた場合、どうすればいいのだろう。
 仮に、自衛隊を災害救援部隊に転換したとする。今回のような大震災や、海外での災害にも効率的かつ経験を活かした対応ができるようになるだろう。だが武力には対抗できない。武力に対抗できる組織を別に作るのであればそれは自衛隊と変わらないし、憲法に違反するかが問題となる。作らなければ米軍の武力に頼ることとなり、自国の防衛も出来ない国になってしまう。
となるとやはり、自衛隊を非軍事の組織にしてしまうのは如何なものかと私は思う。
 ただ、「我が国を防衛する」という本務に災害救援も含め、日本を守る軍ではなく日本を支える組織であるという立場をとるのは必要かもしれない。
それなら様々な事象に対応可能ではないだろうか。
 現在の自衛隊はあくまで防衛目的であり、「国際紛争を解決する手段として武力による威嚇、および武力の行使を放棄する」とある憲法に反していない。また、米軍との協力も戦力としてのものでない限り問題はないと思う。
自衛隊は「軍」ではない。「防衛軍」である。上にも書いたが、武力からだけでなく、災害など日本の安定を欠くものから防衛するための組織であるべきだ。
 故に、防衛の為の手段を捨てる「非軍事」には私は反対である。
19
表紙